男性の部下を好きになった時の対処法:既婚男性の場合は諦める?

いつもにこにこしながら、仕事のことを聞いてくれる年下の部下。いつのまにか目で追ってしまってるかもしれません。

たとえ仕事場でも恋に落ちるのは止められないもの。職場内の人を好きになる場合も当然あります。今回は男性の部下を好きになってしまった場合、どのような態度で接すればいいのか、対処法について紹介します。

部下を好きになった時の対処法

部下の男性を出世させる

同じ部署内の上司と部下という前提がある限り、部下と恋愛関係になり、仕事に支障を与えずに二人の関係を維持することはやはり困難を伴います。

その場合は自分ではなく、相手の男性を立場を変化させるという方法もあります。そのためには、好きになった年下の部下を徹底的に鍛え、優秀なビジネスマンに育て上げましょう。

有能な人間であれば、自然に出世していきます。出世した相手は今のあなたのポジションについたり、他の部署に異動することもあるでしょう。そうすれば恋愛するのに今までのようなハードルはなくなります。

第三者に相談する

恋愛に悩んでいる時は自分で思っている以上に感情的になっています。まして相手が自分の部下という難しい立場にいればなおさらです。

そんな時には、あなたの思いを冷静に見つめ直してくれる第三者がの目が必要です。一度信頼できる相手に相談してみましょう。

ただ、どんなに信頼している人間でも、情報が漏れてしまうリスクを伴うため同僚など同じ職場の人間は避けましょう。

相談するのは女友達でも良いですが、男性の立場からのアドバイスをもらえる男友達に相談するのも良いかもしれません。

第三者の冷静な意見を聞いた上で、もう一度自分の思いを見つめ直してみましょう。

部下のポジションを変える

同じセクション内で恋愛感情を持ったまま仕事をするのはなかなか大変なもの。ですが、同じ社内恋愛でも部署が異なればハードルはかなり低くなります。

部下が好きでどうしようもない状態になってしまった場合、あなたが違う部署に移るというのもひとつの手です。

上司に社内移動の希望を伝えましょう。簡単なことではありませんが、晴れてターゲットの男性と違う部署になったら、安心して付き合うことができるかもしれません。

転職する

男性の配置換えを悠長に待ってられないという方は、思い切って転職してしまうのもアリかもしれません。会社が別になってしまえば、もう部下と上司という関係もなくなります。

男性の方も、会社のことを気にしなくて良いわけですから、付き合うハードルはグンと下がるでしょう。

思い切って告白する

部下と上司の関係を重視して自分の気持ちを我慢するか、それとも思い切って告白してみるかどうか考えてみてもいいかもしれません。最近では職場恋愛を推奨している職場も増えてきています。

振られたときが気まずいですが、部下の男性に恋愛感情を抱いているのであれば、早めに告白してみてもいいかも。

また飲みにいったり、会社の外で会うことで、もしかしたら、体だけの関係になる可能性があります。相手が既婚男性の場合は、十分に注意しましょう。

おわりに

部下を好きになった場合、どの道を選ぶにしても、判断は慎重に行いましょう。会社という組織の中で、下手に判断をすると出世にも影響が出る可能性がないわけではありません。あくまでも会社ではビジネスライクな態度で接し、アフター6などではフランクに付き合う程度がよいかもしれません。

相手の男性が自分に興味があるようであれば、付き合うことを検討してみましょう。

記事の著者

恋愛の悩みをもっと見る