そのかゆみって感染症?!クリトリスがかゆい時の原因と対処法5つ

誰もが1度は経験したことがある、デリケートゾーンのかゆみ。でも、家族や友達にはちょっと相談しにくいですよね。

そこで今回は、クリストリスのかゆみの原因として考えられることを5つピックアップしました。あなたのかゆみに当てはまるものがないか、チェックしてみてください。

またデリケートゾーンのかゆみや、ニオイが発生してしまうと、なかなか自分だけでは対処できないものです。そんなときには恥ずかしがらず市販の薬や病院での検査をおすすめします。アンボーテーでデリケートゾーンのケアをしっかりしませんか?

デリケートゾーンのケアが気になる人はこちら

1.ナプキンや下着によるかぶれ

ナプキンやパンティーライナーを長時間付けっぱなしにしていませんか?使用法通り、3~4時間おきに交換して、雑菌の繁殖を防ぎましょう。

また、蒸れやすい下着も雑菌を繁殖させる原因となります。特に女性はストッキングなどの圧迫によって性器と下着が密着するため、余計に蒸れやすくなります。

生理中はこまめにナプキンなどを交換し、生理中以外でも下着はシルク生地などの通気性の良いものを着用しましょう。

2.恥垢がたまっている

クリトリス周辺に白いカスの様なものがたまっていませんか?

このカスは恥垢といい、陰部周辺の濃い脂が固まったものです。恥垢の放置は、陰部のかゆみやかぶれの原因となります。

恥垢は陰部を洗っただけでは取れません。乾いた綿棒で1つ1つ丁寧に取り除きましょう。

またクリトリス周辺のデリケートゾーンが清潔に保たれていないことで、ニオイがしてしまうことがあります。クリトリスのかゆみとともに匂いが気になる方は、ニオイケアの商品を試してみても良いかもしれません。

デリケートゾーンのニオイが気になる人はこちら

3.カンジダ性膣炎、カンジダ症、膣炎

クリトリスなどの陰部がかゆいだけでなく、おりものの様子がおかしかったりにおいや色がいつもとは違ったりした時は、カンジダ性膣炎を疑いましょう。

カンジダ性膣炎はカンジダ菌による感染症で、女性の5人に1人は経験すると言われています。

膣内が細菌などに感染し、炎症を起こしている状態を膣炎と言います。膣炎はクリストリス周辺にかゆみを伴う病気です。

病院で検査を受け、座薬や内服薬、外用薬などで治療する必要があります。

4.ヘルペス

クリトリスにかゆみや痛みがあり、クリトリスなどの陰部に水泡や潰瘍が見られる場合はヘルペスかもしれません。

ヘルペスは単純ヘルペスウィルスによる感染症で、1度感染すると身体の抵抗力が落ちたときに再発する病気です。

病院で抗ウイルス剤を処方してもらいましょう。場合によっては、点滴も必要となります。

5.膣トリコモナス症

主に性交渉によって感染しますが、下着やタオル、浴室、便座などを介して感染することもあります。女性が感染すると、まずおりものの量が増えて性器に激しいかゆみを感じます。

そのうち、泡立った臭いのきついおりものが出るようになります。

女性のトリコモナス感染者には、外陰部のかゆみや灼熱感、悪臭の強い黄緑色の泡だったおりもの、外陰部のただれなどさまざまな症状が現れますが、おおむね20~50%は無症候性感染者といわれています。

病気が疑われる場合は?

クリトリスのかゆみは、カンジダ性膣炎やヘルペス、膣トリコモナス症などの病気が疑われる可能性もあるので、病院で検査を受けることも大事です。

かゆみが続いたり、違和感を感じる場合はいち早く産婦人科などに相談をしてみましょう。

日常生活でできる予防法とは?


クリトリスを含め、性器が痒いのはなかなか耐え難いものです。このような恥ずかしい事態に陥らないよう、しっかりと日常生活からいろいろと見直すことが大切です。

クリトリスを含めた性器の正しいケアができていない

クリトリスの皮の内部は皮膚ではなく粘膜であることから、デリケートゾーンの中でも特に敏感な部分です。

お風呂で洗う時はボディ用ソープの使用は避け、デリケートゾーン専用のものを使いましょう。ソープはしっかりと泡立て、前から肛門に向かって洗います。この時、ゴシゴシとこすってはいけません。

最後に優しくシャワーですすぎ、泡が残っていないかチェックしましょう。

生活リズムの乱れ

クリトリスがかゆくなる病気の中には、身体の抵抗力が落ちた時に発症するものがあります。規則正しい生活を送り、ストレスをためないよう注意して、病気の予防に努めましょう。

生活リズムを整え、デリケートゾーンを清潔に保つことでクリトリスのかゆみをケアするとともに、痒みが続く場合は病院に行って早めに症状を抑えましょう。

デリケートゾーンの匂いには「アクアデオ」をチェック

ライター