好きのサイン?男性が「彼女ほしい」と言ってくるときの心理5選

男友達で、恋バナの最中に「あー彼女ほしい」なんて言っている人、いませんか?

確かに、恋人がいないときに周りが恋バナや恋愛ドラマの話などをすると、彼女欲しいと思うこともあるでしょう。

ですが急にほしいと言われても、言われた方は「頑張れ」と言うしかないですし、困ってしまうことも。

今回は男性が「彼女ほしい」と言ってくるときの心理について紹介します。

1. 周りの友達に彼女がいて焦っている

自分の周りの友達にどんどん彼女ができたという報告が入ると、自分だけが除け者になったような気がして焦っていることがあります。

周りと同じようでいたい、同じような話がしたいというプライドが邪魔をしています。

焦っている男性に魅力を感じる女性は少ないので、彼女ができる確率は低いでしょう。

2. 遠回しの「紹介して」アピール

直接「彼女欲しい」と言ってこないないものの、あなたに「誰か女性を紹介して!」とサインを送っていることがあります。

自分の身近な女性に頼めば、誰か紹介してくれるんじゃないかという甘い考えが原因。

そういうタイプの男性は自分で努力をしません。聞いてるふりをしてスルーしましょう。

3. ただの口癖

おそらく彼女を欲しているのですが、本気ではなく、ただの口癖になってるような人もいます。もしかすると話を聞いてほしいだけなのかもしれません。

そういう人はあなた以外に対しても「彼女ほしい」と言っているはず。おそらく彼女ができるまで何度も言ってくるでしょう。

何度も言われると面倒になってくるので、「焦らなくてもできるよ」などと適当にあしうのが得策です。

4. あなたを理解者だと思っているから

彼女ほしいと言って流されたとしても、ノリで笑っているようなお調子者タイプ。仲がよいと「この人は自分の理解者」と考え、いろんなことも話せるし馬鹿もできるものです。

「彼女がほしい」という発言も、一種のノリなのかもしれません。

5. あなたのことを気にしている可能性もあり

あなたにだけよく「彼女がほしい」と言うのは、実はあなたに気づいてほしいと思っているから、ということもあります。

「私も彼氏ほしいよ」などと、ちょっと試すような感じで「今かっこいいと思っている人がいるんだよね」と言ってみましょう。

相手の反応が分かりやすい場合はちょっと焦った顔をするはず。逆に焦りを隠すためにわざと楽しそうに食いつく人もいます。

後者の場合は割としつこく「どんな人?」と聞いてくるので様子を伺いましょう。

まとめ

男性は「彼女がほしい」と言うだけではなく、ちゃんと好きな人がいること、それに対してアピールする努力をすることが大切です。

によってはあなたのこと気にしているかもしれないので、彼のちょっとしたサインは見逃さないようにしましょう。

Tags

ライター