うわあ、あるある・・・女友達の嫉妬に対処する6選

嫉妬の中でも女性間での嫉妬はなかなか厄介な存在です。負の感情は忘れることが難しく後々まで尾を引いてしまうからです。そんな時の対処法をお知らせします。

1.相手の懐に飛び込む

苦手な相手を努めて食事に誘うなどして親しくなる事で、悪口を封じ込めたり誤解を解いたり、という方法があります。

妬みの対象とされた、と感じた場合には、「○○さんの協力で目標達成ができた。○○さんのおかげです。」等と持ちあげてみてはいかがでしょう。

仲良くなる事で事前に嫉妬の芽を摘むことが可能になります。

2.のらりくらり・・正面で受け止めない

妬み、嫉みは女性の間ではよくあることとは言え、あまりに幼稚と感じたら、仲間外れを恐れずグループから距離を置きましょう。きっと同じ思いの同志がいるものです。

とても怖くてできないという場合には、「聞き流す」テクニックを自分のものにするほかありません。

3.褒めて嫉妬心を萎えさせる

嫉妬はその人の劣等感からくるもの、自分とは違う才能に目を付け褒めてあげましょう。

例えば「ファッション感覚抜群ですよね、私なんか何を着てもしっくりこなくて・・・」

大人だって褒められることは大好きです。

4.ほかの話題を振る

全く分野の違う話題に切り替えて、上手に切り抜けましょう。

恋愛関係での嫉妬ならば仕事や上司への不満、大きなプロジェクトへの不安等を相談してみましょう。

5.相手の望みを知る

要は欲求不満が起こしている訳ですから、その原因を突き止め、できる限り彼女の欲求を満たしてあげましょう。

恋人の友人を紹介するなどは効果があります。

6.嫉妬は醜いことを理解させる

全く、違う人の話として、「えこひいきされていると思われていて、大変困っている」と相談してみるのはいかがでしょう。

繰り返すうちに気付いてくれたりするものです。

Tags

ライター