長続きする仲良しカップルになる秘訣:大切なのはケンカ!?

何年も長続きしているのに、仲の良いカップルは、とても羨ましく、暖かなオーラがありますよね。そんな仲が良く長続きするカップルはどのようなことに気をつけているのでしょうか?

長続きするカップルは、ケンカするほど仲が良いと言われるようにケンカもします。そこで重要なのはケンカの仕方です。

今回は、長続きするカップルの特徴やケンカの仕方についてまとめてみました。

高校生と大学生カップルが長続きするコツもまとめてみたので、学生さんはぜひそちらも参考にしてみてください。

また、長く付き合っているためにドキドキを忘れてしまったというカップルもいると思います。

前のように彼とラブラブな時間を過ごしたいという人は、良い香りで彼の嗅覚を刺激してみてはいかがでしょうか。きっとマンネリが解消できるはずです。

ただ男性はきつい香水の匂いを嫌う人もいます。そこでおすすめなのが、ラブコスメから出ているリビドーロゼという香水です。

リビドーロゼは嫌味のないさっぱりとした香りになっているので、ふわりと漂うほのかな優しい香りで彼を夢中にさせること間違いなしです!

リビドーロゼをチェックする

長続きするカップルの特徴とは?

長続きするカップルの秘訣はどこにあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

彼氏の甘えを受け入れる

そして、男性の甘えに関して言えば、女性は男性の強さだけを見るのではなく、時には甘えさせてあげる瞬間を作ってあげましょう。

「彼女と居ると癒される、リラックスできる」と思える空間や空気感を、男性に与えてあげる事も大事です。

感謝の気持ちや愛情表現を忘れない

感謝の気持ちや愛情表現を忘れず、きちんと言葉にしましょう。

彼氏が迎えに来てくれることは当たり前だったり、彼女が買物をしてくれるのはいつものことと思っていませんか?でもそれは、相手のことを思いやっているからこその行動です。

また、雰囲気で自分の愛情は伝わっていると思ってしまいがちですが、実際はそこまで伝わっていないものです。

ちょっとしたことにも、感謝の気持ちや愛情表現を言葉で伝えることで、相手を思いやる気持ちがまた増えます。是非、ちゃんと相手に伝えましょう。

思っていることはしっかり伝える

伝えたほうがいいのは何も感謝の気持ちだけではありません。

相手に対して思っていることがあるのなら、しっかり伝えたほうがいいです。

不満があるのに変に我慢して、でも消化しきれずに、溜まりに溜まって大爆発しちゃう人いますよね?

それだと相手が困ってしまいますから、溜め込まずに、その都度小出しにして相手に伝えましょう。

個人的なメールをこっそり見ない

彼氏との関係を長続きさせる為には、お互いの信頼が一番大事です。ついつい彼氏のケータイをこっそり見てしまうというクセがあるのであれば、そうしたクセは一切やめるようにしましょう。

見てしまって何かあっても、何もなかったとしても、お互いにメリットは何もありません。

どうしても気になってしまうものですが、あなたのためにも、彼氏のためにもメールについては触れないほうが結果的に良いというケースが多いです。

束縛しすぎない

深い恋愛関係になると、どうしてもお互いに相手を束縛しようとします。しかし、これでは関係は長続きしません。

恋愛関係というのは、お互いの微妙な距離感と信頼関係の上に成立するものです。そのため、束縛が強くなりすぎると、そのバランスが壊れてしまって二人の破局の原因にもなりかねません。

適度に束縛したり、やきもちを焼くのは良いですが、度を越さない範囲ですることが大切です。

メール・電話をやりすぎない

長続きするカップルは、基本ベタベタしすぎません。

仕事や個々の事情で会えない日が続けば電話をしたくなるものですが、仕事で疲れて帰ってきて息つく間もなくLINEや電話に対応していたら、自由な時間がありません。

「LINEは既読したら返信する」「寝る前には電話する」ということがいつの間にか義務になっていませんか?

連絡が義務化してしまうと、大好きな相手からの連絡もめんどくさいと感じてしまうので、自分のペースを相手に押し付けず、相手のペースを理解することが大切です。

意見を押し付けない

意見があるのはもちろん悪い事ではありません。しかし、それを相手に押し付けるような形にしてしまうと、相手にストレスを与えてしまいます。

例えば「こうだから、こうして」といった言い方は、一方的すぎますよね。それが例え間違った事でなかったとしても、相手は窮屈さを感じてしまいます。

このような場合は「私はこう思って、こうして欲しいんだけど、どうかな?」などといった自分の意見を伝えつつも、下手に出つつ、相手の意見も取り入れようとする態勢が良いでしょう。

共通の趣味をもつ

共通の趣味があると、それだけでも会話が弾みます。例えばゴルフは女性にも人気が出ているので、二人で一緒に打ちっぱなしに行き、いい汗を流すのもいいでしょう。また、家で二人でゲームをするのも盛り上がります。

お互いの趣味に興味を持って共通の趣味を広げると、楽しみが倍増するかもしれません。

デートプランは二人で考える

「デートプランは彼氏が考えてくれる」と当たり前に思っていませんか?

付き合い当初は彼氏も一生懸命にプランを考えてくれたと思いますが、彼氏に任せっきりだと、だんだんデートコースがワンパターン化してくるもの。

彼氏も仕事等で、毎週のようにデートプランを考えることは大変です。マンネリ化してきたと感じてきたら、一緒に旅行雑誌やデートプラン雑誌を見て考えたりしましょう。

感情は全て言葉にする

ついつい忘れてしまいがちですが、思ったことは全て言葉に表すようにしましょう。

日常的な挨拶はもちろん、「ありがとう」や「ごめんね」も忘れずに言うようにしてください。

親しくなればなるほど曖昧になってしまいますが、嬉しかったことや悲しかったことをきちんと伝えることができるカップルこそが、真の意味でのカップルかもしれません。

お互いの弱点を理解する

「仕事の話は聞きたくない」という男性、「今日あった辛かったことを聞いてほしい」という女性。こんなカップルを最近よく見かけます。

プライベートな空間で仕事のことを持ち込みたくない気持ちも、辛かった出来事を癒してほしい気持ちも両方ともわかりますが、カップルでないと話せないことがたくさんあるのではないでしょうか?

お互い負担にならない程度に、相手へ関心を向けることも大切です。

相手を心配する

お互いのちょっとした変化に気づくようにしましょう。

カップルであれば、傍で寄り添ってあげるだけでもかなりのヒーリング効果を得られます。

また、相手の変化に気づくようにするだけで、浮気など良くないことに気がつくこともあるでしょう。

良くも悪くも、相手を心配するということはとても大切です。

他のカップルと比較をしない

現在置かれている環境に慣れてくると、他に見える新しいものが輝いてみえるようになり、いつしか羨望の目で見てしまうようになってしまいます。

新しいものを追いかけるのを否定はしませんが、今いる環境の中で幸せを見つけてみませんか?

いつでもキラキラしている自分でいる

交際前や、直後のことを思い出してみましょう。

身だしなみや言葉遣いなど全てにおいて、相手に気に入られるために努力をしていたはずです。

今ここで初心に返って、あの時のキラキラを取り戻してみると良いでしょう。

女・男であることを忘れない

お付き合いも慣れてくると、この人にならありのままを見せても受け入れてくれると思えてきますが、行き過ぎるとお互い男女として意識しなくなってしまいます。

その挙句、「女として見られなくなった」と言われる可能性もあります。

だからといって、高いエステに通ったり、無理なダイエットが必要というわけではありません。

デートの時に少しオシャレに気をつけてみる、いつもと違った香水を選んでみるなど、少しの工夫でマンネリ感が拭え、新しい刺激を得られるデートになりますよ。

お互いが「自分」を持っている

それぞれが勉強や仕事を頑張っていたり、自分の時間も大切にしているカップルは仲良しのまま長続きできます。

お互いが、相手の頑張りを見て、「自分も頑張ろう」とさらに努力していく相乗効果が生まれて、二人とも輝くカップルになれます。

ただ、仕事や趣味に没頭しすぎると、愛情が冷める恐れもあるので、普段のコミュニケーションの頻度は大切にしましょう。

大学生カップルが長続きするコツとは?

道行く大学生カップルを見ていると、キラキラしていて甘酸っぱい気持ちになりますよね。

でも実際は些細なことでケンカして、そのままお別れしてしまうカップルも多いのだとか。

大学生は必見です!

なんでも割り勘、負担は同じに

付き合いたての頃は見栄を張って、ついついおごってあげたくなるのが男性の心理。女性側も「払ってもらって当然」と思っていませんか?

でも、学生がデート代を2人分負担するのは、実際かなり苦しいもの。

金銭面の問題が、いずれ2人の関係に大きなヒビを作ってしまう可能性があります。

遊びでもご飯でも、学生のうちは、いつも割り勘にするよう心がけるのがオススメです。

帰り道にコンビニでアイスやジュース、お菓子をおごってもらうくらいなら、素直に受け取ってもいいかもしれませんね。

恋愛と学業はきっちり線引きしよう

恋人ができると、世界がキラキラして周りのことが見えなくなってしまいますよね。

いたって普通のことではあるのですが、そのせいで、学業がおろそかになっては意味がありません。

恋人と遊んでばかりで勉強をしなかったせいで、将来の夢をあきらめることになった…なんてパターンは、お互いがつらくなってしまいますよね。

勉強も生活も、相乗効果が得られるような恋愛になればベストです!

プライバシーを尊重しよう

「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、相手のことを何でも知ろうとするのは、度を超えるとプライバシーの侵害にもなりますよね。

特に学生だと、長い時間一緒にいられるので、お互いのプライバシーをついつい忘れがちになってしまいます。

中でもスマートフォンには要注意! 若いと相手のすべてを独占したくなってしまって、「付き合ってるんだからスマホ見せてよ」「パス教えてよ」なんてひと言が、不信の元になってしまうカップルもいるようですよ。

また、学生で時間がたくさんあるからと言って、相手のパスを調べたりするのもやめましょう。

お互いに、知らない部分を持っているのは素敵なこと。また、人には一つや二つ、誰にも知られたくない秘密があるものですから。

相手に依存しすぎない

彼氏・彼女が大好きだと、「今、何してるかな?」「私以外の女といないかな?」と24時間気になってしまうもの。

でもこれは、確実に相手の負担になっています。

「誰にも取られたくない、私だけを見ていてほしい」という気持ちはすごくわかりますが、依存すればするほど相手は離れていくのではないでしょうか?

独占欲はぐっと抑えて、寛大な心でドッシリと構えるのほうがよさそうです。相手もそんなあなたに惚れ直すかもしれませんよ。

将来の明確なビジョンを持とう

相手のことを考えてしまうばかり、相手ありきの将来を考えてしまっていませんか?

若いのだから、本来なら無限の可能性を秘めているにも関わらず、限られた選択肢の中から将来を決めてしまうのはとてももったいない話です。

まずは自分自身と向き合って、将来どんな人になりたいのかをきちんと決めましょう。

恋人との関係は、それから考えても遅くないはずです。

高校生カップルが長続きするコツとは?

お互いに一人の時間を作る

好きな人と付き合うことができたら、できるだけ時間を共有したいですよね。

学校でも、できるだけ一緒にいたいと思うのも当たり前だと思います。でも、長続きさせたいという気持ちがあるのなら、お互いの一人の時間を作ることを忘れてはいけません。

これは相手への思いやりにもつながるので、できるだけ実践するようにしましょう。

思い出を作る

できるだけ沢山の思い出を作りましょう。

楽しい思い出をたくさん作ることで、マンネリ化を防ぐことができます。楽しみがいつまでもあると、恋愛というものは自然と関係の良いものになりますよ。

感謝の気持ちを忘れない

人というのは、関係の近い人ほど感謝の気持ちを忘れがちですよね。

これは高校生に限らず、どんな人もいい関係を築くには相手への気持ちがとても大切になってきます。

近い関係であるからこそ、日ごろの感謝の気持ちを忘れずに大切に育んでいくべきです。

サプライズを忘れない

相手への愛情や、相手を喜ばせるにはこれが一番です。

いつまでも相手との愛情を忘れないため、サプライズは欠かさないようにしましょう。

サプライズをすることで、お互いにドキドキした感情を忘れずにいられますよ。

挨拶を忘れない

感謝の気持ちと同じように、近しい人ほど挨拶を忘れがちになってしまいます。

ですが、そういった近しい関係だからこそ、挨拶をおろそかにしてはいけません。

簡単なようで難しいことですが、親しき中にも礼儀ありとも言いますしぜひ相手に挨拶をしてみてください。

一緒にご飯を食べる

人はご飯を食べているとき、とても簡単に幸せを感じることができます。

つまり、一緒にご飯を食べるというのは、幸せな時間を共有するということになるのです。

カップルとしての絆がより深めることもできますし、相手に親近感を与えることにもなりますよ。

愛情表現を忘れない

カップルにとって当たり前のことですが、これも意外と忘れがちなことです。

長年付き合ってると、愛情表現も乏しくなってしまうこともありますよね。

そういうときこそ、好きという気持ちを声に出していってみるのもいいのではないでしょうか。

声に出すことによってあなた自身も愛情を再確認できるかもしれませんよ。

長続きするにはケンカの仕方が大事!?

「ケンカ=相性が合わない」訳ではないです。ケンカはあくまで、意見がぶつかっただけの話。

ずっと仲良しのカップルも、ケンカはします。ただ、長続きするカップルは、ケンカの仕方や、その後の対応が上手いので、長続きするんです。

ここでは、そんなケンカの仕方、対処法についてご紹介します。

ケンカの内容を他で飛び火させない

口喧嘩で有りがちなパターンが、飛び火です。

疑問や不信を掘り返したり、以前のケンカの内容まで持ち出したり、更にはエスカレートして相手のことを否定してしまうなど最悪です。

長続きカップルは、決して昔の話を蒸し返したりはしません。

冷静にその内容だけに関して議論する

一度口火を切ったケンカは、その内容に対してだけ、議論する事が大切。

そうすれば解決も早くなりますし、イライラする時間も短くてすみます。

そのためには、お互いの意見を整理することが重要です。

飛び火しそうなら一旦距離をおく

もしエスカレートしそうなら、その場から離れましょう。物理的に距離を保つ事で、互いの頭を冷やし、冷静に賛否を考える時間をもたらします。

同棲している場合は、別の部屋に移動して、しばらく口を聴かないでもいいです。

大概のカップルは、この時点でお互いがカッとなりすぎて別れています。もしくは、一方が折れて気持ちが冷めて別れるというパターンもあります。

長続きするカップルになるために

大好きな彼だからこそずっと一緒にいたいですよね。長続きするカップルになるためには、自分を持ちつつ相手のことを思いやることが大切なようです。

さらに
距離感が大事!彼氏と長続きするためのテクニック14選
ドキドキを絶やさない♡彼女と長続きさせるための秘訣5選
こちらも合わせて読んでみてください。

また最近彼との関係がマンネリ化しているな、と感じる人におすすめなのが、ベッド専用香水のリビドーロゼです。

リビドーロゼには「オスモフェリン」と「イランイラン」という成分が配合されていて、これが男性の性衝動を引き起こします。

最近彼といてもドキドキが足りないという人は、彼をその気にさせるというこの香水を使ってラブラブな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか!

リビドーロゼをチェックする

記事の著者

恋愛の悩みをもっと見る