本当は好きだけど…彼氏と別れたくなる5つの心理

Sad teens sitting at the bench at the park

本当は好きだけど…彼氏と別れたくなる5つの心理

彼のことは好きで、一緒に過ごしていても楽しい。

だけど別れたいと思ってしまう瞬間はありませんか?

お互い好きだとわかっていても別れを選ぶことは8割の人が経験しているとか。

好きなのに別れたい心理とはどんな時に感じるのか、よくあるパターンをご紹介します。

1. 遠距離カップル

長期間付き合ったカップルでお互いに信頼していても、遠距離になってしまうと別れたいと思うことが多いとか。

落ち込むようなことかあっても近くにいない、簡単に会える距離にいないということは、思った以上にハードルが高いようですね。

2. 価値観やビジョンが違う

相手のことがどんなに大事でも、相手の描く未来が自分の価値観と合わないことや、支えてあげられないと感じたときに別れたいと思うそう。

反対に自分の夢のために相手を振り回すわけにはいかないと思うと、好きだけど別れようと感じるようです。

また金銭感覚の大きな違いも、同じように別れを決意する原因になるとか。

3. 浮気、ギャンブルなどを繰り返す

何度も繰り返す浮気や生活が困るくらいハマってしまうギャンブルをする相手では、好きでも別れたいと思ってしまうもの。

ギャンブルも浮気も、ひどくなると依存症となってしまいます。

たとえ反省していても繰り返す人は、なかなかやめることができません。時には決断も必要です。

4. 付き合ってはいけない関係

相手や自分が既婚者の場合や通っている学校の先生と生徒など、常識的に考えて恋愛してはいけない関係は2人がどんなにうまくいっていても傷つく人が必ずいるもの。

また公にできない関係が、時にはストレスになってしまい別れたいと思うこともあるでしょう。

5. 相手の家族と相性が合わない

相手の家族と生活習慣があまりにも違うなど、あまりにも相性が合わないと彼のことが好きでも交際を続けることに不安を感じるかもしれません。

特に女性は付き合うと結婚を視野にいれる人も多く、相手の家族との関わりを大事にしたいと思います。

だからこそ、相手の家族との関係に不安を感じると別れてを考えてしまいます。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です