微妙な心理に気づいて!元カレに連絡をとりたいときに注意する7か条

「別れてしまったけど頼れるあの人に連絡したいなぁ・・・」

いろいろあって別れたはずなのに元カレに「連絡をとりたい」とつい思ってしまう女性の方も多いのではないでしょうか。

今回は「元カレに連絡する際に注意すべき7か条」を紹介しましょう。

1. 要件はスッパリと切り込む

別れてしまった相手との連絡は自分も相手も異様に気を使ってしまうもの。

事務的な要件でもどこかよそよそしくなってしまいます。

マゴマゴしていると相手に「ひょっとしてヨリを戻して欲しいのかも・・・」と勘違いされる原因に。

ここは勇気を持って要件のみをスッパリと切り込んでみましょう。

2. 「友達」と「恋人」の違いを明確にする

喧嘩別れなどをしてしまった場合は自分も相手もなんとなく連絡をとりずらいもの。

ですが、あなたが相手を「友達」として信頼を置いている場合は相手も決して

あなたのことを嫌っているわけではないケースも多いです。

メールやLINEなどで連絡をとりたい場合は、恋人だったときのような顔文字やスタンプはあえて控えて簡素な文章でしっかりと要件を伝えるようにしましょう。

3. ダラダラとやり取りを続けないようにする

恋人だったときの癖がなかなか抜けない元カップルの場合は、要件が終わっても思わず長話を続けてしまうことがあります。

あなたがどうしてもヨリを戻したくない場合はあえて「次の用がある」と嘘をついて一回、連絡を一休みすることも必要です。ある意味、恋人時のときは「禁手」のひとつですが、恋人ではない今ならあえて使ってみるのも手です。

4. 恋愛の相談はタイミングをみて

あなたが現在、別な相手と付き合いたいと思っている場合思わず「元カレに相談したい」と考えてしまうこともあるかと思います。

普通の友達にまでドライに関係が戻っている場合は単刀直入に聞いてもOKですが、微妙な関係の場合や元カレが嫉妬深い相手な場合は注意が必要です。

勘違いされたくない場合は思わせぶりな相談はなるべく控えるようにしましょう。

5. 感情的にならない

別れてしまった後のメールやLINEはもちろんカップルだったときのようなやりとりはできません。

特に「なんで返信してくれないの?」といった返事の催促はNGです。

すでにあなたは恋人ではないので以前のように特別扱いを求めるような素振りはしてはいけません。

じっくりと焦らずに返信を待ちましょう。

6. 「電話に出ない」連絡のシャットダウンは慎重に

あなたが元カレに返事をしたくない気持ちのとき、元カレからの電話やメールなどをあえて無視してしまうこともあるかと思います。

ですが、一度心の扉をシャットダウンしてしまうとその関係は完全に終わりに。その連絡はもしかしたら寂しいあなたを心配しての気持ちかもしれません。

少しでも関係を続けていきたい場合は勇気を持って連絡のリレーを行ってみましょう。

7. ヨリを戻したい場合でもすぐに返信をしない

あなたがもし元カレとヨリを戻したい場合は、出来ればすぐに連絡をとって関係を修復してしまいたいものです。

ですが、もちろん相手にも都合があって、もしかしたら新しい相手と・・・といった場合もあります。

少しでも「キープしたい」という気持ちがあるなら、相手の気持ちを尊重し具体的な相談は最低でも1ヶ月くらいは様子をみたほうがいいでしょう。

別れても大切なのは相手と自分を「尊重しあう」ことです。

後悔のないよう今後の関係を作ってきましょう!

Tags

ライター