節約して貯金を貯める方法は?:おすすめの節約術を紹介!

収入からだけではなく、コツコツ節約をすれば、浮いた分を貯金し、将来に備えることができます。旅行やレジャーなどのお楽しみに使うこともできます。

楽しく簡単にできることなら、誰もが実践して結果を得ていることでしょう。

でも、イメージとして節約とは、ひたすら我慢してケチケチするものだと思いがちです。そんな節約はよっぽど強靭な心の持ち主でないと長続きしません。

でも、節約で得られるメリットは、お金だけではありません。美容や健康、エコや整理整頓、新しい発見など、たくさんのことに繋がることがあります。

今回はそんな一石二鳥、さらに一石三鳥や四鳥の貴重な節約術をご紹介します。

今まで一度も節約をしたことがない人、既に節約に挑戦しているのにうまくいかない人や長続きしない人なども、これなら自分にもできる、というものが見つけられるでしょう。

一石二鳥の節約術7選

節約術によっては、お金意外にも、健康、美容、エコ、整理整頓、新しい発見などのメリットも同時に得ることができます。

メリットを明確にしながら節約術をご紹介していきます。

外食を控える(お金と健康)

持っていくことが可能であれば会社にお弁当を持参しましょう。出掛けるときも、出発前に済ませるか、あらかじめ持っていくといいでしょう。

ただ、あまり無理をすると長続きしません。今日は××食べたいから作らない!や、今日はラクをするから作らない!など、目的がハッキリしている場合は自分に外食を許すゆとりがあってもいいでしょう。

外食は塩分や油分をふんだんに摂取してしまう可能性が高いです。ですから、自炊をしてバランスの良い食事を心がけることでお金も健康も手に入れることができます。

つもり貯金(お金と健康)

買いたいものを買わずに我慢、食べたいものを食べずに我慢したら、その分を貯金箱へ入れる方法です。

衝動買いしてしまいそうな洋服、普段何気なく買っている毎朝の缶コーヒーやタバコなど、一旦考えて我慢できそうなことは我慢してみましょう。

節約だけではなく、ダイエットや禁煙にも繋がり、健康も手に入れることができます。

クローゼットを片付ける(お金と整理整頓)

まず、シミのあるもの、サイズの合わないものは迷わず捨てましょう。

2年以上着ていないものは、捨てるかフリマアプリで売りましょう。

そして、服の種類ごと、さらに色ごとに分けて収納すると、自分の持っている服を把握しやすくなり、偏りも見えてきます。

朝の洋服選びも確実にラクになります。

洋服が売れればお金になるのはもちろん、クローゼットの整理整頓もできるのでおすすめです。

水道の元栓を少し締める(お金とエコ)

少々出が悪くなりますが、節水になり水道代が減るのはもちろん、エコにも繋がります。

シャワーヘッドを節水のものに変えるのもいいでしょう。

スーパーは閉店間際に(お金とエコ)

閉店時間に近づくと、賞味期限の近いものやお惣菜が割引になることが多いです。

安く買えるだけでなく、無駄な廃棄処分をなくすことでエコにもつながります。

ガス・電気・携帯・保険の見直し(お金と発見)

自由化したガスや電気を、料金やサービスを比較して一番いいものを見つけて乗り換えたり、携帯を格安スマホに切り替える。

携帯の切り替えをせずとも、不要なサービスを解約したり、自分に合ったプランに切り替える。

保険は契約当時のままにせず、不要な補償、過多な補償がないか見直す。

以上のことで月々の料金が大きく減る可能性がありますし、新しいサービスや補償の発見にもつながります。

お金のかからない趣味を持つ(お金と発見)

趣味がゴルフや旅行だと、どうしてもお金がかかります。読書やウォーキング、ランニングはほとんどお金がかかりません。

もしお金のかかる趣味ばかりの人は、お金のかからない趣味を探してみましょう。

節約になるのはもちろん、思わぬことにハマって新しい趣味がみつかるかもしれません。

一石三鳥の節約術7選

ここまで一石二鳥の節約術を紹介してきました。

次はさらにメリットの多い、一石三鳥の節約術をご紹介していきます。

新品にこだわらない(お金とエコと発見)

新品にこだわらず、リサイクルショップやフリマアプリを試してみましょう。

確実に新品より安いのはもちろん、掘り出し物を見つけたり、ゴミを減らすエコにもつながります。

本屋や雑誌も、比較的新しいものが出回っているので、手に入れることが可能です。

お風呂にペットボトル(お金と健康とエコ)

湯船に浸からずにシャワーで済ませれば確実に節水できますが、冬は寒いですし、夏でも湯船に浸かりたい人は多いでしょう。

しっかり入浴して体を温めることで、新陳代謝を促し、疲れをれを癒し、良質な睡眠も得られます。

水を入れたペットボトルを何本か湯船に浮かべ、再利用すればその分の節水ができます。水道代が浮くのはもちろん、節水でエコにもつながります。

食べられるものは皮まで食べる(お金と健康とエコ)

料理をする際、何気なく処分している野菜や果物の皮や葉の中には、食べられるものが多くあります。

にんじん、じゃがいも、大根、たまねぎ、ゴボウなど、普段よく使う食材も、皮や葉のほうが栄養価が高いといわれています。

多少の苦みやえぐみ、繊維による歯触りの悪さがあっても、調理や下処理次第でじゅうぶん美味しく食べることができるでしょう。

生ごみも減らすことができ、エコにもつながります。

電気代節約術(お金と健康とエコ)

夏場の冷房代や冬の暖房代は家計に大きな影響を与えます。そんな時におすすめの節約術は、外出することです。

仕事をしている人は、日中自宅のエアコンは必要ありませんが、専業主婦や小さな子供がいる家庭は、一日中エアコンに頼ることもあり、夏と冬の間は毎月の電気代に頭をかかえてしまうことでしょう。

そんな時は、図書館など冷房や暖房の効いた無料の施設に頼るのがおすすめです。電気代だけでなく、トイレの水道代も節約できます。

外出先でお金がかかっては本末転倒ですので、有料の施設は避け、昼食を済ませてから出掛けたり、お弁当を持参しましょう。

雨や雪、台風など、外出が困難な時は、夏はバケツに氷水を入れて時々手足を冷やしましょう。冬はとにかく着こみ、できる限りエアコンに頼らずに生活することをおすすめします。

節電になるのはもちろんですが、暑さや寒さに対する耐性ができ、新陳代謝を促すことで健康にもつながります。

マメになる(お金と整理整頓とエコ)

掃除・手入れ・片付け・食材の小分け・下処理・コンセントを抜く、などなど、節約に繋がることはマメであればあるほど結果が出ます。

マメに掃除、片づけをすれば、常に部屋は清潔で、整理整頓された状態が保てます。

マメに手入れすれば耐久性も上がり長持ちしますので、必然的に物を捨てること、買うことが減りますし、食材を小分け、下処理してから冷凍すれば無駄なく使い切ることができ、エコにも繋がります。

休肝日をつくる(お金と健康と発見)

なんとなく毎日お酒を飲んでいる人は、家で飲むにしても、アルコール代は意外とかかっていると思いますし、お酒だけで済む人は少ないでしょう。

週に一度でも、休肝日をつくることをお勧めします。

夜遅い時間の飲食をやめ、早めに寝て疲れを癒し、肝臓と胃を休めてあげましょう。朝の寝覚めの良さに驚くかもしれません。

金額面では、ビールや高級フランスワインにこだわらず、発泡酒や、安くてもおいしいワインを発見するのも楽しいと思います。

スーパーに行く回数を減らす(お金と健康と美容)

無計画な買い物は、その時の気分でつい不要なものまで買ってしまいがちです。1週間に一度、まとめ買いをしてしまうのがおすすめです。

料理の得意な人は、冷蔵庫にあるもので何でも作れるかもしれませんが、得意でない人は、買い物に行く前にある程度1週間分の献立を決めて、必要なものをメモしてからまとめ買いに出かけるのがベストです。

何気なく毎日食べたいものを食べると、栄養が偏りがちです。1週間分の献立を考えるのには、そんな栄養の偏りを防ぎ、健康的な食生活にもつながるでしょう。

また、カロリー計算も事前にできるので、ダイエットにも効果的です。

一石四鳥の節約術2選

一石二鳥、一石三鳥の節約術を7つずつ紹介してきましたが、最後に一石四鳥のとっておきの節約術をご紹介します!!

30分以内は歩くか自転車で(お金と健康とエコと発見)

気候のいい時期だけでも、通勤の1駅分を歩いたり、ちょっとした移動も可能な限り歩くようにすると、交通費の節約になるのはもちろん、運動不足の解消になりますし、かわいいカフェや雑貨やさん、新しい公園など、その土地の新しい発見があるかもしれません。

また、車や電車をつかわないことで、エコにもつながるでしょう。

ミステリーショッパーやモニターに挑戦(お金と美容と健康と発見)

ミステリーショッパーとは、覆面調査員として、飲食や買い物、エステなどに一般客として来店し、接客や品揃え、清掃状態などを評価することです。

モニターとは、これから発売する商品などを実際に試して評価や感想を報告することです。

参加することで一定の金額がキャッシュバックれるので、費用が節約できるのはもちろん、普段行かない飲食店や美容院、未発売のコスメ商品なども体験できるので、新しい発見をしながら美容や健康ににもつながるでしょう。

まとめ

一石二鳥のみならず、一石四鳥まで、お得な節約術を紹介してきました。

お金の節約だけでなく、美容や健康、エコや新しい発見につながったり、節約しながら家を片付けることも可能です。

日々の出費を少しずつ抑えることで、数か月、数年後には想像以上に大きなお金が貯まるものです。

色々挑戦しながら自分に合ったものを見つけて実践し、貯金をしたり、自分へのご褒美に使ってください。

記事の著者

貯金・節約の悩みをもっと見る