まつ毛貧毛症の原因と治療法は?植毛を行うクリニックは少ない

毎日鏡をみていてなんだかまつ毛が少なく感じたり、短いと感じることはありませんか。もしかしたらまつ毛貧毛症かもしれません。

目元の印象は顔全体の印象にもかかわる大切な部分です。もし、まつ毛が少なく感じたり短く感じるならば、一度病院で確認するほうが良いでしょう。

そこで今回は、まつ毛貧毛症とは何なのか、なぜ発症してしまうのか、治療法はあるのかなどを紹介します。

また、病院に行くほどではないが、ボリュームのないまつ毛に悩んでいるという方には、まつ毛美容液アイラッシュワンをおすすめします。

5つのまつ育成分を配合していて、まつ毛とまぶた両方にアプローチし、ハリやツヤを与えてくれます。メイクやまつエクの上から使えるのも魅力です。

まつ毛美容液アイラッシュワンを試してみる

まつ毛貧毛症とは

まつ毛貧毛症とは、まつ毛が不足したり不十分な状態のまつ毛のことを言います。極端にまつ毛が少なかったり、短く感じたり、まつげ1本1本が細く感じているならば、まつ毛貧毛症の可能性があります。

まつ毛の本来の役割は、目や眼球の保護だと言われています。空気中にはたくさんの塵やほこりがあります。この塵などがまつ毛に触れることで、異物を感知し瞬きをするという仕組みです。

また、まつ毛があることで、汗が目に入ることを防いだり、強い日差しが目を直撃することを防ぐことができます。しかし、まつ毛貧毛症の方はこうしたまつ毛本来がもつ機能がうまく働かず、最悪の場合失明の恐れもありますのできちんと治療が必要です。

まつ毛貧毛症になる原因

まつ毛貧毛症を発症する原因は、たくさんあります。例えば、まつ毛ケアによるダメージであったり、加齢・皮膚疾患・抗がん剤の副作用などです。

また、目元のお洒落にビューラーを使用する方は多いのではないでしょうか。しかし、このビューラーが実はまつ毛を痛めているのです。

ビューラーで、まつ毛を引っ張ったり、根本から上げようとしたりするとまつ毛には大きな負荷がかかります。さらに、パッチリ目には欠かせないマスカラも実はまつ毛にはよくないものです。エクステもまつ毛には負担が大きいことを覚えておきましょう。

加齢は誰にも止められません。悲しいことですが、年を重ねるにつれまつ毛の長さや太さ・濃さも減少していきます。また、アトピー性皮膚炎などを患っている方は、どうしても目をかく行為が増えますので、まつ毛を痛める危険性が高いと言えます。

このようにさまざまな要因によりまつ毛貧毛症を発症しています。

まつ毛貧毛症は何科に行けばいいのか?

まつ毛貧毛症かもしれないと疑ってみても、一体クリニックはどこに行けばいいのでしょうか。やはり美容整形に行く方が多いかもしれません。美容整形の場合は、まつ毛エクステや植毛を中心にケアをするところなので、まつ毛貧毛症となると診療科目外になってしまうことが多いです。

そのため、まつ毛貧毛症は皮膚科で治療可能なのです。もちろん、美容皮膚科でも行えますが、総合病院や皮膚科でも治療可能ですから、ご自身の近所で簡単にクリニックを見つけることができます。

まつ毛貧毛症はより専門的な治療が必要なため、あらかじめ治療を行っているかどうかを確認してから病院に足を運んでください。

まつ毛貧毛症の治療方法

まつ毛貧毛症と診断をされたならば、まずまつ毛の不足の原因がまつ毛自体以外に原因がないのかを探ります。アトピー性皮膚炎や内分泌疾患などが関わっている場合には、そちらの治療が優先されます。

まつ毛自体が原因であると判明したならば、発毛可能な毛包が存在するのかを検査します。もし、発毛可能な毛包が存在していたら、薬によって発毛を促す治療と生活習慣の改善やまつ毛のケアの方法などの指導があります。

万が一発毛可能な毛包が存在しなければ、植毛という治療が行われます。この場合でも、生活習慣の改善指導や普段のまつ毛のお手入れ方法などの指導があります。

まつ毛植毛の費用やダウンタイム

大前提としてまつ毛貧毛症の診断自体はどこの美容整形でも皮膚科でも行えるのですが、いざ植毛となるとできるドクターは限られてしまいます。

なぜならば、まつ毛に植毛するのは大変難しく技術がいると言われているからです。そのため、クリニックによっては実施していない場合もありますので、事前確認が必須です。

そして気になる費用相場は1本あたり5,000円から1万円と言われています。植毛本数によっては100万前後になることもあります。クリニックによって費用相場に開きがありますのでよく確認してください。

また、まつ毛の植毛を受けたあと、腫れたり内出血を起こす可能性があります。万が一腫れた場合は施術してから回復するまでの期間であるダウンタイムが2週間程度必要となります。

シャワーは当日から可能ですが、目の周りを擦ることはやめましょう。また、化粧も目の周りを避けるならば翌日から可能です。

術後1か月もすると、化粧もしっかりできますし、腫れも綺麗になくなると言われています。まつ毛パーマも楽しめるそうですが、ダウンタイムには個人差があることは忘れてはいけません。

まつ毛植毛のメリット・デメリット

まつ毛植毛を行うと4本に1本は抜けると言われています。しかし、うまく定着すれば半永久的にふさふさのまつ毛が手に入るのは大きなメリットと言えます。

まつ毛植毛に使われるのは自分の髪の毛です。まつ毛と髪の毛では伸びる速さが根本的に違います。そのため、まつ毛全てを植毛する場合を除き、定期的に長さを揃える手入れが必要となります。

また、植毛したまつ毛は若干本来のまつ毛よりも下向きに角度がつくため、逆さまつ毛になりかねないのはデメリットと言えるかもしれません。

目の保護に欠かせないまつ毛だからこそ大切に

お化粧に欠かせないマスカラや、ビューラーがまつ毛を痛めまつ毛貧毛症を引き起こすことは、お洒落大好きさんにとっては悲しい事実です。しかし、まつ毛は目や眼球の保護に、とても大切な役割を担っています。

お洒落もほどほどにして、日ごろからまつ毛を大切にし、まつ毛貧毛症とは無縁でありたいですね。

湘南美容外科では、まつ毛貧毛症の治療薬としてグラッシュビスタというものがあります。グラッシュビスタは、厚生労働省が製造販売を認めた薬でまつ毛の根元に塗ることで、まつ毛を長く、太く、濃くすることができます。

まつ毛貧毛症に悩んでいる方や市販のまつげ美容液を試しても改善しなかった方などにおすすめです。グラッシュビスタを取り扱っている店舗は75院中36院限定になります。

しかし、札幌院から那覇院まで幅広い地域で取り扱っているので、あなたの近所にもあるかもしれません。価格は1本16,800円となっています。

公式サイトから無料カウンセリングの予約をしてみてはいかがでしょうか。

湘南美容外科をチェックする

記事の著者

整形の悩みをもっと見る