彼氏を親に紹介するタイミングと注意すべきポイントまとめ

今付き合っている彼氏を親に紹介するのは、その第一印象で今後の彼のイメージも変わってくるので、とても緊張しますよね。

そこで今回は、どのようなタイミングで親に彼氏を紹介すれば良いのか、またその時に気をつけるべきポイントについてご紹介します。

ぜひ彼氏を親に紹介する時の参考にしてみてください。

彼氏を親に紹介するタイミング

付き合ってすぐ

親に彼氏を紹介する際、1番印象がいいのは付き合ってすぐのタイミングです。

付き合って何年も経っているのに挨拶にも来ない男性に大切な娘を任せることができないと思うのは、親なら当然ですよね。

本当に結婚したい相手なら、なるべく早く両親に紹介して彼の印象をよくしておくのがおすすめです。

彼氏と旅行に行く前

彼と旅行に行く前に挨拶に来てもらうのもいいタイミングでしょう。

娘を持つ親は、娘の外泊をとても心配するので、旅行の前にあいさつをしておくことで彼の好感度を上げることができます。

心配をしていてもまさか挨拶に来てくれるとは思っていないでしょうから、どんな親でも好印象を抱くはずです。

彼氏と同棲をする前

特別好印象を与えるタイミングではありませんが、このタイミングで行かなければ逆に悪い印象を持たれてしまいます。

このタイミングで挨拶せず、いざ結婚前に行っても良い印象を持たれることはまずないでしょう。

そういうことを避けるためにも、同棲前に挨拶しておくことはとても大切です。

父親がいない時

彼氏にしてみても、彼女の親に紹介されるいうのはとても緊張するものです。

緊張するうえに気まずい空気になる場合がい多いので、結婚の挨拶の時まで行きたくないという人も多いはずです。

ですが、彼氏が緊張すると考えるのは主に父親に対してです。

母親は基本的に彼氏の味方になってくれることが多いので、彼も母親だけならさほど緊張しないでしょう。

彼氏が紹介してほしいといった時

この言葉が聞けたら、彼は100%本気ということなので安心して両親に紹介することができます。

誠実な男性でなければしないことですから、やみくもに両親も結婚に反対することは少ないでしょう。

帰りが遅くなった時や家に遊びに来たときにきちんと挨拶してもらうのが、今後のためにもおすすめです。

彼氏を親に紹介する時に気をつけるべきポイント

彼氏の情報を事前に伝える

ご両親は娘の彼氏と初めて会うとなると、緊張したり気合が入りすぎたりしてしまいます。

相手がどんな男性が分からないし、娘に相応しい男性が来てほしいと願うからです。

しかし事前に少しでも情報が入っていれば、たとえ良い彼氏とは言えなくても、ある程度イメージしておくことができ、緊張して身構えられることもなくなるでしょう。

伝える彼氏の情報は、なるべく長所がいいですね。

服装に気を付ける

服装はその人のイメージを大きく変えるので、一度ご両親に会わせる前に彼氏の服装をチェックしておく必要があります。

そのチェックもあなた好みかどうかではなく、自分の親に好印象を与えられるかどうかに重点を置いて見直しましょう。

それならスーツをと思うかもしれませんが、結婚の挨拶でもない限りご両親は驚いてしまいます。

軽めのジャケットを羽織るなどして、清潔感があるようにしたいですね。

手土産を忘れない

昔は人の家に訪問するときは必ず手土産を持って行き、それをきっかけに話を広げることもあったようです。

実家に遊びに行くたびに手土産を持って行くのは逆に印象が悪くなってしまうこともありますが、初めて訪問するときは、手土産を持参しておいた方が良いでしょう。

そのときに気をつけたいのが、ご両親の好みのものなのか、またご実家付近の名産のものではないかです。

その気遣いがあれば、喜ばれる確率も上がりますよ。

2人きりのような会話はしない

2人きりのときはあだ名で呼び合っていても、ご両親の前ではきちんと「君」や「さん」をつけて呼び合うように気を付けましょう。

さらに、過度な触れ合いはNG。会話が盛り上がるにつれて肩を叩いたり、寄せ合ったりしがちですが、ご両親からすると初対面なのに馴れ馴れしく触れ合っているのを見ると不快感を与えてしまいます。

普段よりも距離をあけて座るように心がけると、良い印象を持たれるようです。

ライター