一人暮らしで貯金をするための5つの方法:平均貯金額も紹介!

一人暮らしをしていると、家賃に光熱費、食費など、暮らしていくだけでお金がかかり、なかなか貯金をすることが難しいと感じている方も多いです。

しかし、ある日突然病気になったり、働けなくなったりしてしまうことも。

そんな不測の事態に備えて、少しずつでも貯金をしていくことは、日々の安心にもつながります。

ここでは、一人暮らしをしながら貯金をする方法を5つご紹介するとともに、男女、年齢別の平均貯金額も併せて紹介します。

よかったら参考にしてみてください。

一人暮らしで貯金する方法5つ

1.普段の出費を見直してみる

毎月、なんとなく手元にあるお金を使ってしまっていませんか? 

まず、どのような時、何にお金を使っているのか、自分自身のお金の使い方に目を向けましょう。

使い方を振り返り、「この出費は必要」、「これはしなくてもいいムダな出費だったかも…」と分析します。

自分にとって必要な出費とムダな出費がわかれば、お金を使うとき、「これは必要な出費かどうか」を自然と意識するようになるでしょう。

少しずつでも無駄遣いが減っていけば、それだけお金が手元に残っていくようになります。

2.固定費を見直してみる

日々払うものだけでなく、月ごとに払う光熱費、趣味のお金などを見直すことは、より大きな効果があります。

ついついつけっぱなしの電気やエアコン、出しっぱなしのシャワー。光熱費は気づかないうちにどんどん上がってしまいがちです。

必要な分だけ使う、と心がけて、細めに消したり止めたりするだけでも、光熱費は目に見えて減るものです。

毎月効果が分かりやすいぶん、モチベーションアップにもつながるでしょう。

また、なんとなく続けている習い事の授業料や、動画配信サービスの月額料金など、趣味にかかるお金。

きちんといつも利用しているならいいのですが、なんとなく惰性で加入しているだけ、というようになっていないか、一度振り返ってみるのもよいでしょう。

3.収入があったら、すぐにいくらかを貯金に回す

お給料が入ったら使い、最後余った分を貯金しようと考えている人も多いでしょう。

しかし、人はお金があれば余裕を感じてしまい、ついつい使ってしまいがちです。

そして、毎月ほとんど残らず、貯金が増えていかないという悩みにつながります。

毎月、収入があったら、すぐにいくらかを貯金に回してしまいましょう。

少額からでも、職場の積立制度を利用したり、銀行などの積立を利用するのも効果的。

最初に貯金を済ませてしまうことで、貯金できたという安心感を得るだけでなく、後どのくらいのお金でやりくりしたらよいのか分かります。

4. 貯金の目的を決める

貯金がないと不安、という漠然とした目的だけだと、なかなか貯められないこともあります。

そんなときは、今自分が欲しい物は何か、やりたいことは何かなど、自分にまとまったお金があったら何に使いたいかを考えてみましょう。

明確な目的があれば、欲しい物、やりたいことを手に入れている自分という、貯金に成功した姿をイメージしやすいです。

俄然、貯金のモチベーションが上がり、わくわくしながら貯金することができるでしょう。

5. 新たな収入源を考えてみる

忙しい毎日に加え、新たに収入を増やすことは、実際、なかなか難しいかもしれません。

しかし、平日の隙間時間や、休日に少しずつできることもあります。

企業のモニターをしてみたり、ブログサイトを運営し、広告収入を得たり、フリマアプリに出品したり。

自分に合った方法を探してみるのもよいでしょう。思わぬ収入源が見つかるかもしれません。

一人暮らしの平均貯金額(年代別)

では、一人暮らしをしている人は、どのくらい貯金があるのでしょうか。

ここでは、男女、年齢に分けてご紹介します。

平均値のデータには、年収はないけれど貯蓄額の多い高齢単身世帯など、平均を大きく押し上げている世帯も含まれますので、中央値を参考にするとよいでしょう。

現在貯蓄高平均値、中央値

男性 平均値:1118万円 中央値:480万円

女性 平均値:1279万円 中央値:679万円

男性 現在貯蓄高と年間収入(平均)

40歳未満:373万円(年間収入 407万円)
40歳代:796万円(年間収入 439万円)
50歳代:1482万円(年間収入 497万円)

女性 現在貯蓄高と年間収入(平均)

40歳未満:264万円(年間収入 317万円)
40歳代:959万円(年間収入 394万円)
50歳代:1383万円(年間収入 359万円)

男女ともに50歳代になると、平均貯金額は1000万を上回ります。

年間収入額自体にはそこまで大きな変化はないにも関わらず、40歳未満の貯金額に比べ、40歳代以上になるとぐんと貯金額が上がっています。

20代、30代の収入は比較的低めであり、働き始めてそれほど間もないことが主な理由でしょうが、40歳代、50歳代になると、退職後、老後の生活を現実的に考えるようになってくるようになり、よりしっかり貯蓄をしておこうという意識が働くこともあるのかもしれません。

このデータには、一人暮らしの人達の、堅実的な傾向が表れていると言えるでしょう。

引用元:平成26年全国消費実態調査 単身世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果(総務省統計局)

記事の著者

貯金・節約の悩みをもっと見る