別れたいけど別れられない?旦那と別れたいと思う理由5つ

毎日一緒に居たくて結婚した人でも、何かがきっかけでその気持ちが180度変わってしまうことがあるはずです。

世の中の奥様達はどんな時に「もう一緒に居たくない」と思い、またその逆で旦那さんが奥さんと別れたいと思うのでしょうか。

今一度ご自身を振り返り、理由に思い当たる節があれば少しずつ改善していきましょう。

二人の仲直りのきっかけになる香水についても紹介しているので、チェックしてみてください。男性の体の研究を重ねて開発された、思わず男性が惹きつけられてしまう特別な香水です。

新しい香水を使うことで、会話のきっかけにしてみるのもおすすめです。

「リビドーロゼ」をチェック!

旦那と別れたいと思う時

真剣に離婚を考えている人はこちらも読んでみてください。参考になるかもしれません。

関連記事:離婚の手順と5つの条件を解説:別れを考えている夫婦は必読

金銭感覚が180度違っているとわかった時

交際中にはじっくりお金のことや貯金のことを話すことは少ないかもしれません。

つまり金銭感覚というものは結婚してからよくわかる事柄の一つではないでしょうか。かなりの浪費家だったりギャンブル好きだったりすると、将来に不安も感じます。

こうなると共に生活していくことに自信を失うものですよね。

関心を持ってくれなくなった時

結婚して数年は誕生日を祝ってくれてたのに、年数を重ねるごとに無関心になってくる旦那さんも世の中には少なくないはずです。

帰ってきて「ただいま」の一言がなくなったり、相談事をしてもそっけない態度を取られたり、名前を呼ばれなくなったりすると悲しくなるものです。

「私に関心がない?」と感じた時には別れたくなってしまいます。

そんなときに試して欲しいのが「リビドーロゼ」。マンネリ化した旦那さんとの関係にも、この香水を使うことでアクセントを加えることが可能です。

お互いきっかけがないだけで本当はもっと仲良く過ごしたいのかもしれません。そんなすれ違いをなくすためにも、こちらの香水をぜひ試してみてください。

「リビドーロゼ」で夫婦円満に!

やることなすことにケチをつけてくる

昔はなにも言わなかったようなことに対しても嫌味を言ったりケチをつけてくるようになると自分が存在価値のない人のように思えてしまいます。

そうなると生活も楽しくありません。こんな時には別れたくなってしまいます。

否定的なことしか言わなくなった時

夫が自分に向かって仕事が辛いとか、こんなことがあったとか言ってくるので意見を言うと、それに対して結局否定的な返ししかしてこないことがあります。

疲れたとかを言ってくるので、「マッサージする?」「ちゃんとお風呂に浸かって」など身体を癒そうと言葉をかけても「意味がない」と否定された時には妻をやめたいと思ってしまいます。

加齢臭を指摘すると怒り出す

臭いを指摘して、「ここを洗うようにしたら?」なんて言葉をかけると怒り出してしまうこともあるそうです。

外でコソコソ噂されたりすると可愛そうだと思い、食事でなんとかならないかと色々調べたり工夫したりしてるのに、怒られると家出したくなります。

自分がよかれと思ってやっていることも、相手はありがた迷惑だと感じている可能性もあります。独りよがりにならずに相手の気持を考えて行動しましょう。

別れたいと思う瞬間は結婚生活が長くなればなるほど多く現れるかもしれません。夫婦間で解決できることは解決して、できるだけ離婚にたどりつくことは無いようにしたいものです。

旦那が妻と別れたい理由

では逆に旦那さんが奥さんと別れたいと思う時や、その理由はどういったものでしょうか。自分に当てはまるものがあったら、直す努力をしましょう。

生活スタイルの違い

独身の時は、自分の好きな生活スタイルやリズムを貫くことができますが、結婚するというのは、時にはそれを崩して相手に合わせること。

慣れない生活に、イライラしてしまう男性も多いようです。

また、自分のテリトリーに無断で入られることに対してストレスを感じるのも、「別れたい」 と思う理由になるみたいですね。

ご主人が家に帰ったら常に寝ている

仕事の都合で帰りが遅いご主人も多いと思います。とは言っても、自分が子供の生活サイクルに合わせると朝が早くなるので夜は早く寝なければいけない事情もあります。

ただ毎日すれ違いの生活を続けていると次第に相手に対する情も薄れていき、いざ顔を合わせても会話の無い「冷めた夫婦」に。毎日とは言いませんが週に一回ぐらいはご主人が帰宅するまで待ってみては?

「今日は起きてくれていたんだ」と奥様に対し少しキュンとします。多くの男性は「けなげな女性」に弱いのです。

セックスレス

子供を2人、3人と産んだ女性は急速に性欲が薄れます。ご主人が求めても何かと理由を付けて断る。酷かもしれませんが3回誘われたら1回は受け入れてあげましょう。

男性は40代半ばまで性欲は旺盛。奥様からの愛情は夜のお勤めから感じ取るという非常に単純な所があります。毎回断られ続けると奥様からは次第に気持ちが離れ、性欲のはけ口がなくなった男性はおのずと外へとそれを求めます。

女性には理解しがたいかもしれませんが男性はそのような単純明快な性(さが)の持ち主なのです。

そんなときに役立つのが「リビドーロゼ」。ベッド専用の香水として販売されています。普段かまってくれない奥さんが、自らセクシーな香りをさせていたら旦那さんはきっと喜ぶはず。

子育てに家事に大変かもしれませんが、旦那さんに奥様にしかできない特別なことを体験させてあげることも、その後の夫婦円満のための大切な心がげではないでしょうか。

「リビドーロゼ」をチェックする!

何かと家事を言いつける

ご主人が仕事から家に帰ったとたんに「ゴミ捨ててきて」「お風呂掃除して」と矢のような家事の催促。ご主人が「少し休ませてくれよ」と言ったら「家事は分担って言ったでしょ!」とピシャリ。

共稼ぎの夫婦の場合は奥様も外で働いているので家事分担も当然かもしれませんが、男女均等の世の中でもまだまだ男性の方が責任の重い世の中。

仕事のストレスを背負い帰ってくる方は家庭でほんのひと時の安らぎを求めて帰ってきます。帰ってきたら「明日ゴミの日だから捨ててきて」と玄関にゴミをどさっ!なんてげんなりします。

外で常にご主人の悪口を言う

ご友人や奥様同士での集まりで何かとご主人の悪口ばかり口にする。長年一緒に暮らしていると当然欠点が多く見えてきますので無理もないかもしれません。

だけど、忘れないでください、悪口は必ず本人に伝わります。誰かがチクるのではなく雰囲気で感じるもの、ご友人同士でも経験あるのではないですか?

まして一緒に暮らしている相手では必ず「空気の悪さ」を感じ取ってしまいます。少しはご主人の良い所も見つけて、欠点が9個あっても1個は良い所を見つけてあげましょう。

子どもに時間を取られすぎる

子供の将来を考え一生懸命「母親」を務める。母親として当然であり、立派な務めです。

ただ、あまりにも熱心になりすぎで「母」になりすぎて、「女性」を忘れていませんか?たまの外食時に念入りにメイクしたり「女性」らしい振る舞いをご主人に見せるといいかもしれません。

男性のほうは、妻が子育てにばかり夢中になっているのを、寂しい思いで見ている人も多いのです。あまりにも自分に関心が向かないと、
「別れたい」という心境にもなってしまいます。

ご主人も時には女性に甘えたいものなので、時折、恋愛・新婚当時を思い出し、普段と違った側面も見せてあげてください。

金遣いが荒い



女性に「趣味は?」と聞いて「ショッピング」と答える人は多いですが、時にはストレス解消の為の「暴動買い」となる人も。

独身の時にギャンブルやショッピングにハマっていた人は、節約して自分のことにお金を使えなくなるのが苦痛になり、「別れたい」と考えるようになることも。金銭感覚は簡単には変えられませんからね。

また、金遣いの荒いパートナーを持って将来が不安になるのは男女とも同じです。お買い物は常に計画性を。

クローゼットの中が見る見るうちに新しい洋服が並んでいくのを見るのも快感ですが、たまにはご主人にも「これ似合いそう」と、シャツの1枚でも買ってあげては?

話し合いができなくなった

恋人の時は色々と相談に乗ってもらって、何でも言える仲だったのに、結婚してからは些細なことでけんかばかり。

男性が自分の考えを伝えても、奥さんが「それは言い訳だ」といって話を聞いてくれなくなると、「別れたい」と感じてしまうようです。

話しても無駄だ、という結論に落ち着いてしまうんですね。

自分に関心がなくなった

恋人だった時の記念日や誕生日は、プレゼントや甘い言葉を贈り合っていた二人。でも結婚してからは生活に追われ、そういった行事が忘れ去られてしまいがちです。

お互いを「男女」というより「家族」として見てしまうようになるのもひとつの原因ですね。

最近はマメな男性も多いため、淋しくなって「別れたい」という気持ちになる人もいるようです。

新婚生活が想像と違う

幸せな結婚生活って、誰もが憧れますよね。

でも、実際は想像していたのと違ったり、そこまで幸せを感じられないと、落ち込んで「別れたい」と思うようになる男性もいるようです。

二人の生活が予想以上にすれ違ってしまったり、忙しくてつい女性らしさをおろそかにしたり。女性にとっては仕方ないようでも、男性は思いのほか、ショックを受けることが多いようですよ。

旦那と別れたいけど別れられない理由

子どものことを考えて

旦那と別れたいと感じても、子供の成長には親が二人そろっていたほうがよいので離婚を踏み止まってしまうという人は非常に多いです。
特に子供が小さいうちは、一緒に遊んでくれるお父さんとも、優しいお母さんとも一緒にいたいと思うものなので、子供のことを考えたら別れることをおすすめしません。

もし別れてしまったとしても、ひとりで育てていくのは金銭的な面でも難しいでしょう。

お金がないから

二人とも働いていた場合は別れて自立することも可能かもしれませんが、もし専業主婦だった場合は就職先を見つけることから始めなければなりません。

結婚しても将来どうなるかわからないので、何かしらの資格を取っておいたり、昔働いていたところの人と連絡を取り合ったりすることも必要かもしれません。

また、今から就職を考えている方にはこちらの「就職Shop」をおすすめします。キャリアコーディネーターがひとりひとりと面談をして、ぴったりの仕事を紹介してくれます。

どうしていいかわからない方は、まずこちらのサイトから情報をゲットしましょう。

就職Shopで面談する

妊娠中だから

旦那と別れたいと思ったときに妊娠している場合は、生まれてくる子供のことも考えなければなりません。養育費などの金銭面はもちろん、片親しかいないことで子供に不自由をさせるようではいけません。

また子育ての最中に旦那さんがいないことで、精神的な支えがなくなり、つらくなってしまう奥さんもいます。

旦那と別れたいと思ったときは

旦那さんと別れたいと思う理由は、さまざまでしょう。しかし、別れたいと思ったときは感情的になるのではなく、一度自分の中で冷静に考えましょう。

別れた後、現実的に考えて暮らしていけるのか、仕事はあるのかなど将来の見通しをある程度たてておかなければ、大変なことになってしまうかもしれません。

また、第三者に意見を聞いたり、相談にのってもらったりするとよいでしょう。

ご縁があって結ばれた大切なパートナーです。すぐに離婚を考えるのではなく、時々で良いので、まずはささやかな思いやりの気持ちを与えてあげてください。

Tags

ライター