職場でパワハラを受けた際の対処法は?まずは相談することが大事

職場でパワハラを受けて際の対処法ですが、パワハラの深刻度や、相手が誰なのか、どうしたいのかなどによって対処法が変わってきます。

まずは、信頼のおけるまわりの人に相談し、冷静になって、対処法を考えましょう。

今回は、職場でパワハラを受けた際に行うべき対処法について紹介します。相談する相手も様々います。悩んでる方は参考にしてください。

まずは相談してみましょう

パワハラを受けているので、精神的に追い込まれていると思います。まず、冷静になるためにも、家族などの信頼できる人に相談しましょう。

状況を理解してもらえるからと、社内の人に相談するのは、大変危険です。他の人経由で、パワハラの加害者本人の耳に入る恐れがあります。

社内の人以外に相談することで、少し冷静になったあと、どうするべきか考えましょう。

パワハラを意思表示して相手に伝える

ハラスメントとは、受け取り方の問題なので、相手は嫌な思いをさせているとは、気づいていないかもしれません。

上司の場合など、言いづらいかもしれませんが、その言動は、パワハラですよと伝えてみましょう。

もしかしたら、あなたへの対応が変わるかもしれません。変わらずに、さらに深刻になった場合は、とにかく毎日どんな言動をされたか記録をつけましょう。

毎日記録をつける

毎日記録をすることで、どれだけのパワハラを受けていたのか、人の相談する際に明確に伝えることができます。

記憶は時間がたてば、薄らいだり、自分の都合のいいように書き換えたりしてしまうことがあります。相手と第三者を交えて話し合う、相手を訴えるなどの際も、記録などの証拠が必要です。

証拠としては、画像が一番ですが、ボイスレコーダー、社内メールもかなり有効です。記録メモは、実証するのが難しいですが、何もないよりはいいでしょう。

会社の専門部署に相談する

いきなり外部でもいいのですが、まずは会社の専門部署があれば、そちらに相談をしてみてはいかがでしょうか。

少しずつでも、パワハラが収まればいいですが、なかなか動いてくれない状態が変わらない、まわりからのハラスメントも増えるなど、状況がもっとひどくなった場合は、外部の専門機関に相談しましょう。

労働局または労働基準監督署に相談してみる

パワハラは、厚生労働省で定義されているので、判断がつきやすいハラスメントです。今までの証拠をもって、相談に行きましょう。

この場合、本人に直接ではなく、会社に勧告となる場合が多いです。

パワハラ専門の弁護士に相談

裁判となると、弁護士に相談しなくてはなりません。その場合は、証拠があるかどうかが重要となります。

証拠がない場合は、裁判を起こすのは難しく、時間がかります。また、会社の専門部署で事前に相談したかどうかも大切です。会社に相談したのに、隠ぺいした、組織ぐるみだったなども、なくはない話です。

パワハラを受けた場合の対処法ですが、あまり我慢せず、まずは相談しましょう。勇気を持って行動することが、パワハラ対処の第一歩です。我慢して精神的疾患を発症する方もいますので、体に異変が起こる前に少しずつ、対処していきましょう。

必ず解決方法は見つかりますので、あきらめずに前進しましょう。

記事の著者

職場の悩みをもっと見る