葬式のメイクってどうすればいい?気になるマナーとメイク方法を紹介

訃報は突然に伝わることがほとんどです。葬式に参列することになると、まず喪服のことを考えなければなりませんが、女性の場合は、メイクのことも、とり急ぎ考えねばなりません。

お祝いのときは、美容院などでプロの人にメイクをしてもらうこともできますが、難しいのが葬式のときのメイクです。

急な訃報で慌ててしまい、何時もどおりのメイクで参列してしまうと、周りから浮いてしまいかねません。また、ノーメイクは、絶対避けなければなりません。

ここでは、大人の女性なら知ってい流べき、葬式に参列するときに恥をかかないメイクのルールとマナーについて紹介します。

ベースメイク:自然な仕上がりに

ベースメイクで、気を付けたいのが質感です。ファンデーションを塗ったときに、マットで自然な落ち着いた色合いにすることが必要です。

また、BBクリームを使うのも有効です。BBクリームを、顔に薄く塗り、パウダーで抑えるだけでも、適切に仕上がります。

最近のファンデーションには、細かいラメが入っているものや、光を集める効果を出すようなものが有ります。これらのものは、ツヤ肌に仕上がりますのであまり使うべきではありません。

眉:形を整える程度

太い眉、角度のある眉や短めの眉は、活発なイメージを与えるので葬式では避けるべきです。あくまでも、形を整える程度で自然に仕上げるのがポイントです。

眉はペンシルタイプのもので描くと、くっきりとした仕上がりになってしまい、葬式にはふさわしくありません。パウダータイプのアイブロウを使い、自然にぼかしたような雰囲気に仕上げるのが適当です。

色は、ダークブラウンのような自然の色を使うのが基本です。

眉の色を髪の毛の色に合わせている人も多いと思いますが、葬式のときは明るい色は避けるべきです。

目:目力アップのアイメイクにならないように

アイシャドウ

アイシャドウは付けて行ってもかまいませんが、色に注意が必要です。ベージュなど目立たない色のものを塗るときは、アイホール全体に塗っても構いません。

ブラウン系を使うときは、伏し目になったときに色が目立つことが有るので、目じりの三分の一程度に入れるのが良いでしょう。

パールやラメを含むもの、ピンクやブルーといった華やかな色、ツヤ感の出るものは選んではいけません。

アイライン

アイラインは、目力アップを避けるために目全体に入れるのではなく、目じりの部分のみに入れるようにします。

色は黒やダークブラウンと言った色を使い、太くならないようにいれることが必要です。

葬式においては、涙を流すことも有りますので、ウオータープルーフタイプのものを使うようにすると良いでしょう。

マスカラ

マスカラを付けるときに、ビューラーでまつ毛を上げると目力がアップしてしまうのは、あまり好ましくありません。

マスカラをつけるときにはアイラインと同じように、目じり部分にのみにつけるようにします。

アイラインと同じように、ウオータープルーフタイプのものを使うのが良いでしょう。

カラーコンタウト

カラーコンタクトは目力を上げる効果が有り、派手な印象を与えがちです。

葬式のような場では、あまり使うべきではないでしょう。

口元:口紅は薄い色を使う

口紅はつけないと不健康に見えてしまうので、つけていないように見えるという程度の色のものを選びます。

顔色が悪く見えてしまう恐れのある、深いブラウンなどは避けましょう。ベージュ系のナチュラルな極めて薄い色のものを選ぶと良いです。

鮮やかな色を避け、パールやラメの入ってないものでグロス感のないものをおすすめします。

頬:顔色が悪くみえない程度に

チークは基本的に、ほんのりと血色の良い顔色に仕上がるので使う必要はありません。

ただ、チークがないと顔色が悪く見えてしまうというような場合には、薄付きのものを採用して、丸く入れるのではなく、頬骨の位置を意識して入れ、チークを入れていることを気づかれないようにぼかしておくと良いです。

ハイライトやシャドウも顔にメリハリをつけるものであり、葬式には合わないので、使わない方が良いでしょう。

爪:爪は切りそろえてネイルは落とす

爪はキレイに切って整えます。

ネイルは落として行くのが基本ですが、ネイルを使いたいときには、ラメやメタリック調にならない、透明、ベージュ系、うすいピンクなどの色を選びましょう。

すぐに自分で落とせないジェルネイルなどをしている人は、ベージュ系のマニキュアを上から塗って隠すようにすると良いです。

ネイルアートやラインストーンが付いている場合は、喪用の手袋で隠すのも一つの方法です。しかし、手袋を外さなければならない場面もあるので、あくまでも一時的な対処法になります。

ヘアースタイル

葬式に参列するときに、ヘアースタイルで気を付けなくていけないのは、髪の色と、髪の長さです。

最近は髪の毛を、金髪やメッシュといったオシャレに染めている人も増えています。そのままで葬式に出席するのは、派手さが目立ち好ましくありません。

黒やダークブラウンに染めなおすのが好ましいですが、時間が無い場合は、葬式用のウィッグを使うのも一つの方法でしょう。

次に気を付けたいのが、髪の長さです。ショートや肩の長さのセミロングといった人はそのままで問題有りませんが、長い場合は、邪魔にならないようにまとめる必要が有ります。

一般的に慶事では耳より上でまとめ、弔事では耳より下でまとめましょう。華やかな印象を与えるまとめ方は、選ばない方が良いです。

黒や茶色のゴムと光沢や飾りのない髪留めで、一つ結びにまとめます。前髪が長いときは、黒いピンで留めておきましょう。

通夜参列の場合のメイク

葬式よりも前に、急に参列しなければならない儀式として通夜があります。

色々なことをとり急ぎ準備する必要があり戸惑いますが、女性の場合、難しいのが葬式と同様にメイクです。

基本的には、葬式と同じようなメイクが適切ですが、仕事帰りに参列しなければならないようなときには、アイシャドウ、チーク、口紅のこの三か所の色を抑えればメイクをし直す必要はありません。

ティッシュやマット感のあるフェイスパウダーを有効に活用するのも、一法でしょう。

まとめ

葬式は故人を偲び、遺族や親族に哀悼の意を表す厳粛な儀式です。葬式への参列は、突然求められます。

しかし葬儀に参列するときのメイクには、上に紹介したようなルールがあります。

葬式には、ルールに従ったメイクで参列し、目立つことなく、厳粛な雰囲気の中で哀悼の意を表すことが大切です。

記事の著者

冠婚葬祭の悩みをもっと見る