脱毛前後のお酒はなぜNG?脱毛効果が下がる可能性も!

脱毛をするさいには注意事項がいくつかありますが、その中でも特に気をつけることで挙げられているのが飲酒です。

脱毛前後に飲酒は良くないということは脱毛サロンやクリニックから必ず説明があるため聞いたことがある人がほとんどだとは思いますが、なぜ飲酒が良くないのかを理解している人は少ないと思います。

そこで今回は脱毛前後にお酒を飲むことがダメな理由に関して詳しく説明していきたいと思います。

脱毛前後の飲酒によって実際に肌トラブルが起きてしまったという事例もあるので、注意が必要です。

脱毛前にお酒を飲むことがNGの理由

脱毛施術前に飲酒をしてはいけない理由として、施術中に痛みや痒みを感じてしまうといった肌トラブルを起こしやすくなることや、施術中に気分が悪くなってしまうことなどが挙げられます。

肌が敏感になり肌トラブルを起こしやすくなる

脱毛施術前に飲酒をすると血行が良くなることで身体の体温が上がり、火照りを感じやすくなります。その状態で脱毛をすると脱毛機の光やレーザーの影響で肌に熱がこもりやすくなります。

そのため通常の状態より熱く感じやすく、激しい痒みを生じることもあります。

施術中に気分が悪くなりやすい

お酒を飲んで酔った状態で脱毛を受けた場合、気持ち悪くなりやすく、場合によっては吐いてしまうこともあります。脱毛は肌に刺激を与えるので、少しのことでも身体が敏感に反応してしまうので気を付ける必要があります。

脱毛後にお酒を飲むことがNGの理由

脱毛施術後に飲酒をしてはいけない理由として、脱毛効果が落ちてしまう可能性があったり、痒みや湿疹など肌トラブルを起こしやすくなることが挙げられます。

脱毛効果が落ちる可能性がある

脱毛後に飲酒をして身体の体温が上がってしまうと水分が蒸発して、肌が乾燥状態になります。

肌が乾燥すると水分量が失われ、皮膚が硬くなってしまい照射した光が毛根まで上手く届かなくなり、毛が抜けない状態になるため脱毛効果が落ちてしまう可能性があります。

せっかく高いお金を払って脱毛をしているのだったら、効果は最大限に発揮して欲しいですよね。

痒みや湿疹など肌トラブルを起こす場合も

脱毛後は皮膚に熱がこもり、肌に赤みやかゆみが出やすくなっている状態なので、多くの脱毛サロンでは、脱毛後に冷却ジェルなどで肌を冷やして、赤くなることを防いでいます。

飲酒をすると血行が良くなり、脱毛した施術部位に痒みや湿疹が起こることがあります。

また酔っ払って無意識に肌をかきむしったりしたら肌に傷が残ってしまうかもしれません。

脱毛前後、どのくらいに期間をあけたらお酒は飲んでOK?

では、どのくらいの期間をあければ飲酒をしても大丈夫なのでしょうか。

脱毛の施術前後の飲酒は、一般的には身体からお酒が抜ける12時間はあけるべきです。アルコールの分解の速さは人によって個人差があるため、脱毛の前日はお酒を飲まないことをお勧めします。脱毛後は赤みや火照りが落ち着くまでは禁酒するべきです。

赤みや火照りが収まってからも、皮膚はデリケートな状態であることには変わらないので、できれば数日は禁酒することをお勧めします。脱毛後にお酒を飲んで、皮膚が痒くなり掻いてしまうと肌がボロボロになってしまうので、肌トラブルを防ぐためにも脱毛前後は禁酒するようにしましょう。

もちろん、仕事の付き合いで急に脱毛の前後に飲み会が入ってしまうこともあるでしょうから、飲み会自体を断れない場合はお酒を控えてソフトドリンクで参加することをおすすめします。

肌トラブルを避けるためにも、脱毛前後の飲酒には注意しましょう。



また今通っている脱毛サロンではなかなか脱毛が完了しない、早く終わらせたいと考えている場合には銀座カラーをおすすめします。

銀座カラーでは、1年間に最大8回通えて、さらに全身脱毛が1回たった60分で施術できてしまうので、忙しい人でも空いた時間に行けてしまいます。

全国に51店舗展開しているので、近くの店舗がきっと見つかるはずです。

さらに他サロンからののりかえ割で最大6万円offとなります!ぜひ見てみてください。

銀座カラーの全身脱毛をチェックする

記事の著者

美容・スキンケアの悩みをもっと見る