美容整形で幅広二重を手に入れよう:埋没法と切開法の違いやデメリットも紹介

一重は美人顔に見えると言っても、やはりぱっちり二重には憧れますよね。

二重を作る方法も、アイプチなど化粧のようなものから、整形で半永久的に二重にしてしまうという方法もあります。

今回は、整形で作れる二重の種類や、埋没法と切開法の違い。幅広の二重を作る際に気をつけたいことなども紹介します。

美容整形で二重にするメリットと手術方法

美容整形を受けることで、お金をはかかりますが、簡単かつ半永久的に、二重まぶたを手に入れることができます。

また受ける施術によっては生まれつき二重だったかのように自然な仕上がりになるので、アイプチとは仕上がりが全然違います。

美容整形で二重を作る際には、埋没法と切開法の二種類の手術方法があります。

埋没法

埋没法は、メスを使わずに瞼の上に小さな鍵穴をあけ、その穴から糸を通します。

糸でまぶたを引き上げ、結んで固定します。まぶたが自然な形で持ち上がるのが魅力です。

メスを使わないので体への負担が少なく、2、3日で普段通りの生活をすることができるのも嬉しいです。

切開法

切開法は、まぶたの上にメスを入れて人工的に二重を作る方法。

埋没法よりもすっきりとしますが、腫れや内出血などが引き、日常生活に戻れるまでに、2週間ほどかかる時があります。

整形で作れるはっきり二重は二種類

二重と一言で言っても、奥二重やはっきり二重など種類があります。

美容整形でできる二重には種類があり、生まれつき二重だと錯覚するほど自然な仕上がりの末広タイプ、程よくぱっちり目元の幅の狭い平行タイプ、外国人の雰囲気をかもし出す幅広平行タイプと大きく分けると3種類あります。

幅広の二重にしたときのデメリット

整形だとばれるリスクが大きい

二重瞼は幅が広ければ広いほど目元の印象が良くなり、パッチリ二重の美人に見えるのは間違いないのですが、意外な落とし穴があるのをご存知でしょうか。

意外な落とし穴とは、整形であるとばれる危険性があることです。幅広の二重まぶたは、顔の印象を大きくかえてしまいます。

そのため、整形前の自分を知る人と会った時、簡単に整形を受けたことを見破られる可能性があります。

腫れなどのリスクがある

元々、一重やまぶたが厚いかたが幅広の二重まぶたを手に入れるとしたら、切開する必要な場合が多いです。

そのため、内出血などのリスクを伴う危険性があります。もちろん、お化粧で隠せる程度と言われていますが、やはり腫れや内出血が起こることに変わりはないので、覚悟のうえで受けるようにしましょう。

埋没法だと一重に戻るリスク

せっかく腕のいいドクターと巡り合え、幅広の二重を手に入れたとしても、また一重に戻るリスクがあることを覚えておきましょう。

元々まぶたの脂肪が厚い人が、幅広の二重まぶたの整形施術を受けた場合、一重まぶたの方にくらべ、戻りやすいという報告があります。

特に埋没法の場合は、まぶたを糸で止めているだけなので、一重に戻すこともできるというのが安心な反面、持続するという保証はされないので注意が必要です。

半永久的に二重にするならやっぱり美容整形

一重まぶたの人の多くが二重まぶたに憧れを抱いています。

美容整形ならば半永久的に二重まぶたを手に入れられるのに加えて、クリニックによってはアフターケアとして万一施術前の状態にまぶたが戻れば再度施術を無料で受けられるという事例もあります。

大抵の場合ではカウンセリングを受けてから、実際に手術をするかどうか決める時間をもらえるので、迷っているという人は一度診断を受けて、自分にあった施術方法や費用を聞いてから考えるというのも良いかもしれませんね。

記事の著者

整形の悩みをもっと見る