多汗症の見分け方から手術方法まで紹介:おすすめのクリニックも!

暑いわけではないのに汗が止まらない、手汗で書類が湿ってしまうなど、汗が日常生活に支障をきたしている場合は多汗症かもしれません。

多汗症は適切な手術を受けることで治すことができます。

汗の臭いやシミが気になって仕方ない!という方も、手軽に受けられる治療法があります。

多汗症の症状、手術内容や費用を紹介します。

多汗症とは?どこまでのレベルだと病気?

汗は誰でもかくもの。では一体どうやって、自分が多汗症かどうかを判断すればよいのでしょうか。

多汗症は全身に大量に汗をかく全身性多汗症と、顔やわきの下、手のひらなど体の限られた部分に汗が増える局所多汗症があります。

多汗症は、体温調節を必要としない状況でも汗をかく症状であり、気温の上昇や運動など、体温調節のために大量に汗をかくのは単なる汗っかきです。

原因としては、精神的なストレス性、遺伝、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

多汗症の治療方法と費用

交感神経を切除する手術

多汗症の治療法として一般的なのが、交感神経を切除する手術です。内視鏡手術によって、胸部の交感神経を見つけて切除します。

手術時間は1時間程度で、費用は保険が適用されれば7~10万程度です。この手術における効果は半永久的で、多汗症を完治させる方法として注目されています。

しかし副作用として、手術した部分以外から汗が出る代償性発汗という症状が発生し、交感神経の切除範囲が広いほど汗の量が増えます。

超音波で治療

他にも、「ミラドライ」と呼ばれる超音波で汗腺を破壊して、汗腺そのものを吸引するメスを入れない手術法です。

手術時間は1時間半程度で、費用は25~35万円程度です。術後は腫れやチクチクした痛みが発生する可能性がありますが、数週間から半年ほどで解消できます。

ボトックス注射で治療

比較的多汗症の症状が軽い方には、ボトックス注射による治療がおすすめです。

多汗症のもとであるアポクリン汗腺やエクリン汗腺の働きを抑えることができ、症状を軽減させます。

治療時間は15分程度で、費用は2~10万円程度です。

手軽でリスクが少ないですが、持続期間は3~6か月と短いため繰り返し注射を受ける必要があります。
参考元:https://201navi.jp/3386.html

多汗症の手術や治療をしてもらえるおすすめの美容整形病院2選

共立美容外科

こちらのクリニックでは超音波+ローラークランプ法という、傷跡が残らず痛みもほとんどない、共立美容外科オリジナルの治療法がおすすめです。

症状の軽い人から重い人まで、幅広く対応してくれます。

  • 住所東京都渋谷区代々木2-9-2 久保ビル7F
  • アクセス新宿駅 徒歩1分
  • 料金超音波+ローラークランプ法 43万2,000円 ボトックス注射 10万8,000円
  • 営業時間AM10:00~PM7:00
  • 定休日年中無休
  • 電話番号0120-500-340
  • 公式HP共立美容外科【公式】|美容整形、美容医療専門クリニック
  • 湘南美容湘南美容クリニック

    症例数83,170件の実績があり、初めて治療を受ける方にもおすすめです。

    自分が納得いくまで、カウンセリングをしっかり行ってくれます。

    術後納得のいかない場合は、保証制度が充実しているので再手術を行うことも可能です。

  • 住所東京都新宿区西新宿6丁目5 西新宿6−5−1 新宿アイランドタワー24F
  • アクセスJR新宿駅西口徒歩10分
  • 料金ミラドライ 両ワキ1回35万円 ボトックス注射 1万2,960円
  • 営業時間10:00~19:00
  • 定休日年中無休
  • 電話番号0120-548-940
  • 公式HP【公式】美容整形なら湘南美容クリニック
  • 記事の著者

    病気の悩みをもっと見る