脱毛前後の運動NGの気になる理由:なぜダメなの?いつからなら平気?

脱毛をサロンでする際に、脱毛をする前後の運動は控えるように、注意事項として言われることがあります。

なぜ、脱毛前後に運動をしてはいけないのか、気になる方もいるのではないでしょうか。

今回は、脱毛前後に運動してはいけない理由と、いつからなら運動してもいいのか、について詳しく説明していきます。

脱毛した当日に運動してはだめな理由とは

脱毛前後に運動をしてはいけない理由としては、運動によって血行がよくなり、汗をかくことで、肌に赤みやかゆみが出てしまうことが問題なのです。

サロンで行う脱毛は、毛穴に光や熱を与えて毛根を破壊することで、脱毛をしています。

脱毛後は皮膚に熱がこもり、肌に赤みやかゆみが出やすくなっている状態で、多くの脱毛サロンでは、脱毛後に冷却ジェルなどで肌を冷やして、赤くなることを防いでいます。

また、脱毛する施術当日も運動を控える必要があるでしょう。

脱毛する前に運動してしまうと、血行が良い肌に熱がこもった状態で脱毛することになるため、赤みやかゆみなどの症状が起きやすくなってしまうのです。

脱毛後に運動をするとどうなるの?

脱毛後に運動をしてしまうと、血行が良くなり体温が上昇し、赤みやかゆみなどの皮膚症状が出てしまう可能性が高いのです。

さらに、汗をかいた状態では雑菌が繁殖しやすく、脱毛後のデリケートな肌の開いた毛穴から、雑菌が入り込むと化膿してしまうこともあります。

血行を良くすることでこれらの症状が起きてしまうので、脱毛後は入浴やサウナ、飲酒にも注意が必要。

どんなレベルの運動ならOK?

脱毛前後の運動は軽いものでも汗をかいたり、血行を促進させてしまうため、注意が必要。

運動をせず、身体をゆっくり休めることが望ましいのですが、どうしても運動したいという場合は室内で冷房を使って行いましょう。汗をかいたり体内温度が上がらないように注意しながら、ストレッチなどの身体を伸ばす程度の運動がおすすめ。

また、血行を促進させないためにも、お風呂に長時間入ることも避けるようにしてください。脱毛した当日は、お風呂自体を避けた方が良いです。

身体に熱もこもらないから大丈夫、と思ってプールに行く人もいるかもしれませんが、プールの水は塩素消毒をしているため、脱毛後の皮膚には強い刺激になってしまいます。

また、不特定多数の人と共有する水につかることも、避けた方が良い理由です。

いつからなら運動しても大丈夫?

肌トラブルを防ぐために、最低でも3日、できれば1週間は運動を控えた方が良いでしょう。

脱毛の翌日以降になると、赤みが減って通常のときと変わらないように感じる人もいるかもしれませんが、翌日以降ではまだ熱がこもっていたり、肌が弱っているデリケートな状態が続いています。

脱毛後は、皮膚トラブルを避けるためにも、極力運動は避けることがおすすめです。

綺麗な肌を目指すために、脱毛後は上記のことに気をつけるようにましょう。

記事の著者

脱毛の悩みをもっと見る