目元のしわを改善する美容整形5つ:値段やダウンタイムも紹介!

笑った時の目元のしわが増えたなぁと感じる時ってありませんか?また30を超えたあたりから、目元が以前よりも乾燥している気がするという人も多くなってきます。

目元のしわを自分で予防・改善するには、目の筋肉をよく動かすようにしたり、マッサージや保湿をするのが手軽な方法です。

しかし年齢を重ねるごとに、毎日のケアやメイクでは補えないほどのシワやたるみが増えていきます。

そんな人におすすめなのは、美容整形。整形と行ってもメスで切開するものだけではありません。目元に注射を出して針を出すという、初心者でも試しやすい方法もあります。

そこで今回は、目元のしわを改善する5種類の美容整形を紹介します。

幹細胞注入(再生医療)

幹細胞とは、あらゆる細胞や臓器に形を変えることができる特別な細胞のことです。

この細胞を自分の細胞から取り出し、気になる部位に注入するというのが、再生医療とも呼ばれる幹細胞注入です。

まずはカウンセリングでどの範囲を注入したいのか決め、血液検査を行い幹細胞注入日を決定。血液検査で問題がない場合は、その日に脂肪を採取します。

その後、1ヶ月ほどかけて再生医療センターにて幹細胞を培養し、注入日当日に幹細胞を注入します。

費用は5万円程度で、しこりができる、左右の大きさが違うなどのリスクを伴うので注意しましょう。

また、大きな腫れなどがなくなり日常生活に戻るまでは、2週間前後かかると言われています。

脂肪注入

こちらは自分の脂肪を注入するという方法です。自分の脂肪を注入するため、アレルギーなどの心配がないのがメリットです。

まずは、太ももやお腹などの脂肪を摂取して不純物を取り除きます。その凝縮された脂肪を目のしわ部分に再度注入するという方法です。

費用は約50万円で、しこりや凹凸ができてしまう場合があります。

日常生活に戻れるまでの期間は短く、2、3日で普通の生活ができるようになるでしょう。

自己血液療法

自分の血液を採取して遠心分離にかけ、凝縮された血小板を再度しわ部分に注入するという方法です。

即効性はなく、2週間~2ヶ月くらいで効果が現れます。

費用は8万円程度。かなり少ない確率にはなりますが、感染症のリスクがあります。

施術後は1、2日程休みを取りたいですが、その後は普通に生活ができます。

若返り注射

いわゆるボトックス注射と呼ばれるものです。筋肉の収縮を抑え、シワを改善。

費用は2~5万円程度で、注入した部分が赤く腫れたり、つっぱり感を感じる恐れがあります。

他の施術と同じく腫れが残る場合もありますが、基本的に1、2日で日常生活に戻ることができますよ。

メディカル機器

レーザーによって皮膚表面を摩擦させることで肌のターンオーバーを促進させ、しわ改善へと導く方法です。

まずカウンセリングをした後、麻酔をかけます。そしてレーザーを当て、クーリングをします。

機器によってかなり差があるものの、10万円程度かかります。

レーザーを当てた部分にかさぶたが生じる可能性があり、日常生活に戻るまでは1、2週間ほどかかるでしょう。

記事の著者

整形の悩みをもっと見る