ビジネスの場における「ご教示」の言葉の意味・使い方:注意点は?

ビジネスの場で、上司など目上の人に物事を質問する際に「ご教示願います」という表現を使います。

「教えてください」よりも丁寧な言い回しとして使われていますが、真の意味を理解せずに使っている場面も見受けられます。

そこで今回は、ご教示の正確な意味や使い方、注意点についてまとめてみました。

「ご教示」の読み方と語源

ご教示は「ごきょうじ」と読みます。「教示」という名詞に接頭語である「ご」がついたものです。

教示には「教え示すこと」「実験や調査を行う際に、研究者の意図する行動を被験者に実践させるための指示」といった意味があります。

一般的な「ご教示」の使い方

ご教示には「教えること」「伝達すること」といった意味がありますから、手法や手段、方法などを教え示してもらう際に使われます。

つまり、一般的には自分よりも目上の人に物事を教えてもらう際に「教えてください」とするところを、少し堅い表現にしたい場合に「ご教示ください」と使います。

ビジネスの場における「ご教示」の使い方

ビジネスの場においては、一時的にわからないことが出てきた際に、その解決策を上司や先輩に教えてください、と言うだけでは、相手に対する敬意が伝わりません。

そこで、より堅い表現として「ご教示ください」を使います。ただし、親密な間柄で使うと堅苦しい表現にもなりますから、相手との人間関係や教えを賜る場面を考慮して使うことが大切です。

ビジネスの場で「ご教示」を使う際の注意点

ビジネスの場でご教示を使う場合、注意しなくてはならないのが「ご教授」との使い分けです。ご教示もご教授も、物事を教えてもらう際に使う言葉ですが、意味合いは異なります。

ビジネスの場においては、ご教示とご教授が使い分けられていない事例がよく見られますので、まずはそれぞれの言葉の正確な意味を理解しましょう。

「ご教示」を英語に訳して理解を深めよう

ご教示とご教授を使い分けるには、それぞれの言葉を英語に訳するとわかりやすくなります。

ご教示は「tell」(言う)に、ご教授は「teach」(教える)に訳することができます。

つまり、ご教示は相手が知っている手法や情報を教えてもらう際に、ご教授は相手が持っている専門的な技術や学問を教え授けてもらう際に使う言葉になります。

「ご教示」の具体的な使い方

ご教示は、相手が持つ情報や手法を知りたい際に使います。事例としては、相手のスケジュールやシステムなどの簡単な操作方法を知りたい際、相手が上司や先輩の場合に使います。

「打ち合わせの日程について、ご都合の良い日をご教示いただけませんでしょうか」

「システムの操作方法について、ご教示いただけませんでしょうか」

文例のように「ご教示」は、あくまでも先方が持つ情報を教え授けてもらう際に使う言葉です。

「ご教授」の文例から「ご教示」との違いを理解しよう

ご教授の具体的な使い方を覚えることで、ご教示をより深く理解することができます。

ご教授は専門的な技術や学問を教え授けてもらう際に使いますから、文例は次のとおりになります。

「先日の研究結果をご教授くださいませ」

「プログラミングの方法をご教授くださいませ」

文例のように「ご教授」は、先方から技術や専門的な知識を教え授けてもらう際に使う言葉であることを理解して、ご教示と使い分けなければなりません。

「ご教示」や「ご教授」と似た言葉とは?

ご教示やご教授と似た言葉に「ご享受」があります。「ご享受」には「恵みを享ける」「恩恵に浴する」といった意味があり、一説には「ご教授」の誤りだとも言われています。

ご享受は「説法の教えを享受する」「インフラの恩恵を享受する」といった際に使われ、ビジネスの場ではほとんど使われない表現になりますので、「ご教示」や「ご教授」と混同しないようにしましょう。

「ご教示」を正しく使うことの意義

ビジネスの場における伝達方法も、メールが主体となってきました。

メールの場合、何度も読み返すことができますし、記録としても残ります。曖昧な表現や間違った言葉使いをしてしまうと、本来の趣旨が伝わらなかったり、相手に失礼な表現にあたることもあります。

教えてもらうことは、相手にお願いする行為ですから、敬意を念を示すことが大切です。

「ご教示」は正しく使うことが必須であり、そのことが相手からの信頼を得ることにも繋がるのです。

記事の著者

ビジネスマナーの悩みをもっと見る