喪服の基本的なマナー:正喪服・準喪服・略喪服の違いとは?

訃報を受けて、仮通夜と通夜、葬儀、告別式に参加する故人の遺族や親族、知人や友人の方もいるでしょう。

仮通夜や通夜、葬儀、告別式に参列するには、喪服の準備が必要になります。

喪服とは、仮通夜や通夜、葬儀、告別式に参列する人が、故人をしのび、弔意をあらわすために着用する礼装です。

喪服にも格式があり、参列者が遺族なのか親族なのか、知人や友人などの一般参列者なのか、また参列するのが仮通夜なのか通夜なのか、葬儀、告別式なのかなど、状況により着用する喪服の格式が異なるのです。

そこで、今回は、喪服の基本的なマナーについて紹介します。正しい知識を身につけましょう。

喪服の格式

喪服は礼装の一つで、礼装には、第一礼装・準礼装・略礼装という格式があります。喪服の格式は、正喪服・準喪服・略喪服に分けることが一般的です。

そこでまず、正喪服・準喪服・略喪服がどのような喪服なのかを紹介します。

男性の喪服

洋装の喪服

正喪服は、モーニングコートになります。モーニングコートは、黒のジャケットとベスト、黒かグレーの細かいストライプ模様が入ったズボンからなる喪服です。

準喪服は、黒無地のダブルスーツかシングルスーツです。黒のビジネススーツは、喪服には向かないので、注意する必要があります。

なぜ黒のビジネススーツが喪服には向かないのかというと、理由は生地の違いです。

喪服のブラックスーツは、昼夜や天候にかかわりなく、光沢の無い漆黒色に見える工夫がされています。しかし、ビジネススーツは、この工夫がなされていません。光によって、色がグレーの服のように見える事があるため、喪服には向いていないのです。

略礼服は、黒や濃紺、グレーと言ったダークカラーのスーツです。カジュアルにならない、控えめの地味なスーツを選ぶことが必要になってきます。

和装の喪服

正喪服は、黒羽二重の染め抜き五つ紋の長着と羽織、仙台平などの荒い縞地の絹織物で作られた袴一式です。

準喪服は、無地か細かい縞の着物に、黒羽二重染め抜き五つ紋の羽織と、仙台平などの袴一式となります。

略喪服は、地味な色無地の着物に、一つ紋または紋のついていない羽織になります。略喪服に袴は必要ありません。

女性の喪服

洋装の喪服

正喪服は、黒無地で光沢の無いシルクかウールのワンピース、もしくはスーツです。着丈は、ひざ下やや長めのものになります。

準喪服は、ブラックフォーマルのアンサンブルやスーツ、ワンピースです。着丈も正喪服よりやや短めですが、普段着よりは長めにします。また、カジュアルになりすぎない程度に、適度に流行を取り入れても構いません。

略喪服は、色は黒でなくてもよく、グレーや濃紺などの地味な色のワンピースやスーツ、アンサンブル、さらにはパンツスーツでも問題ありません。

和装の喪服

正喪服は、ちりめんの黒無地の染め抜き五つ紋の着物です。帯は、黒の袋帯ではなく、名古屋帯を締めることに留意する必要があります。袋帯はお太鼓が二重になり、不幸が重なることを嫌うため、結ぶべきではありません。

準喪服は、色無地の一つ紋、または三つ紋付の長着になります。

略喪服は、寒色系の無地に一つ紋、または三つ紋を付けた半喪服です。

各格式の喪服を、だれが、いつ着用するのか

上で紹介したように、喪服には正喪服、準喪服、略喪服の格式が有ります。

遺族や親族、故人の知人や友人などの一般参列者が、どの格式の喪服を着用するのか、あるいは仮通夜や通夜、葬儀、告別式へ参列するときに、どの格式の喪服を着用するのか、を適切に決める事が喪服着用の基本的なマナーになります。

正喪服は主に遺族や親族向け

正喪服は、遺族やその親族が、葬儀や告別式で着用します。しかし、仮通夜や通夜では、準喪服を着用します。

最近では、世情の変化と共に、遺族や親族が葬儀、告別式で準喪服を着用しても、マナー違反にはならないようです。

しかし、葬儀や告別式においては、喪主と参拝者に立礼する親族は、正喪服を着た方が適切と言えるでしょう。

準喪服は主に故人の知人や友人向け

準喪服は、知人・友人などの一般参列者が、通夜、また葬儀や告別式で着用することが出来ます。

遺族や親族ほど個人と親しくなかった知人・友人などの一般参列者が、遺族や親族と同格の格式の正喪服を着用するのは、避けるべきでしょう。

略喪服は通夜への参列の際に

略喪服は、仮通夜や通夜でとり急ぎ駆けつけた、あるいは故人の死亡は予期していなかった、という気持ちを表すために、着用します。

しかし、近年はSNSの発達等によって訃報が早く伝わるようになったことや、ご遺体の保存技術の進歩によって通夜が日をおいて行われることも増えているので、準喪服での通夜への参列も問題ないようになってきています。

ただし、個人の訃報を聞き、すぐに駆けつけなければならない仮通夜には、略喪服で行くようにしましょう。

子供の喪服

子供には喪服は必要ありませんし、大人の喪服の格式のようなものもありません。制服が有る場合は、制服を着用すれば十分です。

制服が無い時には、男子は、白いシャツと、黒やグレー、濃紺のズボンを着用します。

女子の場合は、白の襟のついたブラウスと、黒やグレー、濃紺のスカートを着用します。

ただし男子・女子ともに、サテンのような光沢のある素材などは避けるべきでしょう。

まとめ

仮通夜や通夜、葬儀、告別式は、亡くなった人を偲び、安らかな永眠を願うとともに、遺族にお悔やみの気持ちを表す、厳粛な儀式です。参列するときの喪服についても、基本的なルールが定められています。

参列する人は、このルールを遵守することにより、自分が一般的な社会的常識を備えていることを他の人に示す機会にもなるのです。

喪服着用の正しい知識を理解し、正しい喪服の着用を心がけてるようにしましょう。

記事の著者

冠婚葬祭の悩みをもっと見る