正社員になれる楽な仕事10選

昨今の人手不足により、人材を確保するため、求人を正社員として求めている企業が増えています。正社員になると、給与面や企業内における教育の優遇、福利厚生のサービスも受けられ、さらに社会的な信用を得ることにもつながります。

一方、正社員になることにより、仕事もハイレベルなものを与えられることになり、仕事への責任が増えます。

さらに、会社の行事などに参加するなど、企業への貢献度も求められることになるため、正社員として採用されることへの懸念はありますが、中には楽に正社員になれて、仕事ができる職業もあります。

そこで、今回は、正社員になれる楽な仕事10選として、比較的に楽に正社員として仕事ができるものを紹介します。

1. 事務職

事務職はその名の通り、企業で事務をする仕事です。ただ事務といっても経理や人事、総務といった事務はピークなどもあり、忙しいことがあります。

特に経理は決算時期においては長時間残業となる可能性がありますし、人事、総務の場合には採用活動時期や広報、さらに社内異動などの時期には一気に忙しくなります。

ここでいう楽な仕事というのは、一般事務とよばれるもので、仕事量やピークも少なく、楽な仕事と言えます。

2. 警備員

警備員の仕事としては駅や大型ショッピングセンター、遊園地など、人が集まるところで安全を確保するための仕事です。大型のショッピングセンターでの見回りや案内をする場合は特に楽です。

迷子の対応もありますが、子どもがよっぽど苦手ではない限り、さほど苦労はしません。

しかし、駅での警備の仕事では、お客様のトラブルや酔っ払いへの対応、さらに汚物の掃除など、大変な場面が多いので、注意が必要です。

3. 工場勤務

工場勤務は機械のラインの管理や異常時の対応などがメインです。最近は作業がはほぼ機械化されていて、機械の故障発生率も低いため、仕事としては楽です。

ただ、機械の故障など、予想を超える事態が発生した場合には一気に忙しくなりますので、注意が必要です。

4. 大学職員

大学などの事務の仕事は、楽な部類の1つです。特に学生課などの教務関連の部署は楽です。大学も長期休暇の場合には学生も大学には来ないので、仕事量が一気に減ります。さらに、休みが取りやすいのです。

給与面でも私立大学の大学職員の年収は高いとされています。なるべく都心や都市部にある私立大学の職員がおすすめです。

5. 図書館司書

土日の休みはない場合がありますが、本好きな方にはとても楽な仕事の一つでしょう。また、図書館に来る方も本好きなので、色々とコミュニティが広がる可能性もあります。

6. マンションの管理人

マンションの管理人の仕事はそのマンションにおける事務やゴミ出しの手伝い、清掃、および各外部からの業者との取次などあります。

業務時間が比較的短いことや、マンションの世帯規模が小さい場合には、仕事量も少なく、楽な仕事と言えます。

7. 社員寮の住み込み管理人

マンションの管理人にも似ていますが、企業の社員寮の住み込み管理も楽な仕事です。住み込みであるため、自身の引越しなどの対応も必要ですが、生活費も抑えることもできます。

8. タクシーの運転手

自分のペースで仕事ができる面では楽です。また、乗車人数を増やすための工夫を自らが考え、情報を収集することにより、営業ノルマも達成し、収入が増えることもあります。

ただ、お客様を選ぶことができないため、嫌なお客様に当たってしまうと厄介ですし、防犯面では注意が必要です。

9. 役員の車の運転手

企業の役員の車の運転手も、車の運転が好きな方にとっては楽な仕事でしょう。決められたスケジュールで運転をし、仕事をこなしていく形態であるため、考えることもあまりありません。

しかし、安全運転だけには十分気をつける必要があります。

10. 自動車の製造ラインの仕事

地方の自動車工場では製造ラインの仕事を募集している上、その仕事の契約が満了になった時点で正社員に登用する形態となっています。

また、自動車産業も昨今の景気回復により人手不足であるところが多く、優遇面では非常に高くなっています。

そして、正社員前でも住まいの斡旋や食事、さらには一定期間を満了になった場合には、ボーナスが支給されることもあります。

ただ、シフト勤務であるため、仕事の時間事態は不規則な形態となりますので、体力がある方にはおすすめな仕事と言えます。

記事の著者

人間関係の悩みをもっと見る