目の下のクマはなぜできる?30分のヒアルロン酸注入で克服できる!

毎朝コンシーラーやファンデーションを重ねて、なんとかクマを隠しているという人は多いです。

色素沈着をしてしまっている場合は、美白成分の入った化粧水などでお手入れをしても、なかなかクマ自体を治すということは難しいです。

そこで今回は、クマができる原因や、クマを消すためのセルフケアと美容整形にはどんな種類があるのかをご紹介します。

目の下のクマを消したいけれど、整形は怖いな‥と悩んでいるという方は、年間125万人以上の来院数を誇る「湘南美容クリニック」で一度相談してみましょう。

ていねいなカウンセリングで無理な勧誘は一切ないので安心して相談することができます。

湘南美容外科をチェックする

クマの種類と原因

クマには「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3種類があるのをご存知ですか?この3種類のクマはそれぞれ違う原因があります。

人によってクマの原因も種類も違うので、1つ1つの見分け方と原因をご紹介していきます。

青クマ

下まぶたを引っ張ってみて、色が薄くなるという方は、「青クマ」です。

青クマは下まぶたの周辺が青っぽいもしくは紫色になっている場合で、肌の色が白い人は特に目立ちやすいでしょう。

この青クマの原因は、目の周りの血行不良です。目の周りの皮膚はうすため、血行不良の時の酸素不足の黒い血液が流れることで青っぽいクマとして現れます。

青クマの解消法

青クマの原因となる血行不良は、長時間パソコンやスマートフォンを見続けて目が疲れて凝り固まってしまうことや、寝不足・冷えなどが関係しています。

青クマで顔全体の印象が暗くなる、元気がなさそうに見えるのを防ぐためには、血行を促進する必要があります。

目の周りの血行を促進するためには、温かいタオルでじんわりほぐす・目頭から耳の近くのリンパまでをマッサージする・まぶたのツボ押しがおすすめです。

目を使った後や、寝る間に習慣化して、翌日の青クマを防ぎましょう。

茶クマ

目元が茶色あるいは黄みがかっていて、目の下を引っ張っても、クマが薄くならないという方は「茶クマ」です。

この茶クマの原因は、色素沈着です。目の下の皮膚は薄いため、日常的によく目をこする人や紫外線をよく浴びるという人は目の下の皮膚にダメージが溜まっています。

茶クマの解消法

茶クマの原因である色素沈着は、日々の積み重ねがメラニン色素として溜まっている状態です。

このメラニン色素は、洗顔やメイク時に肌をこすりすぎて摩擦が起こってしまったり、外での紫外線のダメージ二よって生成されています。

そこで、まずは日々の洗顔方法や紫外線対策を見直しましょう。アイメイクを落とす時もこするのではなく、たっぷりの泡で撫でるように落とすのがポイントです。

また乾燥や紫外線を防ぐために、保湿やUVカットにも気を配りましょう。美白化粧水や日焼け止めを有効活用することで茶クマの原因であるメラニンの生成を防ぐことができます。

黒クマ

黒クマは上記で述べた青クマや茶クマなどのまぶたの皮膚の色の変化ではなく、たるみによる影が原因です。

青クマや茶クマはコンシーラーやファンデーションで隠せるかもしれませんが、黒クマの場合は、たるみや皮膚痩せによる影なので、うまく隠すことが難しいでしょう。

黒クマの解消法

黒クマの原因である目の下のたるみや皮膚痩せによる影は、乾燥や美容成分の不足によって起こります。また老廃物が溜まっている場合にも目元が重たい印象になります。

そこで、普段からハリと弾力を意識したケアが必要です。乾燥を防ぐためには普段の化粧水によるケアだけではなく、目元の美容液やアイクリームを併用することをおすすめします。

目の下のハリがなくなって、黒クマに悩んでいるという方は、目の下用アイショットクリーム「アイキララ」で明るい目元を取り戻しましょう。

アイキララをチェックする

クマ消し整形方法一覧



上記では自宅でできるセルフケアについてご紹介してきましたが、慢性的なクマに悩んでいる場合は、美容整形外科での注入やたるみ取りも視野に入れてみてもいいかもしれません。

美容整形でのクマ消しは、主に「ヒアルロン酸注入」「プレミアムPRP皮膚再生療法」「経結膜下脱脂法(目の下の脂肪取り)」という3つの方法があります。それぞれどのような施術方法になるのか、金額も含めて見ていきましょう。

1.ヒアルロン酸注入

注射で肌にヒアルロン酸を入れる方法もあります。私たちが体内にもともと持っているヒアルロン酸と新たに注入したヒアルロン酸が結合し、ハリのある目元を形成することができます。

このヒアルロン酸を注入する施術は最もシンプルな整形方法になり、施術時間も10分程度で終了します。

そのため整形施術としては気軽に行える方法なのですが、効果は一時的なものになり、長くても半年程度で元の状態に戻ります。また、目の下の敏感な部分に注射を打つということで、腫れが引くまでに1週間程度かかる場合もあります。

金額は、他の施術方法に比べると低めの、約6万円が目安になります。

2.プレミアムPRP皮膚再生療法

プレミアムPRP皮膚再生療法は、目元のいろいろな悩みを改善することができる施術方法です。

整形方法は、自分の血液(血小板)を目の下に注入し、目の下を活性化させます。つまり、血液循環の悪くなった所に自分の血液を送り込むことで、血液循環が良くなり肌が活性化するのでクマがなくせるという仕組みです。

効果は約3年、費用は両目で約30万円かかります。

3.経結膜下脱脂法(目の下の脂肪取り)

クマの原因はいくつか考えられますが、眼球の下にある脂肪が加齢と共にはみ出てしまうのが原因の場合に効果がある方法です。

脂肪除去する部位は、目の真下だけの脂肪を除去する美容外科から、右・中央・左とバランスよく脂肪をとる所まであります。

何軒か美容整形外科を周り、一番負担が少ない場所や、自分のイメージに近い手術方法を提案してくれた病院を選ぶのが安心できて良いかもしれませんね。

施術時間は30分程度で、持続年数は切開をするため半永久的に持ちます。金額は約30万円です。

美容整形でクマは消せる

クマだけで美容整形をするのも大げさではないか‥と尻込みしてしまう人も多いと思いますが、毎朝クマを隠すために使っている化粧品や時間が節約できると考えれば、メリットも大きいのではないでしょうか。

また、すっぴんに自信を持っている女性は美しいですよね。

美容整形外科で診断だけしてもらい、後で実際に手術や施術をするか決めるということもできるので、慢性的なクマにずっと悩んでいるという人は一度診断をしに行くというのも良いかもしれません。

そこで年間の来院者数125万人以上の実績のある「湘南美容クリニック」で相談してみることをおすすめします。

ていねいなカウンセリングで、無理な勧誘も一切ないので、美容整形が初めての方や、料金や施術方法に不安のある方にもおすすめです。まずは美容のプロに相談してみることから始めましょう。

湘南美容外科をチェックする

記事の著者

整形の悩みをもっと見る