こめかみニキビができる原因:対処法や予防法を詳しく紹介

こめかみや眉尻にニキビが出来たという経験はありませんか。

実は、この部分は皮脂腺が多く、ニキビが出来やすい場所と言われています。しかも、前髪がよく触れる場所でもあるので、ニキビが悪化しやすい場所でもあります。

今回は、こめかみにニキビが出来たときの対処法から予防法まで紹介します。こめかみにニキビが出来ていて悩んでいる方は、参考にしてみてください。

こめかみニキビの原因

皮脂腺が多い場所

皮脂腺が多い場所ということは、汗を多くかく場所ということ。汗が多いと、毛穴が詰まる確率が高くなります。

毛穴が詰まったところにアクネ菌という雑菌が反応すると、ニキビになります。

前髪や手を多く触れる場所なので、毛穴が詰まった所に雑菌が発生しやすいのです。

ホルモンバランスの乱れ

ストレスや睡眠不足などで乱れがちなホルモンバランス。それが原因で、ニキビが発生している場合もあります。

ホルモンバランスが乱れると、過剰に汗を分泌したり血行が悪くなったりします。

髪の生え際は血行が悪くなりやすい場所なので、ニキビができやすいのです。

こめかみニキビの治し方

しっかりと洗顔をして汚れを落とす

ニキビを治すには、古い角質を落とす必要があります。

こめかみは手や前髪がよく触れる場所で、汚れが溜まりやすいのに、意外と洗い残しが多い場所。

ニキビに刺激を与えることは逆効果ですが、優しく包むように洗いましょう。

洗顔料をよく泡立てることがおすすめです。

しっかりと保湿する

ニキビを治すためには、保湿が大切です。

皮脂が多いのでこれ以上油分を足したくないと考える方がいますが、ニキビを治すには保湿は欠かせません。

ニキビの周りが乾燥していると、肌が固くなって古い角質が落ちにくくなり、ニキビの治りが遅くなります。

なので、ニキビを治すためにもしっかりと洗顔後は保湿を心がけましょう。

こめかみニキビのおすすめの予防法とは

ビタミンをとる

全てのニキビ対策に言えることですが、ニキビ対策にはビタミンを取りましょう。

食事から毎日摂取するのが難しい場合は、サプリメントでもかまいません。

ビタミンの中でも、ビタミンB群は代謝に関わる栄養素です。

肌の代謝が悪いと、古い角質が落ちにくくなり、毛穴のつまりに繋がります。

肺や腎臓に気遣う

実はこめかみにニキビが出来ることは、肺や腎臓に負担が掛っている場合もあります。特に、タバコを吸う方は気をつけましょう。

腎臓はお酒をたくさん飲む方が、負担が掛っていることが多いです。腎臓に負担がかかると代謝が悪くなり、他の部位のニキビに繋がることもあります。

ニキビが気になってきた場合は、飲酒を控えてみましょう。

汗の拭き方を気をつける

こめかみや額にかいた汗を、手で拭いたことはありませんか。こめかみは、知らず知らずのうちに触ってしまう場所でもあります。

ニキビ対策には清潔にすることが大切ですので、清潔なタオルで拭く習慣をつけましょう。

また、ニキビが1ヵ月以上治らない場合は、皮膚科に行くことをおすすめします。

まずは、自分で出来る対策をして美肌を目指しましょう。

記事の著者

スキンケアの悩みをもっと見る