コンビニダイエットを成功させるためのポイント:夜の帰りが遅くなってしまうあなたに

帰りが遅くなったり、時間がない時などコンビニの弁当で済ませるという方はいませんか?

コンビニのお弁当は、高カロリーだとわかっていても仕方なく食べているという方も多いでしょう。

ダイエットしている人には天敵と言えるコンビニの食材。

しかし、実はコンビニの食材の中でもダイエットにも良い物がありますので、上手くコンビニ食材を使えば、ダイエット可能です。

コンビニダイエットを成功させるためのポイント

コンビニダイエットを成功させるためのポイントは、低カロリーの商品を選ぶこと、ダイエットに良い成分が豊富なものを選ぶこと、糖質が少ない商品を選ぶことの3点です。

ダイエットで一番気にするのは、やはり、カロリーでしょうから商品に記載されているカロリーをチェックして選びましょう。

野菜などをふんだんに使った低カロリー商品やゼロカロリーの商品がおすすめ。

ダイエットに良い成分には、ビタミンB群、ビタミンE、食物繊維、タンパク質、カリウム、L-カルニチン、EPAなどがあり、それぞれ脂肪燃焼や新陳代謝のアップ、糖質の吸収を抑えたり、空腹を抑える効果があります。

そして、体脂肪がたまりにくくなるよう糖質の少ない商品を選びましょう。

コンビニダイエットでおすすめの飲み物

飲み物も糖質を抑えて選びたい方も多いでしょう。

例えば、炭酸水などはお腹も膨れて、食欲も抑えられるダイエットには持ってこいの飲み物。

しかし、糖質が入っている物が多く、それらは適しません。

コンビニダイエットでは、無糖の炭酸水を飲みましょう。

炭酸は、血液の流れを良くし、代謝も上げてくれる効果もあるのでダイエットに期待できる飲み物です。

ダイエット中でもアルコールが欲しくなる人には、糖質0のアルコール飲料を選びましょう。

コンビニには、様々な糖質0アルコール飲料が売られています。

コンビニダイエットでおすすめのお弁当

ダイエットに適したEPAを多く含むサバやアジなどの青魚を使ったお弁当がおすすめです。

EPAは、血液の流れを良くし、代謝を上げてくれます。

併せてごぼうサラダや大根サラダ、海藻ミックスサラダなどの食物繊維も一緒に摂れば、なおOK!

コンビニで売られているもので意外に低カロリーなおでんは冬に糖質0のアルコールと一緒に食べるのも良いでしょう。

ダイエット中でもご飯が欲しくなったら五穀ごはんのビビンバ丼がおすすめです。

白米よりも食物繊維が5~7倍あり、栄養のバランスがとれている五穀米と野菜やお肉も一緒に食べられます。

コンビニダイエットでおすすめのおやつ

ダイエットを続けているとどうしてもおやつがたべたくなってしまうときがあります。

そんなときに罪悪感なく食べられるおやつをご紹介します。

カットパイン

パイナップルには、腸内環境を整える効果があり、腸が活発になって代謝が上がり、お肉屋お魚の消化吸収を助けてくれるので、おすすめです。

枝豆

枝豆にはビタミンB群が豊富に含まれており、ダイエットにはおすすめ。

ビタミンB群は、脂肪を燃やしてためにくくする効果があり、ダイエットに適しています。

枝豆に付いている塩分が気になる方は、一度水で塩分を流して食べてみては?

あたりめ

あたりめは、食べるときによく噛むので、満腹中枢も刺激され、お腹が膨れやすくなります。

タンパク質も一緒に摂れ、糖質0のビールとの相性もバツグンです。

チーズ

脂肪燃焼効果があるビタミンB2を含んでいるチーズは、腹持ちも良く食べ過ぎを防止します。

食前などに少量、食べるのも良いでしょう。

ナッツ類

ナッツもチーズと同じく脂肪燃焼効果のあるビタミンB2を含み、血液をサラサラにしてくれるオレイン酸も含んでいます。

特にクルミなどは栄養価も高くおすすめです。

記事の著者

ダイエットの悩みをもっと見る