忘年会の会場の選び方で気をつけるべきポイントは?コツも紹介!

忘年会の会場選びは、とても大切です。雰囲気や広さ、場所、予算など、様々な条件を満たす場所を探さなければなりません。

普段の宴会と同じような方法で、忘年会の会場を選んでしまわないように注意しましょう。

今回は、忘年会に相応しい会場の場所を選ぶ際の条件と探し方について、紹介します。参考にしてみてください。

忘年会の会場を決める際のポイント

忘年会の会場の場所を決めるにあたって、充分な広さがあるか、忘年会をするのにふさわしい雰囲気か、少しくらい騒いでも大丈夫か、というのが考えるべきポイントでしょう。

また、美味しい料理やお酒を楽しむことはできるか、予算内に納めることが出来るか、行きやすい場所か、というのも非常に重要です。

これらの条件を全てを満たすことのできる場所で、忘年会を行うことが理想と言えます。

定番の場所は早めの確保を

毎年同じ場所で忘年会を行っているというのならば、同じくそこで行うのになんら問題はありません。

しかし、たとえ毎年の恒例行事であったとしても、場所の確保はなるべく早く押さえておくことが重要です。先方にも、都合や事情があることを忘れてはいけません。

初めての場所ならば下見は必須

初めての場所を忘年会で使おうと考えているのならば、なるべく下見をしてから決めるようにしましょう。

職場から行きやすい場所でないと、参加者の負担になってしまいます。また分かりにくい場所だった場合、配慮が必要です。

さらに、写真や口コミ情報だけでは実際のお店の雰囲気は分かりません。全員が入るスペースがあるのか、少しくらい騒いでもいいのか、料理はおいしいのか、店員のサービスは良いのか、などについては実際に自分の目で見て確かめるのが1番確実でしょう。

貸し切りにする

大きな居酒屋などで、個室を貸し切って行う忘年会もいいですが、小さ目のバーや居酒屋などでお店自体を貸し切って忘年会をするという方法もあります。貸し切りの方が自由度も高く、多少騒いでも他の人の迷惑になりにくいです。

何人から貸し切りに応じてもらうことが出来るのか、予算はどれくらいかなどについては、お店と直接交渉をしましょう。

お店が貸し切りの相談に乗りますと明記してあったりするようなお店ならば、貸し切りの予約もスムーズに行きやすいです。

職場で忘年会をする

忘年会は社外でやらなければならない、という決まりはありません。社員食堂や多目的ルーム、会議室、休憩室などに、ある程度スペースがあるのならば社内で忘年会を行うのも良いでしょう。

何と言っても、場所代の節約ができます。また、移動距離がゼロなので参加者も気軽に参加でき、また忘年会の遅刻や早退などに気を遣わずに済みます。

さらに、プロジェクターやマイクなど、社内の備品を忘年会に使うことも出来るので、みんなで盛り上がる企画を立てるのもいいです。

職場での忘年会をする際は、食事は買出しだけでなく、ケータリングを活用するのもおすすめします。

職場で忘年会をするときに気に留めておくことは、後片付けは自分達で行うということです。この点だけは忘れないようにしましょう。企画を立てるときに、後片付けやゴミ捨てまで考慮をすることが大切になってきます。

記事の著者

イベントの悩みをもっと見る