看護師が妊娠したときに注意すべきポイント:自分の身体を第一に

看護師が妊娠したときに注意しなければならないことがあります。一般的な企業で働く女性と違い看護師は力仕事や立ちっぱなしの仕事が多いため、人一倍注意をしなければなりません。

看護師が妊娠したときに注意すべきポイントをお伝えしますので、もし妊娠した際にはこれを参考にしてみてください。

夜勤を避ける

看護師と言えば夜勤が付き物です。しかし、夜勤は体力的にも精神的にも負担が大きく妊婦さんにとってはきつい勤務形態です。安静第一の妊婦さんにとって生活のリズムが崩れることは避けなければいけません。

夜勤をしなければいけないという状況があるかもしれませんが、病院とよく相談して夜勤を無くしてもらうようにしましょう。

出勤回数を減らす

事務職などであれば椅子に座って仕事ができる場合がありますが、看護師などは患者さんを見回ったりしなければならず、動き回ることが多々あります。妊娠初期の症状は妊婦さんでなければ分からないほど辛いものです。つわりが起きているときに動き回ることはとても苦しいことです。

出勤回数を減らしてもらったり時短勤務にしてもらい、少しでも体を休めるようにしましょう。

ナースコールの交代要員を探す

妊娠中期になるとお腹が目立ってきます。大きなお腹を抱えた状態では素早く動くことができません。いつ鳴るか分からないナースコールに対しては即座に動く必要があります。妊婦さんにとってはきつい行動になります。

そのため、妊婦の時にはできるだけナースコールを取れないということを周りの同僚に伝え、交代要員を確保するようにしましょう

病気に気を付ける

妊婦さん全般に言えることですが、妊娠している時は風邪などにひかないように健康管理をしっかりとしなければなりません。

看護師の場合、職場が病院ということもあり、風邪やその他の病気にかかりやすい環境にいますので、人一倍病気に気を付けましょう。

退職・休職する

看護師はきつい仕事です。退職・休職するという選択肢も考えても良いでしょう。自分の子供を授かった以上、何よりも大切にしなければいけないのは仕事ではなく、これから生まれてくるために自分の健康をしっかりと整えることです。

名残惜しいかもしれませんが、退職・休職を視野に入れても良いのではないでしょうか。

X線を避ける

妊娠している体にX線を照射することは良くありません。看護師という仕事上、X戦の近くで仕事をしなければならないことがあるかもしれませんが、X線から離れた場所での仕事をするようにしましょう。

申し送りの時には座る

交代制勤務で仕事をしている場合は、勤務交代時に次の看護師に患者の状態を伝える申し送りという仕事がありますが、多くの場合立ったまま行われたり、患者の近くで行われることがありますが、これを座ってするようにしましょう。

配膳をしない

入院患者のもとに食事を届ける配膳という仕事も看護師が行います。しかし、妊娠していると食事の臭いで気持ちが悪くなってしまうことがありますので、配膳や食事に関わる仕事は他の人にお願いして変わってもらってください。

ストレスを溜めない

妊婦さん全員に対して言えることですが、ストレスを溜めることは妊婦さんによくありません。看護師の場合は、夜勤を交代してもらうことが難しかったり、同僚とのコミュニケーションが重要になってきますので、ちょっとしたことでもストレスを感じてしまうことがあります。

恵まれた同僚であれば良いのですが、もしそうでない場合には仕事場所を変えてもらうなど上司に相談し、ストレスを溜めない環境で働くように心がけましょう。

記事の著者

看護師の悩みをもっと見る