理想の唇へ導く美容整形方法紹介:気になる副作用や費用は?

「笑った時に唇が強調されるのが嫌!」、「唇もっとふっくらさせて女性らしくなりたい!」など、唇にコンプレックスを持っていて、上手く顔の表情が作れないという方も少なくないでしょう。

唇はある程度化粧で上手く改善することが出来ますが、顔を近づけられると化粧でごまかしているのがバレてしまって恥ずかしいものです。

そんな時には、美容整形で唇を改善してみませんか?今回はそんな美容整形を4種類紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

唇の整形方法

唇の整形には、主に「ヒアルロン酸注入」「コンデンスリッチ脂肪注入術」「口唇縮小術」「口唇拡大術」という4つの方法があります。それぞれ、どんな整形方法になるのか、平均的な費用も含めて紹介していきます。

1.ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸を唇に注入することで、唇のシワを薄くしたりふっくらとした唇にすることができます。

唇の整形方法の中では1番スタンダードな施術で、整形した後がわからないことが大きなメリットです。

副作用としては、内出血や痛み、腫れ、むくみなどが起こる危険性もありますが、基本的には安全性の高い施術方法で、価格は1回につき約40,000円になります。

2.コンデンスリッチ脂肪注入術

豊胸手術を考えたことがある方なら、この施術名は聞いたことがあるかもしれませんね。この整形方法は豊胸手術と同じ方法になります。

まず、脂肪を吸入してしこりになりやすい物質を除去し、今度は注入したい所に入れるという整形方法です。

副作用としては、だるさや蕁麻疹、痒みやむくみ、冷や汗などが起こる可能性があり、価格は1回で約90,000円になります。

3.口唇縮小術

タラコ唇と言われている方は唇をどうにか薄くしたいものです。薄くする時には、唇の粘膜を取り除くという方法を行います。

手術をする時には麻酔を行うので、痛みはほとんどありません。

副作用は、血が溜まったり頭痛が起こる可能性があります。価格は上唇か下唇で約10,000円です。

4.口唇拡大術

唇を大きくする施術は、口腔内から粘膜を外に出すことで赤い唇部分を大きくさせます。また、その他の方法としては、自分の脂肪を唇に注入するという方法も。

副作用としては、血が溜まったり頭痛やだるさといった副作用が起こる可能性があります。価格は1回につき上唇か下唇で約15,0000円です。

メリットと注意点

唇の整形手術は、一般的にヒアルロン酸を注入する方法がとられますが、それ以外にも脂肪を注入する方法や切開をする方法など色々あることを紹介しました。

唇の整形は30分くらいで終了するものが多く、粘膜の整形になるので比較的治りが早いというメリットがあります。

さらには日帰りOKだったり、その日にメイク可能なものまで。

一方で、唇の整形はメスが入ると値段が一気に高くなり、100,000円以上かかる場合もあります。

そのため、費用に関してはカウンセリングの時にしっかりと確認しましょう。

プルプルの唇を手に入れるなら!

化粧などで唇のコンプレックスをカバーするのは、どうしても限界があります。そんなときはプロの手を借りて自信をつけましょう。

東京美容外科では、ヒアルロン酸注入を初回限定30,000円で受けることができ、手術後の傷跡はほとんどないので安心です。

手術自体は数分で、日帰りOKなので忙しい方でも気軽に手術を受けることができるでしょう。

「ふっくらした唇にしたい!」、「ゆるんでしまった口元を引き締めたい!」という方はぜひ1度カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

公式サイトには症例写真なども載っているのでそちらも合わせてチェックしてみてください。

東京美容外科をチェックする

記事の著者

整形の悩みをもっと見る