「お悔やみ申し上げます」の言葉の意味・使い方:注意点は?

急な訃報、お通夜やお葬式は、非日常的な出来事なのでなかなかマナーを考えている余裕はないものです。しかし、こういう場でこそマナーがしっかりできていないと相手に失礼になってしまう場合もありますから注意が必要です。

立ち居振る舞いも含めて、ビジネスの場であっても恥ずかしくない振る舞いができるように備えておかなければなりません。

この記事では、特に、「お悔やみ申し上げます」という言葉の使い方などについて紹介していきます。

「お悔やみ申し上げます」を正しく使える?

お悔やみ申し上げますという言葉は、主に故人の遺族に対して使う言葉です。遺族は故人の死に対して悲しみに暮れているのが普通ですから、デリケートな場面なだけに、ストレートに自分の悲しみを表現するよりも、少しオブラートに包む形で表現できる言葉が必要となります。そんなときに使うのが、「お悔やみ申し上げます」という言葉です。

以下では、「お悔やみ申し上げます」について詳しく紹介していきます。

「お悔やみ申し上げます」の意味を再確認

お悔やみというのは、人の死を弔(とむら)うこと、または弔う言葉のことを意味しています。そのため、お悔やみ申し上げるということは、弔う言葉を申し上げるということを意味する言葉です。故人を失った親族の悲しみは深いので、下手に励ましの言葉をかけたり、私も貴方と同じくらい悲しいといった言葉を言うのは逆に不躾です。

そのため、お葬式などの場では、遺族に対してお悔やみ申し上げますと言う方が良いでしょう。

「お悔やみ申し上げます」を使う状況ってどんなとき?

「お悔やみ申し上げます」という言葉は大切な人を亡くした遺族に対して使う言葉です。基本的には、お悔やみ申し上げますは口語として使う言葉ですが、手紙などで使うこともできます。

人の死を弔うためにある言葉で、故人を無くした方のためにある言葉であることをきちんと理解して、その状況に合った言葉を使うようにすることが大切です。

「お悔やみ申し上げます」を使うのはいつ?

お悔やみ申し上げますという言葉は、お通夜やお葬式の場でも使うことができる言葉です。親族をはじめ、受付の方にも「この度はお悔やみ申し上げます」と言葉を掛けるようにするのが、ビジネスの場におけるマナーです。

お悔やみ申し上げますという言葉によって、お悔やみの気持ちを伝えたら、それ以外の余計な事は言わないようにしましょう。遺族の方の心の整理がついていない場合もあるので、十分その点に配慮した振る舞いが求められます。

適切ではない言葉と一緒には使わない

お葬式などの状況において、重ね言葉は最もNGな言葉です。重ね言葉というのは、重ね重ねやまだまだ、いよいよなどの言葉です。このような重ね言葉は、不幸が重なることをイメージさせてしまうのでNGです。また、繰り返しを連想するような「この先も」、「追って」などの言葉が使うことができません。そのため、重ね重ねお悔やみ申し上げますのような言葉はマナー違反です。

手紙でのマナーは?

基本的にお葬式やお通夜などについては、基本的には手紙は略式です。そのため、遺族にお悔やみを伝えるのであれば、きちんと直接言うのがマナーです。しかし、こちらが忙しい場合などにはなかなかそのような場に顔を出せないようなこともあるでしょう。

そのような場合には、手紙でもお悔やみの気持ちを伝えることができます。手紙でお悔やみの気持ちを伝える場合には、季語などは使わずすぐに本題に入り、遺族を慮ることが大切です。

お悔やみ申し上げますだけで一つの完結した挨拶言葉

お悔やみ申し上げますという言葉は、それだけで独立した言葉です。お葬式やお通夜意外で使うようなことはほとんどありません。そのため、お悔やみ申し上げますという言葉に余計な装飾語はつけないようにしましょう。

余計な装飾語を使うと言葉遣いを間違ってしまうこともありますので注意が必要です。

キリスト教式の場合には使わない

キリスト教式の葬儀の場合には、お悔やみ申し上げますという言葉は使わない方が無難です。日本人には日本人の死生観があるように、キリスト教にはキリスト教の死生観があります。

そのため、キリスト教式の葬儀にはそれに特有の言葉遣いがあります。「お悔やみ申し上げます」という言葉は基本的に日本式の葬式の場で使う言葉でることを理解しておきましょう。

似た言葉と使い分けて

お悔やみ申し上げますという言葉と似た意味の言葉として、ご愁傷様ですがあります。ご愁傷とは、悲しむということを意味しています。そのため、ご愁傷様ですとは、お気の毒様ですということを意味していることになります。

お悔やみ申し上げますは、人の死を惜しむことを意味していますから、微妙にニュアンスが異なることに注意しましょう。

遺族側にいるときは使わない

お悔やみ申し上げますという言葉は、遺族のためにある言葉です。そのため、遺族の方に対して掛ける言葉となります。そのため、自分が遺族側に属しているような場合には、お悔やみ申し上げますという言葉は使いません。

記事の著者

冠婚葬祭の悩みをもっと見る