葬式にスーツを着ていってもいい?礼服とスーツの違いとは?

社会人になると、結婚式や葬式に参加する機会が増えます。

礼服は黒いスーツだと勘違いする人も多いでしょう。スーツといってもたくさん種類があります。普通の黒いスーツもありますが、礼服とはまったくの別物なので、お葬式にスーツを着ていくのはよろしくない、という事になります。

さらに、礼服の中でもいくつか種類があり、シーンに合わせて使い分けることが大事です。しっかり準備しておきましょう。

礼服とスーツの違い

色やシルエットが違う

礼服と黒のスーツを比べると、真っ黒な礼服に対して黒のスーツは、少しグレーがかって見えます。この違いは明るいところに出ると顕著で、出棺で外に出た瞬間などにすぐにわかってしまいます。

礼服は黒が濃いほど良いとされていて、高級なものは深い服になるまで何度も染め直されるそうです。

さらにデザインも違い、一般的には5年、長い人は10年は着続けるので、ビジネススーツよりもゆったりめのシルエットのものが多く作られています。

最近のビジネススーツは細見が流行ですが、礼服を買うときは長く着ることを考えて選んだ方が良いでしょう。

シングルとダブルはどっちがいい?

若い人はシングルの2つボタン、年配の方はダブルを着る人が多い傾向にあります。

マナー上はシングルでもダブルでも問題ありませんので、お好みの方を選ぶことができます。

また、ビジネススーツは、葬式で着ることができません。反対に、礼服をビジネスシーンで着ることもできません。

ビジネスで礼服を着ることはマナー違反とは言えませんが、何か不幸があったのではないかと周囲の人に心配される可能性があるのでやめておきましょう。

礼服の選び方

濃い黒を選ぶ

礼服を選ぶときは、普通のビジネススーツと違う観点から選ぶことが大切です。

礼服はビジネススーツとしては着用ができないので、礼服らしい濃い黒のものを選んだ方が良いでしょう。5年後も着れるものを選ぶと良く、礼服は冠婚葬祭でしか着ないので、流行に左右されないデザインのものがおすすめです。

結婚式とは別のスーツがおすすめ

しかし、長く着続けるからといって高すぎるものを買うのは、着用シーンが限られるためあまりおすすめできません。

礼服は葬式にも結婚式にも対応できますが、結婚式の場合ネイビーやグレーがかった黒のビジネススーツの方がおしゃれな印象になります。

値段は普段購入している、ビジネススーツと同じくらいの予算で検討するのが良いです。フォーマルシーンに対応できるスーツを買うなら、黒に近い無地のものが、ビジネスや結婚式など様々なシーンで着まわすことができます。

ポイントは、冠婚葬祭の習慣を厳守したデザインのものを用意することです。トレンド感のあるものやスタイリッシュのものは、場にふさわしいデザインとはいえません。一着はオーダー物の、しっかりしたものを用意しておくと良いでしょう。

まとめ

しっかりとシーンに合わせた服を着用をするというのが、社会人としてのマナーです。

社会人になったら、礼服を一枚用意しておきましょう。

記事の著者

冠婚葬祭の悩みをもっと見る