忘年会の挨拶を頼まれたら?:気をつけるべきことや例文を抑えよう

忘年会の挨拶を頼まれたらどのようなことに気を付けてどのような挨拶をすればいいのでしょうか?

忘年会という1年間をしめくくる大切な行事をつつがなく進行するために必要な挨拶について知っておきましょう。無理をせず、好印象な挨拶を心がけることが大切です。

まずは自己紹介

1番最初に軽い自己紹介を行いましょう。所属している部署、名前などを伝えます。「忘年会の挨拶をさせていただく〇〇部署の××です」「ご紹介に預かりました××です」で充分です。

余程の肩書でない限り、長々とした自己紹介は不評を買います。

この1年にあったことを振り返る

忘年会とは忘れる会というよりもむしろ1年間にあったことを思い出す会です。とはいえ、反省することは手短に、良かったこと、面白かったことなどを振り返りましょう。

ビジネスの場であれば、「今年は〇〇がヒットしたことが大変喜ばしく」「新しく優秀な〇〇さんが配属となり」など職務に関することです。

今年1年をねぎらう

また振り返りとともに、今年1年間頑張ったことを労います。「皆さん、今日は大いに飲んで食べて楽しんでください」などです。

気をつけたいのが「お疲れさまでした」「ご苦労様でした」などという言い回しです。これは自分と同格、あるいは格下の相手へ対する言葉で、上司に向ける言葉ではありません。

上司が同席している場合は「今年1年ありがとうございました」「今年もとてもお世話になりました」などという言葉遣いがおすすめです。

来年に向けての言葉も

「今日はたくさん楽しんで、来年への英気を養いましょう」など来年に対する思いも入れるのもおすすめです。とはいえ、壮大な豊富を語る必要はありません。

手短にすましましょう

忘年会に限りませんが、このような宴会で挨拶が長すぎるのは不評を買います。短めに切り上げることを心がけましょう。1年間をじっくりと振り返りたいのならば歓談タイムに個別に行いましょう。

ユーモラスも入れるのもあり

忘年会の挨拶に必ずしもユーモラスを混ぜる必要はありませんが、ユーモラスな挨拶をすることで場が和んだり、あなたの評価が上がったりします。

しかし、自分ではユーモラスでも傍から見たらただのイタイ人、悪ふざけと評価されることもあるので、注意が必要です。

悪い例としては上司に無茶振りをしたり、内輪ネタや下ネタに走ったりすることは、その場の雰囲気を壊しかねないため、避けるべきでしょう。

おすすめなのが、あらかじめ突っ込み役を仕込んでおくことです。

「本日はお忙しいところお集まりいただきありがとうございます。思えばこの春の桜は……」「長いよっ」などです。相方がいてくれれば多少滑ってしまったとしてもその冷たい空気に1人で耐えなくて済みます。

忘年会の挨拶はポイントを押さえれば怖くありません

忘年会の挨拶を任されると緊張してしまいますが、ポイントを押さえれば失敗することはありません。

挨拶は手短に要点を押さえて喋ることが大切ですので、敬語の使い方など基本のマナーには注意しつつ挨拶を行いましょう。

余裕があればユーモラスな挨拶に挑戦するのもいいですが、悪ふざけにならないように気を付けましょう。

記事の著者

イベントの悩みをもっと見る