毎日かける?それとも焦らす?遠距離恋愛中の電話戦略6つ

imasia_17111483_M

毎日かける?それとも焦らす?遠距離恋愛中の電話戦略6つ

長く付き合っていると、進学・就職・転勤など、逆らえない事情で遠距離恋愛に突入することもありますよね。

そうなった場合は、男と女の持久戦。どちらか一方が疲れてしまうと、あっという間に自然消滅へ向かってしまうケースも…。

別れてもいいならこれを逆手にとればいいですが、彼が好きなら、やっぱり何とかして二人で乗り越えたいものですよね。そんな時、活用したいのはメールより電話!

今回は、遠距離恋愛中にかける電話で使える戦略6つを提案します。電話をかける頻度や内容次第では、近くにいた頃よりラブラブになれてしまうかも?!

戦略1. 夜の甘口べったり漬け

二人の関係が超ラブラブな状態のまま、遠距離恋愛に突入した場合。または、相手が気が変わりやすいタイプなら、この戦略がおすすめです。

まず、電話は毎日かけるのが基本。お互いの間で電話のできる時間を決めておき、毎日その時間に必ずかける。どうしても電話がかけられない日はメールやLINEを使いますが、その翌日には謝るのがポイントです。

話す内容はとにかく甘く、べったりと…を心がけましょう。真っ赤なハートを注入するイメージで、相手が多少のぼせるくらいがちょうどいいのです。

相手からも甘い言葉を引き出せれば、ラブラブな関係が長続きするでしょう。お互いが盛り上がってその気になったら、テレフォンSEXも試してみるといいかもしれませんね。

ただし、この戦略で大切なのは電話の内容と頻度。長電話をしすぎると疲れとネタ切れを招いて続かなくなるので、切り際はスマートにするのも大切です。

戦略2. 朝のさわやか目覚ましボイス

相手が朝に弱いタイプなら、確実に喜ばれるのがこの戦略です。

彼にモーニングコールを毎朝かけてあげましょう。単純ですが、男性としてはこれだけでも「支えられている」気持ちでいっぱいになるんです。

もちろん朝なので、あまり時間はありません。長電話は禁物だし、愚痴やさみしい気持ちを打ち明けることもできません。でもこの部分はメールやLINEに託して、あなたからはさわやかなモーニングコールを送り続けていきましょう。

また、もし何かの間違いで彼が別の女性と一夜を過ごしてしまったとしても。翌朝にはあなたの声が飛んでくるので深く反省するはず。浮気防止にも役立つんですね。

戦略3. 貯水ダム放出警報

あなたがストレスを溜めがちで不安性な場合。または、移り気だったり他の男性の誘惑を受けやすい場合。有効なのは、この戦略でしょう。

普段は、彼とあまり電話はしません。メールやLINEのメッセージも、頻繁には送りません。多少寂しがらせておいて、彼のほうからコミュニケーションを求めてもらうのです。

そして、あなたがストレスやいろんなことを貯め込んだら、ダムが貯めた水を放出するかのように電話をします。この時は一方的に、あなたの思いを勢いよくぶちまけて、貯めていることを一気に吐き出しましょう。

ただし、自分が落ち着いたら相手の気持ちを受け止めるのも忘れずに。お互いが笑顔で電話を切れるように工夫して、気持ちを押し付けるだけにならないようにしましょうね。

戦略4. 「かえるコール」でバーチャル夫婦

80年代カルチャーに「かえるコール」というのがありました。これは、仕事や学校が終わったら、公衆電話から自宅に「今から帰るよ」と電話するというもの。この効果でテレホンカードが一気に普及したという歴史もあるんです。

今では公衆電話はあまり使いませんが、遠距離恋愛のテクニックとしてこの「かえるコール」は健在。一般的には男性から女性にかけるイメージの「かえるコール」ですが、これをあなたから相手に習慣的にかけるようにするのです。

「今仕事終わったよ。これから帰るね。」…この一言で、男性の心の中には暖かい光が灯るはず。

実際には離れていても、「帰る」という報告をするだけで、心理的な距離はグンと縮まるもの。彼が乗ってくれれば、「かえるコール」をお互いにかけあう関係というのもいいかもしれませんね♪

戦略5.毒入り注意!叱ってもらうプチ悪女術

あなたがMっ気があったり、他の男性に声をかけられやすい女性の場合。もしくは、相手が彼女を束縛したがる向を持っているときに使える方法です。

まずは電話で、あなたが「他の男性に誘惑されている」あるいは「他に気になる男性が現れた」というようなことをほのめかします。実際にそうであるかは別として、そういう状況を演出し、相手を不安にさせてみるのです。

そして、そんな中でも「本当はあなたのことが一番好き」と弱い面を見せて、叱ってもらうようにねだります。相手が真剣に叱ってくれると、それがスパイスになって関係が盛り上がるでしょう。

ただし、この方法は毒入りであることを忘れずに。心配させすぎると彼が弱ってしまうことも考えられるので、甘い言葉も忘れないようにしてくださいね。

戦略6. 王手! 捨て身の現地事情リサーチ

遠距離恋愛は、いつかどこかで終了させなければなりません。長いこと遠距離のまま時間を過ごすのは、お互いにとってダラダラと関係を続けることと同じ。

積極的にあなたが動いて、遠距離恋愛の解消を目指す方法も考えた方がいいでしょう。

ならばやるべきことはひとつ。現在の暮らしを捨てて、相手の暮らす土地へ移住するのです。まさに、捨て身の敵陣突入ですね。

そのためには、事前に彼に現地事情を電話で尋ねるなど、移住をにおわせておくことが大切。そして、転居先のリサーチや、転職先の確保など、事前の準備を着々と進めていくのです。

これはとても前向きな戦略ですが、相手がすでに冷めていたり、別の女性に興味を持ち始めていると塩対応を喰らう恐れも。王手を決意する前に、相手の状況を入念に探ることも大切になってきます。

最後に

遠距離恋愛は、時間とともにお互いがどうしても不安になってしまうもの。ドキドキ感もいつまでも続くわけではありませんよね。

彼といつまでもラブラブでいるために、ぜひ電話を活用してみてください。

でも、あまりにも長い間、遠距離恋愛を続けるのも考えもの。つなぎ止めるか、リセットするか、王手をかけるか、いつかは判断もしなければいけません。

よく考えて、二人にとってベストな未来を迎えてくださいね☆

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です