葬式にふさわしい靴は?:厳かな場所でのマナーに注意

親族や友人、知人の訃報は突然に届くことがほとんどです。葬式への参列は、普段の日常生活の中の行事では、急に入り込んでくる行事の一つではないでしょうか。

葬式は亡くなった人を偲び、亡くなった人の安らかな永眠を願うと共に、遺族にお悔やみの気持ちを表す厳粛な儀式です。

そのため、葬式には、決められたフォーマルな身なりでの参列が求められます。そこで今回は、葬式の参列が急に決まったときに、あわてない為にも、どの様な靴を履いていくのがふさわしいのか、靴にスポットを当てて、紹介します。

靴のデザイン

男性の場合

男性のフォーマルシューズのデザインには、内羽根式と外羽根式の二つの種類があります。

いずれも、靴紐を結ぶタイプの靴ですが、紐を結ぶところの形によって、内羽根式と外羽根式に区分されます。

内羽根式靴とは、靴紐を通す穴である鳩目があいている部分が、甲より前の部分に潜りこんでいる形状の、靴のことを言います。外羽根式靴とは、鳩目の部分が、甲の前の部分に、乗っかっている形状の靴のことを言います。

この2つのタイプの靴がフォーマルな靴ですが、靴のつま先のデザインに注意する必要があります。

つま先に横一文字のラインが入ったストレートチップと呼ばれるデザインのものや、つま先に何の飾りもないプレーントゥと呼ばれるデザインのものは、フォーマルシューズとして認められています。

従って、上に示したデザインの靴は、葬式に履いて行くのにふさわしい靴と言えるでしょう。

しかし、内羽根式や外羽根式の靴でも、つま先がUチップやウィングチップと言われるデザインの靴や、靴紐を通す穴に金具の装飾が施されている靴は、カジュアル寄りの靴とされ、葬式に履いて行くのにはふさわしくありません。

女性の場合

女性の代表的なフォーマルシューズは、ヒールの高さが3センチから5センチのパンプスが代表的で、ストラップはついていても構いません。

深すぎず、浅過ぎず、指が隠れる程度の、ヒールが低めのパンプスが、葬式に履いて行くのにふさわしい靴と言えます。

しかしここで、気を付けなければならない点がいくつか有ります。

ストラップがついている場合は、ストラップに華やかな飾り物が付いている物は、カジュアル的で好ましくありません。又、ピンヒールも避けなければなりません。

お焼香の時など厳かな空気の中で、ヒールの音を響かせて、闊歩するのは、遺族やほかの参列者への心配りを欠いた行為になってしまいます。

靴の色と素材

葬式に履いて行く靴の色は、つやのない黒色でなければなりません。エナメルなどの光沢感が有る黒色や、灰色がかった薄い黒色、迷彩色的な黒色、このような色の靴は履くべきではありません。

葬式に履いて行く靴の素材は、布製、本革、合成皮革、ポリエステルなどで、つやが無いものであれば問題ありません。ワニ革、ヘビ革などの爬虫類の革でできている靴は、避けなければなりません。

子供の靴

子供が、お葬式に履いて行く靴は、大人の場合とは違いフォーマルな靴でなくても、マナー違反になることは有りません。学校指定のローファーや、目立たない色のスニーカーが適当です。

しかし、蛍光色の靴や、キラキラする光物が付いた靴は、避けるべきです。

おわりに

オシャレは足元からとよく言われる様に、靴は意外と目につくものです。

葬式には、自分の好みではなく、出来るだけ目立たないフォーマルな靴を、履いて行くのが、自らの死者への哀悼の意を表す意味からも、ふさわしと言えます。

記事の著者

マナーの悩みをもっと見る