流行りのキックボクシングはダイエットに効果的?:痩せるための頻度や期間は

今、キックボクシングを取り入れたエクササイズであるキックボクシングダイエットが、芸能人やモデルを初めとする女性たちに大人気です。

キックボクシングダイエットが流行するにつれて、キックボクシング専門のジムなども増えてきています。

では、キックボクシングはダイエットとしてどのような効果があるのでしょうか?

頻度や期間はどのくらいであればダイエット効果があるかなど、キックボクシングを用いたダイエットに関する情報を紹介します。

キックボクシングダイエットの特徴や効果

キックボクシングは手だけでなく足も使います。そして、ダイエット目的で行うキックボクシングでは、主にサンドバッグなどを使ったパンチやキック、トレーナーさんとの軽いスパーリングなどを組み合わせて行います。

キックボクシングは有酸素運動に分類され、筋力をつけながら脂肪を燃焼することができるのがポイント。

通常のボクシングとは異なり、上半身だけでなく、脚の上げ下げも多いため、下半身の筋肉が鍛えられ、ヒップアップ効果も期待することができます。

筋力をつけながら脂肪を燃焼していくため、見た目が変化しやすく、続けていくうちに全身が引き締まり、バランスの取れた身体を手に入れることができます。

また、サンドバッグなどの対象物を打つ、蹴る動作はアドレナリンが大量に分泌され、ストレス発散にもつながるため飽きにくく、筋肉や血流が増加してエネルギー消費を増し、発汗作用が大幅に上げてくれるのも魅力です。

キックボクシングダイエットの効果的な期間と頻度

キックボクシングをダイエット目的で行う場合、安全であること、無理をしないこと、継続できることが重要になります。

体重を落とすことが目的ですが、身体に負担をかけないためには一ヶ月に落とす体重の目安として現体重の5%までがお勧めです。

短期間で体重を落とすとリバウンドしやすく、ダイエット前より体重が増加してしまう危険性があるので、1カ月ごとに目標を立ててダイエットに取り組むようにしましょう。

本格的なダイエットを計画している場合では週2,3回の頻度で行うのがお勧めです。

キックボクシングダイエットが失敗しないための注意点

キックボクシングは殴る、蹴るなどを行うため、日常生活では使用しない筋肉を利用します。そのため、負荷が高く、怪我に注意が必要です。

キックボクシングを始める前後に十分なストレッチを行い、自分の身体の調子を確かめながら行ってください。また、全身運動なので汗をかきやすいので、水分補給をこまめに取る必要があります。

キックボクシングダイエットを成功させるためのポイント

キックボクシングを成功させるためには、いくつか注意すべきポイントがあります。特に重要なポイントを紹介していきます。

マッサージ・ストレッチは入念に

キックボクシングは負荷が大きいため、翌日に疲れを残さないためにも、トレーニング後はしっかりとマッサージ・ストレッチを行ってください。

また、しっかりお風呂に入ることも重要です。湯船に浸かることで自律神経が整えられ、新陳代謝が活発になって疲労物質を体外に排出しやすくなります。

こまめな水分補給

ダイエット中は水分摂取を控える人もいますが、体内の代謝機能を落とさないためにも水分は必要です。水分補給を行うことは、体内の老廃物を排泄する効果もあります。

また、運動による負荷が大きいため、糖質がない水だと低血糖になってしまう可能性もあります。低血糖予防のためにも水ではなくスポーツドリンクで必要な栄養分を補給できるようにすることがおすすめです。

記事の著者

運動・フィットネスの悩みをもっと見る