プラーナを食べるとは?プラーナを取り入れる方法や見る方法も紹介

プラーナという言葉を聞いたことはありますか?スピリチュアルの分野でよく聞く「プラーナ」ですが、サンスクリット語で「呼吸」や「息吹」を指す言葉とされています。

インド哲学では、人間の存在を構成する要素になるものである「風の元素」を意味するものとされており、生き物の生命力に大きく関わる要素の1つです。

まだあまり知られていないプラーナですが、それは見たり取り入れることで自分を高めることができるのです。

今回はそんな「プラーナ」について、見る方法から、プラーナを食べることについて詳しくご紹介します。

プラーナとは?

プラーナが意味するものは、「呼吸」、「息吹」です。これはサンスクリット語の言葉になります。上でもお伝えしたように、インド哲学では人間の構成要素である「風の元素」の1つであるとも言い伝えられています。

ちなみに、インドの有名な宗教にジャイナ教というものがあります。ジャイナ教の教えでは、プラーナは「生命の大元」になると言われており、表現の仕方として「生気」と言うこともあるのです。

ヨガにおけるプラーナの意味

ヨガでは、プラーナは「呼気」のことを指し、生命力の一つに繋がると言われています。プラーナはスピリチュアルの分野でもよく用いられる概念ですが、人が生きる生命力の根源になると言われているのです。宇宙のエネルギーとも言われています。

ちなみに日本では、「気(氣)」と呼ばれることもあります。昔の伝説で、霞を食べて生きていたという仙人のお話がありますが、これは気という生命エネルギーを直接取り込んで生きていた、と解釈することができます。

プラーナを見る方法

ちなみにこのプラーナですが、霊視などの特殊能力は必要なく、誰でも普段の生活の中で見ることができるのです。

プラーナを直接目にすることができれば、「見た」という実感から、さらに自分の生命力を高めることができます。少しでも気持ちを晴れやかにしたいときなどに、実践してみましょう。

晴れた空に向かって前を見る

まず準備として、太陽が出ている日中の時間を選んでください。ちなみにしっかりとした快晴でなければいけないと思う人も多いですが、太陽が少し曇り気味の天気でも問題ありません。

場所は空がよく見える場所が良いでしょう。その場所で、特に何も意識せず、ぼーっと前を見ます。何かを集中して見るのではなく、何にも焦点をあわせないでぼんやり見るのです。

すると無数に飛び交う光の粒が目で確認できるはずです。ぽつぽつと、それはまるで何かの生命体が躍るように、自分の目の前に「プラーナ」が見えてきます。

プラーナを食べるとは?

上でご紹介した「霞を食べて生きていた仙人の伝説」がありますが、これはプラーナを直接体内に取り込んで、生命力とし、彼は生きていたものと思われています。

このように、プラーナを直接「食べる」ことで、通常の食物を食べない「不食」の生活を送っている人達が世の中には一定数いるのは事実です。

何も食べなくても、宇宙のエネルギーであるプラーナを直接体内に取り込んむことで生命力としているのですから、確かに生きていけるのにも一理あるというものです。

もちろんこの不食の考え方は少し極端な例ですが、「プラーナを食べること」を意識し、プラーナを体内に取り入れていくことで、私たちはとても健康で豊かな生活が送れるようになることは確かでしょう。

プラーナを取り入れる方法

では、実際にプラーナを取り入れていくのにはどうすれば良いのでしょうか。ここでは、プラーナを体内に取り込んでいく方法についてご紹介します。

プラーナを取り込むと、体内の栄養バランスが取れ、健康な体を維持することに繋がります。また、プラーナを取り込むことは、自分自身の全体的な運気をあげることにも繋がっていきますので、精神的な満足感を得ることに帰結するとも言われているのです。

では、詳しい「プラーナを食べる方法」について見ていきましょう。

自然から取り入れる

森や海などの自然を強く感じられる場所では、プラーナをたくさん取り入れることができると言われています。特に木はたくさんの生命エネルギーを発しているものなので、森へ積極的に足を運ぶことで、プラーナをたくさん取り入れることができます。

森林浴や海水浴など、行く機会があれば積極的に行ってみると良いでしょう。自然の中では豊富なプラーナを手に入れることができます。

自然は宇宙と繋がっている存在と言われています。毎日の生活の中でも、大きな木や豊かな水などに触れる機会があれば、そこからぜひたくさんのプラーナを取り入れてみてください。

周りの人から吸収する

実はプラーナは周りの人から吸収し、蓄えることも可能なのです。気功に詳しい人は、その知識や能力を活用し、人から生命力を吸い取る場合もあります。

例えば、元気そうな人、幸せそうな人の近くに行って話をすると、自分まで元気になれることがあるはずです。それは、プラーナの考え方でいえば、生命力をたくさん持っている人から「吸収している」ということになるのです。

しかし、プラーナを人から吸い取るのはあまりおすすめしません。自分自身が吸い取られ生気を無くしてしまう可能性もありますし、誰かにすがらなければ生きていけない、依存体質にもなりかねないからです。

新鮮なものを食べる

新鮮な食物を食べること、このこともプラーナを取り入れることの一種の方法だとされています。

栄養学の観点で言えば、食べ物から多くの栄養素を取り入れ、人は栄養バランスを保っています。しかし、これをプラーナの考え方では、「人は食べ物からプラーナを取り込んでいる」と解釈するのです。

上で「自然でプラーナを取り入れると良い」とお伝えしましたが、そんな自然の中で育って野菜や天然水などはプラーナが豊富に含まれています。そのため、プラーナを取り入れるためには、新鮮な野菜を摂取することが非常に効果的だという考え方もあるのです。

プラーナについてのまとめ

今回は、「プラーナ」の正体や取り入れ方について詳しく解説してきました。

プラーナとは息吹とも言われており、それは誰でも見たり取り入れることができます。

さらに宇宙エネルギーとも関わるプラーナは、体の中に取り入れることであなたの生命力を高めることができるのです。

ここで紹介してきたように、晴れた空に向き合ったり、新鮮なものを食べるなどの簡単な方法でもプラーナは取り入れることができるので、ぜひ試してみてください。

記事の著者

占いの悩みをもっと見る