妊娠したら脱毛サロンには通えない?有名サロンの特徴や休会情報も!

妊娠中であってもムダ毛は気になってしまうものですが、妊娠中は脱毛サロンに通うことができません。

これは全身どの部位であっても同じことで、契約書にも禁止事項として記載されていることがほとんどです。

では、一体なぜ妊娠中の脱毛は禁止されているのでしょうか。今回はその理由や、妊娠などにより休会することができるサロンについて詳しくお伝えします。

妊娠しながら脱毛に通ってはいけない理由

妊娠すると脱毛サロンに通えない理由は、妊娠中はホルモンバランスの変化から体質や肌質がいつも以上に敏感になり、刺激による影響を受けやすくなるためです。

痛みを強く感じたり、ジェルなどのニオイに対して吐き気を感じることもあります。

また長時間同じ体勢をとることも妊婦にとっては負担となります。サロンは医療機関ではないため、何かあった場合でもサロン内で処置を受けることはできません。

こういった様々な理由から、妊娠中は脱毛サロンに通えなのです。

妊娠中は重要な所を守るためムダ毛が濃くなる!?

妊娠中はプロゲステロンを始めとしたホルモンの影響により、ムダ毛が目立ちやすくなります。よく聞かれるのが、それまでは生えなかったお腹、へそ周りにまでムダ毛が生えてくるというパターン。

これは妊娠によりエストロゲンなどの女性ホルモンが増えることで、色素細胞であるメラノサイトが刺激され、身体全体にメラニン色素の沈着が起こるからと考えられています。

しかし実際は毛が増えているのではなく、メラニンの影響で毛そのものが濃くなっているのです。出産後にホルモン状態が戻れば毛の濃さも元に戻ります。

お腹を中心に毛が目立ちやすくなるため「赤ちゃんを守る」などの理由が挙げられることもありますが、これについて医学的根拠はありません。

妊娠などにより休会できる脱毛サロン

脱毛サロンに通うときは、値段だけでなく契約の内容もしっかりと確認しておきましょう。サロンによって、休会の有無や再開できる時期が異なります。

銀座カラー

銀座カラーは事前に連絡をすれば、コース途中であっても回数や期間のペナルティ無しで休会することが可能です。

出産後、月経が2~3回きて体調が安定すれば再開することができますが、ワキ・胸・乳輪周りのみ、授乳期間が終了しなければ施術を受けることはできません。

銀座カラーでは、他サロンが普通2年に8回通えるところをなんと1年間で最大8回通えるという特徴があります。

また普通他サロンでは1回2,3時間かかってしまう全身脱毛がたった60分で施術を受けられます。ほとんど痛みもないので、痛みが不安な人でも大丈夫です。

銀座カラーをチェックする

ミュゼ

休会制度が用意されているので、事前に連絡をすればコースをストップすることができます。

出産後、月経が2~3回以上きている状態であれば再開できますが、授乳中はいずれの部位も施術を受けることはできません。

またコースによって休会の期限が異なるので注意が必要です。回数無制限のコースは何年空いてもまた通うことができますが、セットコースなどでは最後の施術から5年間が休会の制限なので気をつけてください。

ミュゼはモデルやタレントなどがたくさん通っていることでも有名なサロンで、お肌に優しい施術をしてくれることが特徴です。

また全国170店舗のどの店舗に行っても大丈夫なのでスケジュールに合わせていきたい時に行きたい店舗で通えます。

ミュゼプラチナムをチェックする

ディオーネ

連絡をすれば施術を休止することができます。再開時期は他のサロンと同様に、出産・授乳期間を終えて、ホルモンバランスが安定したとみられる時期からです。

ディオーネでは毛根を高温で焼くのではなく、38度という暖かいくらいの特殊な光をあてることで発毛を予防するという脱毛方法なので痛みがないというのが大きな特徴です。

また3~4週間に1度通えるため効果を実感するまでの期間が短いです。

Dione(ディオーネ)をチェックする

妊娠出産後に脱毛を再開するときのポイント

出産後の脱毛コースの再開は、出産後2ヶ月~遅ければ授乳終了後と、サロンによって異なります。

しかし、やはり安心なのは、授乳を終えてから。出産後すぐにホルモンバランスが戻る訳ではありません。授乳期間中もホルモンバランスが出産前とは異なることがあるため、施術による刺激を強く受けてしまうことがあります。

また、多くのサロンは子ども連れで行くことができません。予めサロン近くの託児所を調べておくなど、子どもの預け先を決めておくようにしましょう。

記事の著者

美容・スキンケアの悩みをもっと見る