結婚式の二次会までに準備しておかなければいけないことは?:時期別にやることを確認

結婚式に比べると二次会は、オマケのような存在に思えてしまいがちですが、二次会だからこそできることも多くあります。

本当に親しい人達から近い距離で結婚を祝福してもらえるのも二次会ならではです。二次会を成功させるために、どんな準備をいつまでにしておくと良いのでしょうか?

二次会の3ヵ月前に準備をすること

二次会の準備は3ヵ月くらい前から始めるとスムーズです。まずは二次会の規模をどれくらいにするのかをザックリと決めましょう。招待予定の人数と予算を決めていきます。

二次会の会場を確保

二次会の参加者が多い場合は場所だけは早めに押さえておくことがおすすめです。結婚式と同じ日に二次会を行うのならば、移動の負担についても考えておきましょう。

会場の予約が取れれば、結婚式の招待状に二次会の招待状も同封することが出来ます。

幹事になってくれる人を決める

結婚式の二次会は新郎新婦が幹事になってもいいですが、友人や同僚などに頼んでも構いません。依頼する場合は早めにお願いをするのが誠意です。

また、二次会の代行業者もあるので、そちらに依頼するのもおすすめです。

二次会に着ていく服を決める

二次会に着ていく服を決めましょう。特に新婦側のドレスは重要です。会場が狭い場合はあまりボリュームのあるドレスは向きません。二次会向けの動きやすいドレスをレンタルもあります。

結婚式と全く同じではつまらないけれど、着替えたり手配をしたりしている時間や予算はないという場合は髪型やアクセサリーなどを変えるのもおすすめです。

二次会の2ヵ月前に準備をすること

二次会の2ヵ月前には大まかな流れを作っておくようにしましょう。幹事との信頼関係が大切です。丸投げにならないように、あるいは、あまり細かい注文をし過ぎないように気を付けましょう。

二次会のプログラムを作る

挨拶やゲーム、飲食タイム、歓談タイムなどのスケジュールを組みましょう。プログラムを作らないとただの飲み会と化してしまいがちです。

またその際に、ゲームや出し物をする場合は盛り上がることも大切ですが、ワルノリし過ぎや下品なものにならないように注意が必要です。新郎側か新婦側、どちらかが難色を示したのならば辞めるのが無難です。

役割分担を決める、依頼する

幹事だけでなく司会、受付、お金の管理をする人を決め、依頼をしましょう。

二次会の1ヵ月前に準備をすること

二次会直前にもすることはたくさんあります。漏れのないように行い、最終確認を怠らないようにしましょう。

人数の最終確認をする

そろそろ招待状の返信も集まってくる頃です。結婚式の二次会参加者人数の最終確認を行いましょう。

また人数が確定したら、ゲームの景品や席札など二次会で使うこまごまとしたものについても、買出しを済ませておきましょう。

会場への支払い

会場への支払いは会場の指示に従いましょう。全額前払いだったり、前金が必要だったりすることもあります。カード払いが可能な場合はかなりのポイントが期待できます。

結婚式の二次会の準備は余裕を持って

結婚式の二次会は結婚式に比べて手を抜いてしまいがちですが、結婚式と同じく、早めに取り組むことが成功を招く秘訣です。

全部を自分達だけでやろうとせず、友人やプロの手を借りることも大切です。結婚式よりも自由にやれることが多い分、準備も含めて思いっきり楽しみましょう。

記事の著者

結婚式の悩みをもっと見る