手取り17万円では結婚・出産はきつい?収入を増やす方法とは

仕事はあってもなかなか給料が増えない時代です。そんな時だからこそ生活の内容を見直して、上手にやり繰りして将来のために少しでも貯金したいですね。毎月の手取りが17万円という方のライフスタイルや、収入を増やすための方法についてまとめてみました。

17万円の収入はどのくらいの評価?

17万の手取りですと、20代半ばから後半くらいの収入でしょうか。

地方ではこの年代の方の収入は17万円を下回る地域があります。都市部と地方では物価に差があるので、給料にも差があります。

派手な生活をしなければ余裕で暮らせる水準です。しかし、結婚して家族が出来ると話が違ってきます。節約する癖を身につけておきましょう。

17万円の収入の人が多い職種・業界・会社

月収が17万円ほどの職業は一般的なサラリーマンが多いです。

技術職ではなく、事務職、スーパーなどの小売業、飲食業、製造業などです。中小企業では基本給以外の手当てが薄い傾向があります。

小売業や飲食業は休みも少なく時間も不規則な上仕事が結構ハードなのですが、それに見合った収入はなかなか得られず転職する人が多い業界です。

製造業は繫忙期になると残業で17万以上の収入を得られることもあります。やはり上場企業の方が待遇は良いです。

17万円の収入のライフスタイル

この収入レベルで毎月1番大きい出費が家賃ではないでしょうか。お金を貯めたいのでしたら、出来るだけ安い物件に住みたいですね。

毎月の出費を減らして貯蓄に回すには、光熱費や食費、通信費を抑えたいところです。特に光熱費は給湯設備がガスか電気かで大きく差があります。

ガス代は高額になるので節水節電が必要です。食事は外食やコンビニばかりで出費が多くなるので自炊を心がけます。

車は買えないということはありませんが、維持費のかからない軽自動車なら問題ありません。無駄遣いをしなければ少しずつですが、お金は貯まります。

毎月17万の収入で結婚・育児はきつい生活になります。それまでにしっかり貯蓄しておく必要があります。どちらかの親と暮らすと家賃がいらず子供の面倒もみてもらえるメリットがあります。

給料をアップさせるためにすべきこと

17万円の収入で満足できないのでしたら、副業をするか転職を考えなければいけません。今より収入を増やすためにはどうしたら良いのかよく考えてから実行に移しましょう。

収入を切らさないためには、前もって次の職も決めておかなければいけません。何にもビジョンが無いとのちのち困ってしまうのは自分自身です。

今と同じ仕事では結局同じ収入に落ち着いてしまう可能性もあります。求人情報などをしっかり調べて基本給だけでなく、各種手当が充実している、昇給があるなどのポイントを見ましょう。

これならやりがいがあって、自分にもできそうだ!という仕事を見つけてください。

まとめ

収入が17万円では無駄遣いをしなければ、普通の暮らしが出来ます。ライフスタイルを見直し削れるところは削って、将来のために貯蓄することを考えましょう。

現状に満足していないのでしたら、転職を考えなければいけません。勢いで決めるのではなく、前もってじっくりと下調べをしておきましょう。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る