レコーディングダイエットをやってみる:方法とポイントを紹介!

書くだけダイエットと称し、一躍有名になったレコーディングダイエットは、なお多くのダイエッターに取り入れられています。

しかし、食べたものをメモするだけなのはわかるけれど、レコーディングダイエットの具体的な方法やポイントを知りたい人は多いのではないでしょうか?

今回は、そんな人々に向けてレコーディングダイエットの方法や効果、成功するポイントを紹介していきます。

レコーディングダイエットのやり方

とにかくメモする

基本的には食べたものだけをメモする簡単なダイエットです。食べたものを全部書き出し、毎日同じ時間に体重、体脂肪をはかってメモするだけです。

ただし口に入れたものをすべて毎日メモを取ることです。気のゆるみで食べてしまったチョコレートひとかけらでもです。ポテトチィップス1枚でも、コーラ一口でも、残らず全部書き出します。

レコーディングノートは常に持ち歩く

記録用メモはできるだけ常に持ち歩いて、食べたものをオーダーした瞬間など、食べる前に書き出すのがポイントです。

食前に記録することで、食事抑制を狙います。食後に追加で食べようとしても、メモする面倒さから食事を抑えられるでしょう。

「書くだけ」に注力する

最初はとにかく「食べたものをただ書くだけ」です。この時点では、まだカロリーを調べたり、カロリー制限をするのは厳禁です。

ダイエットの敵は食欲ではなくストレスとも言われているので、最初から無理をしすぎてはいけません。

メモが苦痛でなくなってきたら、その次の「食べたもののカロリーをすべて調べて、書き出す」という段階に移行しましょう。

ダイエットになると言われている理由

食べすぎないようにと思うだけでは、実際に行動を起こすのに時間がかかるかもしれません。

そこで記録による視覚化で、自分の食事量を見直し、食欲を抑えようとする行動につなげるのです。

その結果、体重が元に戻りやすくなります。これがダイエットにつながる理論です。

辛い運動や食事制限は不要です。レコーディングで生活を見直して、無理なく理想の身体を手に入れましょう。

レコーディングダイエットを成功させるためのポイント

レコーディングダイエットを成功させるには、少し食べすぎても落ち込まず、ゆっくり取り組むことが大切です。

自分の食生活を振り返ることで、自分がどのくらい不健康な生活をしているかに気付くことができます。

気がついたならば、あとは改善のみです。忙しい中で気軽に使っている外食や、コンビニ弁当に記載されているカロリーを意識するだけでかなり改善されるでしょう。

記事の著者

ダイエットの悩みをもっと見る