年齢差が絆を強める?!年上彼女と結婚する5つのメリット

imasia_2323621_M

年齢差が絆を強める?!年上彼女と結婚する5つのメリット

年の差婚カップル、多いですよね。特に「年下の男性」と「年上の女性」の組み合わせは、近頃ますます抵抗がなくなってきたように感じます。

年上の奥様を持つ旦那さんに、「年上女性と結婚したのはなぜ?」と聞いても、おそらく「たまたま年が上だっただけ」「年齢差はあまり意識したことがない」という答えが返ってくるでしょう。

もちろん、それもウソではないかもしれません。でも実は、彼らは自分でも気付いていない恩恵を、年上の奥様 から受けているんです!

当事者も気づかない、隠されたメリットを5つ挙げてみました。

1.堅実な暮らしが手に入る

年下彼氏を将来の伴侶として意識した瞬間から、女性は周到で現実的な計画を練りはじめます。

特に年上彼女は、夢みたいな空想は排除し、結婚後のプランもしっかりと考える傾向にあります。出産・育児をすぐに始めたいという願いもあるし、当然ですよね。

そのため、新婚生活でも舞い上がらずに、堅実な生活を続けていくことができるでしょう。

しっかり家庭を守って、年下の旦那さんが仕事に集中しやすい環境を作ってくれるはずです。

2.結婚後も「男と女」でいられる

年の差婚は、年下の旦那さんは「年齢差は気にしない」という人が多いようですが、年上の奥様の方は、常に年齢を意識しています。

夫の前で口に出したりはしませんが、ひそかに若さを保とうと努力している人がほとんどです。

自分が年上であることを極端に悩むのでなければ、女性にとって、年齢差への意識は良い刺激になります。

年下の旦那さんが初婚である場合は、他の女性との結婚生活を知らないので、妻が若さを保つために努力する姿は珍しいものではないかもしれません。でも、女性が自分のためにキレイでいようとしてくれるなんて、男性にとってこれほど幸せなことはないんです!

結婚生活に無理は禁物ですが、いつまでも「男と女」でいるための努力は大切なんですよね。

3.妻の実家が居心地のいい場所になる

年上の奥様の両親は、年下の旦那さんを、最初はいぶかしく思っているかもしれません。でも、一度信頼されれば「かわいいお婿さん」として、いつでも歓迎されるようになることでしょう。

若さというのは、女性だけでなく男性にとっても貴重な魅力。妻の両親から“お婿さん”というより“息子”として大切にされるケースも多いみたいです。

「自分の実家より、妻の実家のほうがなぜか居心地がいい」という年下の旦那さん。それは、すごく幸せなことなんですよ。

4.外野からの視線で夫婦の絆が強まる

奥様が年上の夫婦は、今ではそれほど珍しいことではありません。でも、親せき、友人など外野から好奇の目にさらされることは度々あります。

「早く子どもを作らないとね」「旦那が尻に敷かれてるんじゃないのか?」など、無神経な言葉を投げかけられることも、結婚当初はよくあることでしょう。

当事者としては鬱陶しいことこの上ありませんが、こうした外野からの刺激が、夫婦の結束を強くするきっかけにもなるんです。

特に年下の旦那さんは、しっかりと奥様を守ろうという意識が強くなり、「一家の大黒柱」としての自覚が早くから生まれるようです。

5.ワンランク上の大人の世界を知れる

年上の奥様の魅力は、年下の旦那さんに対して、成熟した大人の世界を見せてくれることでもあるでしょう。

生活の中で、服装から家庭用品、料理、レクリエーションなど、趣味嗜好の面でワンランク上のものを、普段から教えてくれるのです。

年上の奥様は、自分の交友関係などからさまざまな情報を仕入れ、家庭の中でもそれを発信します。身の丈以上の贅沢をするわけでもなく、生活の中にワンランク上の要素をさりげなく溶け込ませてくれるので、旦那さんにとっても居心地がいいはずですよ。

5.ワンランク上の大人の世界を知れる

いかがでしたか?

年齢差は、考え方次第でたくさんのメリットを提供してくれるもの。

もしあなたが年の差婚を意識しているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です