男女が考える愛情表現の違いについて徹底分析!お互いが幸せになれる究極の愛情表現とは?

「男と女はまったく違う生き物」とは世間でよく言われる言葉ですが、いったいどれくらい違うのでしょうか。

また、そもそも「愛情」とは何なのでしょう?

今回は、愛情とその表現方法にスポットを当てて、「男と女の愛情表現の違い」についてご紹介していきます!

彼が付き合いたての頃のように誘ってくれない…。それが男性の愛情表現だとはわかっても、やっぱり寂しい…というあなた。

彼をもう一度夢中にさせましょう。夢中にさせるにはコスプレや大人のおもちゃなど使ってみる方法もあるでしょう。しかしこれらはなかなか使うのが難しいのではないでしょうか。

そこでおすすめなのがベッド専用香水・リビドーロゼ。リビドーロゼには男性の性欲のスイッチを切り替えるオスモフェリンというフェロモンが配合されています。

同棲している方なら寝る前にベッドにかけてみたり、デートでしか会えないという方は帰り際にリビドーロゼをかけてキスをしてみれば何かが変わるでしょう。

ベッド専用香水で彼を虜にする

シチュエーション別!男女の愛情表現違いとは?

彼氏や彼女と過ごしているとき、一緒にいるにも関わらず相手の愛情が感じられず寂しい思いをしてしまったことはありませんか?

もしかしたら、その愛情表現の感じられなさが原因で別れを考えてしまったことのある人もいるのではありませんか?

しかし、それは決してあなたを愛していないのではなく、男女で愛情表現について考え方が違うため寂しい思いをしてしまっただけかもしれません。

そこで、今回はシチュエーション別に、男女の愛情表現違いを紹介していきます。

1. 「好き」という気持ちを伝えるとき

付き合い始めたのはいいけど、彼女ばかりがメールや言葉で「好き」と伝えて、彼の方はそれに「うん」と応えるだけ…なんで彼は気持ちを伝えてくれないの?とモヤモヤしたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

一般的に、女性の場合は「好き」「会いたい」などをそのまま言葉にして愛情を示すのに対し、男性は「仕事が忙しくても合間をぬって会いにいく」「頻繁に連絡をとる」など、行動で愛情表現をする生き物です。

彼にとっては、好きだという気持ちを言葉にするのは恥ずかしい、その代わり行動で示してくれているのです。

2.愛情を深めていくとき


女性が男性からの愛情を感じるのは、まっすぐ「好き」と言われたり、抱きしめてくれたり、落ち込んでいる姿を見て励ましてくれたりなど、直接的なコンタクトです。

つまり、先にも言ったように、言葉を中心とした現実味のある日常のやりとりを重ねた結果、愛情が深まっていくのを感じます。

一方男性は、愛情が深まるにつれ、女性ではなく別の世界を見るようになります。その女性を幸せにしたいから仕事や勉強をがんばるのです。

女性の方からグイグイいってしまっては男性の愛情は深まりません。

3.性的な関係をもつとき

女性の場合、男性に甘い言葉をささやかれたり、優しくされることで愛情を感じます。女性は男性に「言葉」で気持ちを伝え、同じように「言葉」で愛情を表現してほしいと考えます。

男性は、気持ちよくしてもらうことで女性からの愛情を感じる傾向にあります。

自分が求めているものは相手も求めているはずだという思いから、男性は女性を気持ちよくさせる「行動」で愛情を伝えようとするのです。

この違いは男女それぞれが好むキスの種類にも如実にあらわれています。

4.悩んでいるとき・相談にのるとき

女性は、仕事やプライベートなどで悩んだとき、彼に支えてほしいと思いますよね?「どうしたの?」とか「話を聞くよ?」とか、そんなふうに話しかけてほしいものです。

でも、そんなときに男性はちっともかまってくれません。むしろ距離を置かれたりして、冷たく感じることもあります。でも、これがあなたへの愛情表現なのです!ちょっと驚きですよね?

女性は「ただ話を聞いてほしい」という気持ちでも、男性はそんなことはわかりません。ですから、その女性の悩みを解決できるようなアドバイスをしてあげます。

ときには力が入りすぎてお説教のようになってしまう男性も(笑)。これも、自分だったらそうしてほしいからです。

男性が同じように悩んでいるとき、あなたや周囲から「大丈夫?」と心配されると、嬉しい半面、「自分は信頼されていないんだ」と惨めな気持ちになってしまうのです。

だから、愛情が深いほど、自分が悩んでいるときにしてほしいことをあなたにもしているのです。

また、男性が女性に相談した場合、具体的なアドバイスなく、ただ「ふんふん」と話を聞いているだけの女性に「時間の無駄だった」と考えてしまいます。

そして、このようなことが続くと、男性は女性にそもそも相談をしなくなります。それが女性をさらに不安にさせ、男女のすれ違いが大きくなっていってしまうのです。

5.釣った魚にエサはやらない!これも男性の立派な愛情表現!


男性は、女性を好きになり、振り向いてもらうためにいろいろな策を練ります。

おいしい食事に連れて行ったり、夜景のきれいな公園でデートしたり、欲しがっていたアクセサリーをサプライズで用意したり。

とにかくマメに連絡を取りますが、努力が実を結び、大好きな女性と付き合うことになると、最初は、嬉しくて嬉しくて毎週末のようにデートを重ねていきますが、そのうちだんだん何もしてくれなくなります。これこそが、男性の愛情表現なのです!

あなたが自分のものになったと安心して、仕事や趣味など別のことに意識が向くからで、決してその女性のことを嫌いになったわけではないんです。

ちょっと寂しい気もしますよね。付き合った頃のように彼と仲良くしたいというあなた。リビドーロゼを使えば、もう一度彼を虜にできるかも!?

リビドーロゼは、最近デートやHがマンネリ化しているという女性や、付き合った頃のようなドキドキ感がなくなったという女性におすすめの香水。

男性ホルモンであるテストステロンを刺激する成分が含まれているので、そっぽを向いていた彼の態度が変わるはず。熱い気持ちを取り戻しましょう。

リビドーロゼで熱い気持ちを取り戻す

6.喧嘩してしまったとき

泣いたり拗ねたり、とにかく感情表現が豊かです。

自分の感情を相手にぶつけるかのように激しく口喧嘩を仕掛ける人や、逆に、男性の存在自体を無視したような行動に出る女性もいます。「かまって欲しい」という心の表れなのかもしれません。

しかし、誰にも泣きわめく訳ではありません。あなたを信用して安心いるからこそ、感情表現が豊かになるのです。

逆に男性は女性に比べるとわかりにくいです。彼と喧嘩をして、もし黙り込んでしまったら、それは男性特有の愛情表現ととらえてみましょう。

女性の皆さんは驚かれると思いますが、逃げているようにも見える「黙り込む」という行動は、相手のことを考えているからこそ引き起こってしまう行動なのです。

人は誰しも、怒っているときは冷静な判断ができず、そのイライラを相手や周囲の人にぶつけてしまいがちです。

このことから考えると、男性が黙るということは、「感情に任せて相手にイライラをぶつけたくない、冷静に話し合いたい」という心理の表れです。

7.好きだからこそのすれ違い

例えば、連絡ひとつとっても、女性は忙しくたってメールや電話でいつもつながっていたいし、仕事帰りの5分だけでも会いたいと思うものです。そして安心したいのです。

「常に自分が1番!自分のことだけを考えていて欲しい」と思うのが女性です。

男性は、会えないときほど次に会うのを楽しみに、仕事に集中します。愛情が深まれば深まるほど、女性のようにメールや電話でしょっちゅう連絡を取るのは「ただただ面倒くさい」のです。

「言わなくても俺の気持くらい分かるだろ」と思うのが男性なのです。

愛情表現が下手くそな男性は知っておくべき!究極の愛情表現とは?


長い間つきあっているカップルやご夫婦は、もうそれぞれ相手の本性が見えてきます。だからお互いに過剰な期待はせず、まるで空気のように寄り添う関係になっていきます。

なんとなく寂しい気もしますが、これが男女の愛情表現の究極なんです。

わかり合うのは不可能なほど愛情表現について考え方が男女は違うのですから、お互いに相手を変えようとがんばっても、かえって疲れるだけ。大切な愛情が消えてしまうかもしれません。

そんなことに時間を費やすより、相手は相手、自分は自分を言い聞かせ、歩み寄れる部分は歩み寄り、理解できない部分は理解できないままでいいのです。

そうすることで彼氏にイライラすることも減り、日々楽しく過ごすことができるでしょう。あなたが楽しんでいれば、彼氏ももっと楽しませてあげよう、と自ら行動を変えてくれます。

1.「褒めて伸ばす」を意識して、彼女を持ち上げる

彼女の努力を褒めるクセをつけると、より信頼関係が深まります。

例えば手料理をふるまわれたら、常に「前回より美味しい!」と言い続けることで、前向きな取り組みを後押しできることでしょう。

女性にはとりあえず褒めて、お礼を言えば機嫌が悪くなることはありません。どうしても否定したい場合も、まずはどこか1つ肯定してから否定するように心がけましょう。

2.デート中はレディファーストを実践し、丁重に扱う

「ドアを開けてくれるだけでも嬉しい」というように、徹底的なレディーファーストをすることで彼女を喜ばせる作戦です。

どんなに長く付き合っていても、デートのたびにお姫様気分を感じさせてあげれば、新鮮な気持ちを持ち続けてもらえるでしょう。

3.彼女が疲れている時は労いの言葉を欠かさない

「仕事のミスで落ち込んでいる時、『いつも頑張っているね』って言われたら泣く」(30代女性)など、彼女が不調な時こそ、そばにいて支えてあげることで、深い愛情が伝わるようです。

彼女の悩みの聞き役になるだけでも、精神的な負担を軽くしてあげられるはずです。

4.ギュッとしてあげる、頭をポンポンするなど、優しいスキンシップをする

「Hな感じのないスキンシップだからこそ、いい」(20代女性)というように自然なボディタッチから男性の心理を読み取る女性もいます。

一緒にいるときは、手を握ったり、何かにつけてハグしてあげると、穏やかな安心感を与えられそうです。

5.お茶やコーヒーなど、彼女の愛用品をさりげなくプレゼントする

「長く付き合ってるだけあるなぁと思う」(20代女性)というように、彼女が愛用している嗜好品を用意しておくことで、理解の深さをアピールする方法です。

「オーガニックだとベター」など、小さなこだわりも見逃さないようにしましょう。

なぜ男女で、愛情表現の解釈が違うの?


今まで男女別の愛情表現や、彼女が喜ぶ愛情表現テクニックを紹介してきましたが、そもそも、なぜここまで男女で、愛情表現の解釈が違うのでしょうか?

愛情良いう言葉の意味と一緒に、愛情表現の解釈の男女差についてご紹介します。

愛情とは?愛情表現

辞書によると、愛情とは「深く愛し、いつくしむ心」や「異性を想い、慕う心」などとあります。男女がお互いに、もしくはどちらか一方に好意を抱き、それが深まっていくにつれて湧き出る情のことを「愛情」と呼ぶようです。

また、異性だけではなく、動物や植物、子供に対して湧き上がる感情も「愛情」です。

「好き」よりも、もっともっと深いところにある感情、それが「愛情」なのかも知れません。誰よりも何よりも大切にしたい、そう思えるものに出会ったとき、人は自分の中の愛情に気付くものなのなのでしょう。

男女の愛情の感じ方の違いとは?

人間というのは昔から、「男は狩りに出かけ、女は子供や家を守る」という行動プログラムが遺伝子に組み込まれています。

この本能をしっかり理解しておけば、気持ちのすれ違いで悩むこともなくなるはずです。

要するに女性は、目の前のことに幸せを感じられる生き物。目に見えていることが全てなんです。「女性は現実的」なんて話を聞いたこともあるでしょう。

それに比べて男性は、家族を養うために命をかけて食べ物をとる必要があります。色恋にうつつを抜かしていたら獲物にやられてしまうのです。つまり男性は、今ある現実よりも将来を見据え、その目的を達成することで幸せを感じるのです。

男女の愛情表現まとめ


付き合いが長くなってから、彼氏や旦那さんの口数が少なくって心配になり、本当の事を話してと喧嘩をしてしまうカップルもいると思いますが、これは男女の考え方の違いによるもの。

そこを理解できていないから別れたり、離婚してしまったりするんです。相手を自分と同じと考えず、まったく違う生物として認識することで、かえってお互いの絆が強まるなんて、男女の関係って不思議ですよね。

また、体の関係だからこそ表現できる愛情もあるでしょう。しかしきっかけがないと、なかなかセックスを始めるタイミングはないでしょう。そんなときにリビドーロゼを使ってみるのも1つの手。

コスプレなど使ってマンネリ化を解消する人も多くいますが、まずはベッド専用香水・リビドーロゼから試してみるのがおすすめします。

リビドーロゼの特徴は男性ホルモンを直接刺激できるところ。男性ホルモンを刺激することで性的興奮が高まりセックスしたいというモチベーションへとつながるのです。

実際に使ってみたという口コミには、キャバクラでお客様からの指名が増えたなど効果が出ています。なにか変化をもたらしたいという方はまずは行動に移しましょう。

リビドーロゼで男性をその気にさせる

関連記事:彼氏が愛情を表現する時の心理と見分け方

Tags

ライター