25歳ニートの就職を成功させる方法:少しの勇気で正社員に

ニートと一言で言ってしまえば、働かずに家で引きこもっているイメージを持っている人がほとんどでは無いでしょうか。

確かにそれも一理あるのかも知れません。

ただ、働きたいと思っているけど行動に移すことが出来ない、もしくは行動の移し方が分からないというニートの人がいるのも事実です。

例えば、自身の身内などが20代前半でニートの状態だったとしたら、まだまだ若いのに勿体ないと思いますよね。

そこで、今回は25歳でニートの正社員としての就職を成功させる方法をまとめてみました。

25歳ニートの正社員就職を成功させる方法まとめ

25歳ニートの生活の実態

まずは25歳という年齢でニート状態となっている人は、高卒・大卒の年齢からまだそんなに年数は経っていないのでまだニート歴が短いはずです。

そのような若い人達がニートとなり生活をしている訳ですが、どのような生活を送っているのでしょうか?まずは生活をする上で無ければ困ってしまうものとして、衣食住が無いと困りますよね。

まず衣服は、新しい服はほとんど購入できません。保護者が購入してきた服を文句も言わず着ているケースが多いです。

食に関しては、保護者の調理した料理を食べるというのが当たり前の状態となっています。

住に関しては、ほとんどが実家暮らしでしょう。仮に一人暮らしをしていたとしても1Rなどの部屋で一人暮らしでは無いでしょうか。

一般的な社会人が活発に活動する時間帯に活動をせず昼夜逆転していたりゲームに部屋にこもっているのが現状ではないでしょうか。

今後も同じ生活が続くことはありません。いずれ自立して社会に出る必要があります。

ニートとなった原因は?

現在、25歳でニートの人も、元々はなりたくてなった人なんていないと思います。では、何が原因でニートになるのでしょうか?

例えば、職場でのコミュニケーションが苦手だったり、いじめがあったり、職場の人間関係があったりと、ニートになった理由は様々です。

ここで考えるとしたら、すべてのニートの人達がコミュニケーションが下手な訳では無いという事なんです。

もし、上手にストレスと関わることが出来たらニートにはなっていない可能性が高いのでは無いでしょうか?ニートになってしまった原因を考えそれにあった対処を考えることが大切です。

25歳ニートの就職希望者がつまずく原因

ニートの状態から抜け出そうと、思い切って就職活動を行ったとしても、もちろんすぐに就職が出来るケースは少ないです。

就職につまずくニートには特徴があるのです。そもそもニートになってから、外(社会)との関わりを遮断してきた事で、外の社会の事が分かりません。

こんな仕事なら自分にも出来そう、出来て当然、採用されて当然、と思っている人が多いのです。

これは大きな間違いです。ニートの人達が外(社会)との関係を遮断している間も、世間の動きはすごいスピードで変化を遂げています。

ここでギャップが生じます。ギャップとは、自身の思い描いている就職活動と、現実の就職活動のイメージが乖離しているのでギャップを感じるのです。

あれっ?と思って気づくのならまだしも、何で自分の良さが分からないんだ!と過信しているケースも少なく有りません。

世の中の状況を知る

まずは、世間の流れや動きを把握して、世の中のトレンドに乗り遅れないようにした方が正社員就職への近道です。

世の中の動きに付いていくという事が大事なのです。これはどういう事かというと、世の中の動きや雰囲気をリサーチする必要があります。

何が流行っているとかそう言った事では無くて、お金の価値などの感覚に関してや、世の中のニュースに興味を持って、どのような社会問題が起きているのか等目を通すと良いでしょう。

また、同世代の社会人がどのような言動行動を一般的に取っているのかは押さえておくと良いです。これは、25歳ニートの人が正社員としての就職を可能にする為でも有ります。

少しの勇気と決意

ニートで毎日を過ごしていると、外出や、他人とのコニュニケーションも上手く出来ないケースが多いのでは無いでしょうか?

しかし、ニートから正社員への就職をしたいと考えるなら、少し踏み出す勇気が必要です。社会生活に戻るための決意を、少しでも良いので持って見ましょう。

自分の出来る事を洗い出す

あくまで目的は正社員としての就職だとしたら、何が必要か考えた時に、まずは今までにしてきたバイトでも良いし、もしバイトや就職経験が無いのであれば、自分の得意な事は何かを考えて見ましょう。

バイトや一度でも企業に就職をした事があるなら、どのような業種でどのような業務内容でしたか?

就職経験が無いなら趣味で行なっている事や得意な事を書き出して見ましょう。

仕事を探す

自分自身の出来る事をまとめる事ができたら、自分のしたい仕事を考えましょう。

25歳という年齢はまだまだ若いです。1から勉強をして新しい業種に飛び込むという事も十分に可能です。

正社員の募集要項を見て、自身がウキウキ・ドキドキするような仕事を見つけましょう!

転職サイトに登録してみるのも一つの方法です。利用料はかからないのでお金がなくても気軽に利用することができます。最近ではニートやフリーターの人でも実際に転職サイトで転職に成功している人も多いそうです。

自分のアピールポイントをポジティブに

受けて見たい仕事が見つかったら、面接に行くと思います。面接では、今までの職業の経歴などを必ず聞かれてくるでしょう。

もし、ニートだった事実を面接官が聞いてきたとしても、前向きに応える事がポイントです。前向きに伝えた後、自身が御社でどんな事ができるのかを自分の口で伝えるのです。

面接官は、常に、人を雇用する事で得る利益を考えています。将来性がある人を合格にするのです。

なので、絶対に就労をしていなかった事実をネガティブに伝えてはいけません

まとめ

25歳ニートというレッテルを自分で貼るのは辞めて、自分に期待をする事がとっても大切なのです。

就職での面接など全てに於いて、前向きに捉える事がとても大切です。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る