結婚式の二次会でのマナー:御祝儀や服装は?

結婚式・披露宴がおわった後に、二次会を開く新郎新婦は少なくありません。ですが結婚式や披露宴と違い、カジュアルな場で親しい人が参加するということで、あまりマナーが知られていません。

きちんとマナーを知ることで、二次会もより一層良いものになります。また、職場の上司や知人の結婚式に招かれた場合、失礼のないようにきちんとマナーを知っておくべきです。

ゲストの服装マナーや出欠マナー、お金のことなどしっかり覚えておきましょう。

出欠席の連絡を忘れずに

結婚式の二次会は、主に友人だけを招待して楽しむため、あくまで任意参加。欠席したとしても、マナー違反にはなりません。

ですが黙って欠席するということは、相手に対して大変失礼に当たります。なので出欠の意向と、欠席する場合は理由を必ず伝えるようにしましょう。

二次会のご祝儀は必要なし

二次会にはご祝儀はありません。二次会に参加すること自体が、お祝いの気持ちも含まれていると考えるのが一般的だからです。

ですが披露宴から二次会に出席する場合でも、ご祝儀とは別に会費を払います。

二次会の会費は幹事さんが集めるのが一般的なので、ご祝儀のように封筒に入れたりしない方が良いです。受付の人が確認しやすくなるよう、すぐに受付で出せるように準備をしておきましょう。

また新郎新婦に直接渡すものではなく、会場に支払うためのものなので、ご祝儀の様に新札で支払う必要はありません。

服装マナー

また服装についても披露宴と異なり、特に強いマナーがあるわけではありません。会場ごとの服装を考えて、チェックしておきましょう。

結婚式場、ホテル、高級感のあるレストラン

高級な場所では、きれい目で上品な露出を抑えた、ひざ下丈のワンピースを選ぶのが最も最適だと言われています。色はきちっとしすぎず、淡い色や光沢のある素材といった華やかなデザインが良いです。

男性は基本はスーツやネクタイ、ジャケット着用ですがカラーワイシャツなども良いとされています。

カフェやレストラン

よりカジュアルな場所では、女性はワンピースにボレロやカーディガンなどの羽織物を合わせるスタイルが最適です。

男性はネクタイはなくてもよく、紺やグレーなど落ち着いたカラーのジャケットを着用すると良いでしょう。

居酒屋やカラオケ、パーティースペース

女性はブラウスやスカートの組み合わせや、柄ワンピース、パンツスーツなども着用できます。自由におしゃれを楽しめますが、ラフに着こなし過ぎないように気を付けてください。

男性もジーンズは避け、あくまでもきれいめに見えることが大切です。

女性の服装マナー

白色の服は二次会とはいえ、花嫁は白いドレスで登場する可能性もあるので避けましょう。またボレロやカーディガンなどの羽織物が白く、着席したときに白っぽい服と間違われることがないように注意してください。

露出度の高いドレスや身体の線がはっきりと出てしまうドレスは、新婦よりも目立ってしまうのでふさわしくありません。露出が心配な場合は羽織物を持っていきましょう。

またファーや、動物柄も殺生を連想させてしまうので避けるようにしてください。

まとめ

二次会は結婚式や披露宴と違い、ラフな雰囲気となっています。ただし新郎新婦にとって失礼にならないように、最低限のマナーを意識することが大切です。

会場の雰囲気や、参加する人の関係性を意識しながら、マナーを確認してみてください。

記事の著者

マナーの悩みをもっと見る