新盆と旧盆の違いは?:風習や地域による違いなど

日本に昔からある行事の一つがお盆です。日本で行われるご先祖様の霊を祀る一連の行事のことをいいます。

盆の明確な起源はわかっていません。

一般的にお盆というのは仏教の行事と認識されていますが、仏教の教義で説明できない部分もおおくあり、それは古神道における先祖崇拝の儀式や神事に、仏教行事の盂蘭盆が習合して現在の形ができたと考えられているからです。

そして日本には旧盆と新盆の二つのお盆が存在しています。

新盆と旧盆なぜふたつある??

7月に行うお盆を新盆、8月に行うお盆を旧盆と呼びます。

なぜこのように時期の違いが生じ、二つあるかというと明治時代に行われた改暦が関係しているからです。

この改暦により、日本の行事は30日ほど遅れるようになりました。もともと旧暦7月15日に行われたお盆が改暦後に8月15日になったということになります。

ですが、7月というのは多くの農家にとっては繁忙期にはいり収穫や出荷で忙しく、ゆっくりとご先祖様の霊を供養する余裕がありません。

繁忙期が過ぎた8月なら一息ついてお墓参りや供養をするのに都合がよく旧暦と同じ時期のまま、現在の8月に行われる旧盆が主流となったのです。

気候や気温などによって、収穫時期も地域によって異なります。なので7月の新盆、8月の旧盆の二つが存在するということになりました。

新盆と旧盆に行う儀式

新盆も旧盆も、時期が違うだけで由来や内容は同じで、供養の方法にも違いはありません。

お墓掃除やお参りをする機会は、お盆を除いてはなかなかないものなのでご先祖様への感謝をしっかりと忘れずにしましょう。

地域によって異なる?

結婚や仕事などでほかの地域に行った場合、お盆を迎える時期が違う場合があるかもしれません。

新盆の地域は東京を中心とした一部の地域のみで、多摩地区の一部を除く東京、函館、金沢の旧市街地が7月にお盆を行っていて7月15日を中心に様々な祭りが行われています。

なので7月中に花火大会や縁日などさまざまなお祭りが開催され、7月がお盆の時期なので七夕祭りとお盆の行事を一緒に行う場合もあるようです。

旧盆の地域は東京と一部地域を除くほぼ全国の地域で8月にお盆を行っています。旧盆の地域の多くでは8月15日をお盆の中心と考え、8月13日~8月16日までの四日間に「お盆の催しや風習が行われていますが、京都の様に8月7日からお盆の始まりを迎える地域もありますが、8月15日がお盆の中心であるということには変わりありません。

まとめ

引っ越しをしたときなど自分が住む地域がいつお盆を迎えるのか知っておきましょう。

同じお盆でも新盆と旧盆があり、ご先祖様を供養するということは変わらないのでしっかりと感謝の気持ちを込めてお盆の準備をすることが大切です。

お墓参りやお掃除など、普段あまりできないことをしっかりとやることできちんとお盆を迎えることができます。

記事の著者

冠婚葬祭の悩みをもっと見る