真言宗のお盆の迎え方や飾りなどのしきたり:他の宗派との違いは?

真言宗とは日本の宗派の一つです。また真言宗は真言密教、真言陀羅尼宗とも言われています。

そして毎年夏にやってくる日本の伝統的な行事の一つであるお盆ですが、宗教によりお迎え方や飾りしきたり、考え方が違うので自分の住む地域がどうやっているのか確認しておくと良いでしょう。

また帰ってきたご先祖様の魂を供養するためにお膳をお供えする習慣がありますが、それも料理のメニューやお膳の供え方も異なる場合があるので事前に確認しておく方が良いです。

お盆の迎え方

まずお盆の日程は8月13日~16日とされています。

お盆の入りとされる13日には迎え火としてご先祖様の霊を家に迎えるために精霊棚を飾ります。

お供え物について

精霊棚にお供えするものとして、真言宗ではおそうめんや野菜の煮物、くだものやお菓子、お茶といった精神料理を普通に食べられるような状態にして仏壇の前にお供えします。もちろんお箸も一緒です。

そしてお花、お線香やお香、浄水なども一緒にお供えします。

また親戚や知人からのお盆のお供え物は箱にいれたままにせず、ご先祖様にどのようなものをお供え物として頂いたのかがわかるようにして、お菓子であれば箱から出したり、クッキーなどといった小袋に入っているものはすぐ食べれるように袋から出してお供えしましょう。

迎え火・送り火について

お盆の入りには迎え火をするとお話ししましたが、お盆の終わりにも送り火をします。迎え火、送り火をする際、おがらと呼ばれる皮を剥いだ麻の茎を用いてるのが一般的です。

おがらを焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きの平たい土鍋に乗せて燃やします。

玄関が一般的

そして場所に関してですが、基本的には玄関でやりましょう。

元々は、迎え火はご先祖様のお墓の前で焚き、その火を提灯に入れて持ち帰り、ろうそくに移して仏壇の前に灯していました。

そして送り火は仏壇の前に灯してあるろうそくからおがらに火を移し、ご先祖様のお墓の前まで持っていくという事行っていましたが、現在ではお墓が遠くにある場合が多く、火を持ち帰るというのは難しいので自宅の玄関で行うのが一般的です。

マンションや賃貸に住んでいて、火を灯すのが難しい場合は提灯を使用しましょう。提灯の中に火を入れるのが不安であれば、ろうそくの火の代わりに電池灯を入れると良いです。

日程は13日から16日

そして迎え火は上記で話した通り、お盆の入りの日である13日の夕方に行い、送り火はお盆の終わりである16日の夕方に行うと良いとされていますが、地域により日程が様々なのでよく確認しておきましょう。

また夕方に行う理由は、完全に暗くなってしまってはご先祖様が子孫の姿を見ることが出来ないからといわれています。そして一番大切な理由として、完全に暗くなってしまうとご先祖様に子孫が無事に帰ってこられるよう見守っている姿を見せることができなくなってしまうからです。

まとめ

真言宗と他の宗派との違いは、お供えするものです。お供えする料理は作ってあり、すぐ食べられるものをお供えするという事を忘れないようにしましょう。

記事の著者

冠婚葬祭の悩みをもっと見る