大人ニキビの原因とは?正しい方法でケアをして美肌を目指そう

昔はニキビに悩むことはなかったのに、社会人になってから悩むようになったという方や、大人になってから治りにくくなったという方がいます。

若い頃にできていた思春期ニキビと、大人になってからできるニキビというのは、実はできる原因が違うのです。

今回は、大人ニキビができる原因と、大人ニキビができてしまったときの対処法を紹介します。

大人のニキビ予防「プロアクティブ+」をチェック

大人ニキビができる原因とは?

大人ニキビができる原因は、ホルモンバランスの乱れや日々の生活習慣が影響していることが多いです。

原因について見ていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

大人ニキビの主な原因と言われているのが、ホルモンバランスの乱れです。

人はストレスを感じると、男性ホルモンやアドレナリンを分泌します。

その男性ホルモンによって、皮脂が活発になり毛穴が詰まることによって、ニキビができるという仕組みです。

睡眠不足

若い頃より仕事などが忙しく、睡眠不足が増えたという方やストレスで良質な睡眠が取れていない方は要注意です。

ターンオーバーと言われる、肌の修復作業は寝ている間に行われます。

しかも、深い睡眠の時間帯にしか行われないので、きちんとした睡眠が取れていなければうまくターンオーバーができず、古い角質が残ってしまいます。

古い角質が残ってしまうと、毛穴が詰まるためニキビができやすくなるのです。

肌の乾燥

年齢とともに肌が乾燥してきた、と感じる方もいるかもしれません。

乾燥している方がニキビはできにくい、と考えている方もいるそうですが、実はその反対。

肌は乾燥してしまうと肌を守ろうとして、余分な皮脂を分泌してしまいます。その油分がアクネ菌と反応するとニキビになります。

さらに、乾燥は肌が固くなるので古い角質が残りやすく、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすい肌になってしまうのです。

大人ニキビと普通のニキビの違い

大人ニキビについては、上記で説明してきましたが、思春期ニキビは成長期の間に皮脂の分泌が盛んになります。

排出しきれなかった皮脂が、毛穴のつまりとなって出来るのが思春期ニキビと言われるもの。

額やTゾーンにできやすい思春期ニキビに対して、大人ニキビは顎や口周りにできやすいのが特徴です。

大人のニキビ予防「プロアクティブ+」をチェック

大人ニキビの対処法

では、大人ニキビができたらどう対処すればいいのでしょうか。

顎と口周りにできる大人ニキビの対処法について紹介します。

顎にできた大人ニキビの場合

大人ニキビに多く見られるのが、顎のニキビ。顎は汗腺が少ないため、乾燥しやすい部分です。

乾燥して皮脂が過剰分泌してしまうとニキビに繋がるので、とにかく保湿することが大切。

また、手で触れたりマスクをつけっぱなしだったりと、知らないうちに雑菌で触れている可能性があります。

気をつけて清潔に保ちましょう。

口周りにできた大人ニキビの場合

口周りにできたニキビは、食生活を見直す必要があります。

偏った食事をとっていたり、ホルモンバランスが崩れたりしているときに出来る場所です。

バランスの良い食事をとって、体を出来るだけ冷やさないという心がけが必要になります。

大人ニキビを未然に防ぐためには?

大人ニキビは、生活習慣の見直しなどで対策をすることが可能です。

詳しい方法を見ていきましょう。

睡眠時間を確保する

忙しい社会人は、すぐに睡眠時間を確保するのは難しいかもしれませんが、徐々に睡眠を大切にとる習慣をつけましょう。

また、良質な睡眠をとるために、睡眠の30分前は携帯やパソコンを触らないというのも対策の1つです。

紫外線から肌を守る

紫外線から肌を守るために、日焼け止めはもちろん帽子や日傘を積極的に使いましょう。紫外線を浴びると肌が固くなってしまいます。

年齢とともに、ターンオーバーが遅くなり、肌が固くなりやすくなってしまいます。紫外線を浴びると、それに拍車をかけてしまう形に。

古い角質が残ると、ニキビが出来るだけではなく、くすみの原因にもなるので紫外線対策をしましょう。

バランスの良い食事

スーパーのお惣菜や外食が、ついつい多くなってしまうという方もいるでしょう。

最近では、健康なお惣菜もスーパーやコンビニエンスストアでも並ぶようになりましたが、ニキビ対策に効果的な栄養はビタミンです。

毎日摂取するのが難しい場合は、サプリメントでも効果があると言われています。

すぐにストレスをなくすことは難しいですが、出来ることから対策して、大人ニキビのない美肌を目指しましょう。

大人のニキビ予防「プロアクティブ+」をチェック

記事の著者

スキンケアの悩みをもっと見る