介護士資格なしでもOK!介護助手・介護補助ってどんな仕事?

介護の仕事をしてみたいけれど、介護士の資格を持っていないから仕事ができないと思っていませんか?

介護士の資格がなくても、看護助手・介護補助の仕事であれば、介護の仕事を行うことができます。

介護の現場で介護士として働く人の側で働くことができるので、役立つ介護の知識とスキルを磨くことが可能です。

以下では、まず介護助手・介護補助の仕事内容、メリットとデメリットについて説明します。また介護助手・介護補助におすすめな人となり方についてもみていきます。

介護助手・介護補助の仕事内容

介護助手・介護補助の仕事内容としては、看護福祉士のサポートをするのが主な仕事です。

介護福祉士が専門的な介護業務に専念できるように、介護助手・介護補助はその仕事をサポートします。

介護助手・介護補助に仕事をするにあたって国家資格が必要となることはありません。

主な仕事は介護施設の利用者の方が施設を気持ちよく使えるように掃除をしたり、食事の準備をしたり、送迎の手伝いをすることなどです。その他にも、介護士が指示した仕事をこなしていきます。

介護業界は現在も人手不足であるため、介護助手・介護補助の求人は非常に多いです。

また仕事内容も多様化しているため、看護師などの資格をもった他業種の人も介護業界に入ってきています。

介護助手・介護補助のメリット

介護助手・介護補助の仕事をするメリットとしては、介護の現場を実際にみることができるということです。

介護の仕事に携わらない限り、実際に介護の現場で働く機会はなかなかありません。

しかし、看護助手・看護補助の仕事は実際に介護の現場をみることができるので、これから介護士を目指したいと考えている人にとってぴったりといえるでしょう。

さらに、介護助手・介護補助の仕事は基本的にアルバイト・パート扱いとなるため、時間給になります。そのため、時間給で自分のスケジュールで仕事と家庭を両立させやすいというメリットがあります。

小さい子どもがいる方や、まとまった時間がとれない方でも、介護補助・介護補助の仕事であればできるという方も少なくありません。

介護助手・介護補助のデメリット

介護助手・介護補助のデメリットとしては、まず給料面が恵まれていないことです。時間給となるため、介護福祉士などと比較すると、給料が安くなってしまう傾向があります。

契約社員となるため、ボーナスや手当などもほとんどありません。給料が少ない分、残業などはほとんどないというメリットがありますが、その分給料が下がってしまうのがデメリットです。

またデメリットとして、介護士ほど責任のある仕事を任せてもらえない点も挙げることができます。

介護士とほとんど同じ業務内容をこなしますが、責任ある仕事を任せてもらえない場合が多いので、なかなか仕事のモチベーションが上がりにくいというデメリットもあります。

介護助手・介護補助におすすめな人

介護助手・介護補助におすすめな人としては、将来介護の仕事をしたいと考えているが、現在まとまった時間がとれないため資格取得まで至っていないという方があげられます。

介護助手・介護補助として働いておけば、介護士と一緒に仕事をすることになるので、資格を取得するための試験のアドバイスをしてもらえることもあるでしょう。

また実際の介護現場で使える知識やスキルも磨くことができます。

さらに、小さな子どもがいてまとまった時間がとれないけれど、なにか介護の仕事がしたいという方にも、看護助手・介護補助の仕事はおすすめです。

基本的に時間給となるため、時間の融通がきくというメリットがあります。フルタイムでは働けないけれど、時間を有効活用したいという方にもおすすめです。

介護助手・介護補助のなり方

介護助手・介護補助になるためには、介護施設の求人を見つけることが大切です。

介護施設の求人はインターネットで公開されている場合もありますし、転職サイトなどで探すこともできます。インターネットで仕事を探してみるのが最も一般的な方法と言えるでしょう。

その他にも、看護助手や介護補助の仕事の求人が市役所や駅などに置かれている無料の求人誌などにのっている場合もあります。

地方では介護士が足りていないため、その需要も高く、看護助手・看護助手の仕事もたくさんあります。地方の求人誌などもチェックしてみることが大切です。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る