看護師の資格がなくても大丈夫!看護助手の仕事内容や転職のコツを紹介

看護助手の主な仕事は、病院などの医療機関で働く看護師をサポートし、医療チームの一員として患者さんの快適な生活を支援することが挙げられます。看護助手なら特別な資格がなくても、医療機関で働くことができる仕事です。

誰でも働ける分、医療行為を一切行えないなど、できることに制限はありますが、医療機関でチームの一員として働くことができます。

以下では、看護助手の仕事内容や看護助手に向いている人の特徴など、転職に必要な情報を紹介するので、参考にしてください。

また、看護関係専門の転職サイト「マイナビ看護師」では、雇用形態や給料、地域や福利厚生などさまざまな条件で無資格でも働ける医療関係の求人をチェックできます。

マイナビ看護師のサイトを見る

看護助手の仕事内容

看護助手は、病院などの医療機関において看護師のサポートをするのが仕事の職業です。

看護師は国家資格であり、医療行為が許されていますが、看護助手は国家資格を有していなくてもなることができるため、医療行為を行うことはできません。

あくまでも、国家資格を有する看護師のサポートをするのが仕事となります。

より具体的に言えば、看護補助は入院患者の身の回りの世話や介助が仕事のメインです。

入院患者さんがスムーズに生活できるようにサポートするのが仕事となります。さらに、看護師の指示でシーツを交換したり、身の回りの世話を行ったりすることもあります。

看護助手のメリット

看護助手のメリットとしては、基本的にアルバイト・パートとなるため、看護師よりも長時間働かなければならないということはありません。

あくまでも、時間給となるので、自分のペースで働くことができるといメリットがあります。

自分のペースで働くことができるので、小さな子どもがいる場合などでも、自分のスケジュールに合わせて仕事をすることができます。

また、看護助手は夜勤などが基本的にありません。入院患者の方などのお世話をすることが仕事になるので、寝ている夜間は余り仕事をすることがありません。

そのため、基本的には昼間の時間が仕事の時間となります。残業なども無いので、基本的に時間通り働くことができるというメリットがあります。

看護助手のデメリット

看護助手のデメリットは、やはり看護師に比べると給料が少なくなるということです。時間給となるため、手当などはほとんどありません。

残業などがないので、自分のスケジュールが立てやすいというメリットはありますが、看護師としてバリバリ働きたいような方には向いていません。

また、看護師と同じような仕事をしているにもかかわらず、医療行為は一切行えないというもどかしさがあります。

あくまでも看護師の仕事をサポートすることしか許されていないので、医療現場で働いているにもかかわらずやりがいを得にくいというマイナスな面があります。

看護助手に向いている人の特徴

看護助手がおすすめな人としては、医療現場で働きたいけれど、看護師の免許を持っていないという方におすすめです。

特に、看護師の免許を将来的にとりたいと考えている人は、看護助手として働いた経験を直接活かすことができるのでお得です。

また、看護助手はスケージュールが立てやすいことから、まだ子どもが小さくてフルタイムで働くことができないという方にもおすすめです。

看護助手は基本的に毎月のシフトを提出することになるので、自分の用事に合わせてスケジュールを調整しやすく、子どもが小さい場合でも安心して働くことができます。

看護助手になる方法

病院関係者に知り合いがいれば、働き口がないかどうかを聞いてみるのが1番の近道でしょう。病院は医療機関なので信頼が非常に大切です。

そのため、その病院で働いている人からの紹介であれば、安心して雇うことができるので、口コミで看護助手を探してみるのもひとつの方法です。

また、看護助手になるための最も簡単な方法は、病院の求人情報を得ることです。さまざまな病院で看護助手の募集を行っています。

最近では、転職サイトなどもで看護助手の募集がなされていることがあるのでチェックしてみてください。

転職サイトの「マイナビ看護師」は、大手のマイナビが運営しているため求人数も多く、看護師だけでなく看護助手の募集も多く取り扱っています。

はじめての転職でもサポートがしっかりしているので、自分ひとりで職を探すよりも安心して利用できるのも特徴です。ぜひそれぞれの方法を活用して、看護助手への道を切り拓いてみてはいかがでしょうか。

マイナビ看護師のサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る