ニキビの跡がクレーターになってしまったときの治療法:早めの対処が大切

ニキビ跡を放っておいたら、クレーターのように穴が空いてしまった、という経験がある方もいるのではないでしょうか。

クレーターのようになってしまったニキビ跡は、深さや大きさによって種類が変わります。

基本的には、浅くて小さいものが早く治ると言われています。大きなものは治りにくいだけではなく、完璧に治らないこともあるので、早めに治療することが必要です。

今回は、クレーターのようになってしまったニキビ跡について詳しく紹介します。

大人のニキビ予防「プロアクティブ+」をチェック

ニキビ跡の種類とは?

ニキビ跡にも、浅い・深いの2種類と形で異なる3種類があり、状態によって治療のしやすさも変わってきます。

浅いニキビ跡

肌の表面から、少しだけくぼんでいることを言います。

この状態は、クレーターのようになったニキビ跡の中では治りやすい段階です。

深いニキビ跡

肌の表面から、肌の奥までくぼんでいることを言います。

この状態は、治りにくくなってしまっていて、最悪の場合、完璧には治らないと言われています。

ボックス型

ボックス型は、箱のように四角くへこんでいるのが特徴です。

ニキビ跡がクレーターのようになっている方で多いのが、このボックス型と言われています。

アイスピック型

アイスピックを刺したような、逆三角形の形が特徴です。見た目が毛穴と似ているので、ニキビ跡と気づいていない方もいます。

先端の部分が、肌の奥までへこんでしまっている場合がほとんどです。

ローリング型

ローリング型は、丸く緩やかにへこんでいるのが特徴。

この場合は、ニキビ跡のへこんでいる面積が大きいことが多いです。

一時的な対策は保湿

すぐに病院に治療しに行く時間が無い、という方もいるでしょう。

クレーターになってしまったニキビ跡というのは、肌のターンオーバーでは生まれ変わらないくらい肌の奥が傷ついてしまった状態です。

深くなればなるほど治りにくいので、保湿してクレーターを浅くすることが重要になってきます。

ニキビ跡がクレーターのようになってしまったら、皮膚科に行くまでの間は、とにかく保湿することを心がけましょう。

大人のニキビ予防「プロアクティブ+」をチェック

効果的な治療法とは?

ニキビ跡がクレーターのようになってしまった場合は、皮膚科や美容皮膚科に行くことが必要です。

レーザー治療やハリ治療などの方法を、いくつか紹介します。

レーザー治療

レーザー治療、という方法を聞いたことがある、という方も多いのではないでしょうか。肌の細胞を刺激して、肌を活性化するものと肌の表面を削るものがあります。

肌を活性化するものは、表面を削るものものと比べて刺激が弱いので、あまり痛みはありませんが、何度か通うことが必要になります。

肌の表面を削るものは、1回で治ることもありますが、痛みが伴うのが特徴。

値段は皮膚科によって変わりますが、大体1回で50,000円程度からが相場です。

ハリ治療

ハリ治療は針をさすので痛みはありますが、レーザー治療よりも肌への負担が少なく、安全性が高いと言われています。針で肌を刺激し、自らコラーゲンを作る動きを促す治療法です。

治療後に顔に赤みが残る場合もあるので、休みの日など、出かける予定がない日に行くことがおすすめ。

値段はこちらも50,000円程度からです。

大人のニキビ予防「プロアクティブ+」をチェック

記事の著者

スキンケアの悩みをもっと見る