痩せたいなら食事時間を意識するべし!:食事時間を制してダイエットを成功させよう

ダイエットをする際、、食事の内容や食事時間など食事に関する悩みは絶えないですよね。

「食べるものに気を使って食べているのに全然、痩せない。」という方も多いはず。それは、食べる物が原因ではなく、食べる時間に問題があるかもしれません。

ダイエットに深く関係する食事時間について、太りやすい時間、痩せやすい時間などを、紹介します。

食べたら太りやすい時間帯

ダイエットの際、夕食は何時頃とっているでしょうか。食事時間で一番注意すべきなのが、この夕食の時間なのです。

遅めの夕食を摂っている人は、要注意です。特に寝る直前に夕食をとっている人は、食べてから少し時間をあけるか、食べないようにしましょう。

ダイエットに効果的な食事の時間帯

では、ダイエットに効果的な夕食の時間帯はいつでしょうか。

夕食の時間は次の日の朝食までの時間が空くほど良いです。例えば、朝7時に朝食を普段摂る人でしたら夕食の時間は、夜の19時頃がいいでしょう。

どうしても夕食が遅くなる場合は、野菜スープを食べるなど工夫をしてみてください。

ダイエット中の食事のポイント3つ

ここまで食事の時間について説明しましたが、食事の内容についても3つのポイントを紹介します。

脂や糖質な食べ物を避ける

これは、ダイエットされている人ならご存知かもしれませんが、太らない食べ物と太りやすい食べ物があります。
 
ダイエットに向いている食品は、魚の刺身(特に青魚のマグロ、サバ、カツオなどがおすすめ)、イカ、エビ、鳥のささみ、卵、オリーブオイル、ニンニク、大豆などです。
 
また、牛肉は脂も多いので代わりに豚肉にすると、ストレスなくダイエットに取り組めます。

野菜も糖質が多いものは避ける

ダイエットするなら野菜を食べておけばいいと思い、野菜を中心に食べている人も多いのではないのでしょうか。実は、野菜の中でも糖質が多いもの、少ないものに分かれています。
 
糖質の多い野菜としては、じゃがいも、かぼちゃ、とうもろこし、さつまいもなどがあります。逆におすすめの野菜は、ごぼうやアボガド、キノコ類、オクラ、ニンニクなどです。
 
また、食事は野菜だけに偏らせず、お肉やお魚も一緒に食べ、わかめが入った味噌汁も一緒に食べるようにしましょう。

食べたいものは我慢せずに食べる

これはあまり理解できないかもしれませんが、食べたい物を食べながらも食べ方を注意しましょう。

例えば、焼き肉を食べたいと思ったら、先にキムチやスープ、サラダを頼み、代謝を上げ、食物繊維を入れておきましょう。次に牛タンをレモン汁で食べるようにします。

また、お肉の選び方も重要です。おすすめは、赤身のロース肉、レバー、ハツ。カルビやハラミなどの脂分が多い肉は、サンチェなどの野菜を巻いて一緒に食べましょう。もちろん、量も控えるように意識してください。

お酒が好きな人は、ビールと一緒にキャベツや枝豆、クルミなどのナッツ系をおつまみにするのがおすすめ。

このように、いろいろ工夫をして、食べたいものは食べ、ストレスを溜めないこともダイエットには必要ですし、長続きしません。

ダイエットは、習慣化することが大事です。食事時間も食事内容も自分に合ったプランを立て、続けましょう。

記事の著者

ダイエットの悩みをもっと見る